こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後の恋のはじめ方

2006年04月14日 | サ行


『最後の恋のはじめ方』
---Hitch---
2005年(アメリカ)

監督:アンディ・テナント
出演:ウィル・スミス 、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ


アレックス(ウィル・スミス )はデート・コンサルタント。
つまり恋を成就したい男達に適切なアドバイスを提供するのが仕事。
会計士のアルバート(ケヴィン・ジェームズ)は仕事先の財団のセレブ、アレグラに恋をして、アレックスに助言を求めに来た。
一方アレグラのゴシップを取材してる新聞記者サラ(エヴァ・メンデス)はアレグラに近付くアルバートの陰に存在するコンサルタントに気付いていくのだが・・・。


---------------------------------------------------------------------



ウィル・スミスの軽快なタッチのラブコメです。
ドタバタな感じではなくて、軽妙に描かれています。
エヴァ・メンデスも私の好きなアシュレイ・ジャッドにちょっと似てる感じの女優でなかなか良かったです。
お決まりのハッピーエンドで終わり、なかなか楽しい映画でした♪



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 微笑みに出逢う街角 | トップ | キスキス,バンバン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (azum)
2006-05-13 12:41:51
とっても軽い感じで気軽に楽しめる映画ですよね☆

特に期待もせずに、何となく借りた映画でしたが、

なかなか面白かったと思います。
azumさんへ! (小米花)
2006-05-13 23:39:19
ウィル・スミスのラブコメで、もっとハチャメチャな映画かと思っていましたが、なかなか良かったです!

ウィル・スミスの人柄が出ていたのかしら?

彼がどんな人かは知りませんが、ちょっとそんな感じがしました。

TBありがとうございました。

コメントを投稿