こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートのため、バタバタしております。

TIME/タイム

2012年09月03日 | 英数字
『TIME/タイム』
---IN TIME---
2011年(アメリカ)

監督:アンドリュー・ニコル
出演:ジャスティン・ティンバーレイク 、 アマンダ・セイフライド、  キリアン・マーフィ
 

「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督が、人間の余命が通貨のように売買される近未来を舞台に、貧しい青年と大富豪の娘が繰り広げる逃避行の行方を描くSFサスペンス・アクション。
主演はジャスティン・ティンバーレイクとアマンダ・セイフライド。
 
老化を克服した近未来の社会。
全ての人間の成長は25歳でストップし、以降の余命は体内時計が刻む残り時間によって設定されていた。
富める者は永遠の命を享受する一方、貧しき者は早死にする残酷な世界。
ある日、貧しい青年ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、社会への不合理を目の当たりにして、システムを支配する見えざる敵に立ち向かう決意をする。
そして富裕層が暮らす地区へと潜入したウィルは、大富豪の娘シルビア(アマンダ・セイフライド)と出会うのだが…。
(allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


この映画の中の、人間の余命が通過にように使われる、という発想にいたく感心してしまいました。。。
とても変わっていて、恐ろしくもあり、面白くも感じたのです。
富豪が時間を大人買い(笑)したり、いっぽう長生きしたくないと放り出したり、または時間が足りなくて悲劇がおきたり・・・。
 
結局人生お金がすべて?みたいな、、、そして大切なものを金持ちが独り占めにするという構図は、昔も今も近未来も同じなのねぇ。。。
 
アマンダ・セイフライドが出演していたので見てみた映画でしたが、それなりに面白かったです。
 
 
 
 






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦火の馬 | トップ | マリリン 7日間の恋  »

コメントを投稿