こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートのため、バタバタしております。

スリー・ビルボード

2018年02月02日 | サ行
『スリー・ビルボード』
---THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI---
2017年(イギリス/アメリカ)

監督: マーティン・マクドナー 
出演: フランシス・マクドーマンド、 ウディ・ハレルソン、 サム・ロックウェル、 アビー・コーニッシュ 、 ジョン・ホークス 、 ピーター・ディンクレイジ   
 
「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンドが娘を殺された母親の怒りと悲しみを体現して絶賛された衝撃のサスペンス・ドラマ。
アメリカの田舎町を舞台に、主人公がいつまでも犯人を捕まえられない警察に怒りの看板広告を掲げたことをきっかけに、町の住人それぞれが抱える怒りや葛藤が剥き出しになっていくさまを、ダークなユーモアを織り交ぜつつ、予測不能のストーリー展開でスリリングに描き出す。
共演はウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル。
監督は「ヒットマンズ・レクイエム」「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー。

アメリカ、ミズーリ州の田舎町エビング。
ある日、道路脇に立つ3枚の立て看板に、地元警察への辛辣な抗議メッセージが出現する。
それは、娘を殺されたミルドレッド・ヘイズ(フランシス・マクドーマンド)が、7ヵ月たっても一向に進展しない捜査に業を煮やして掲げたものだった。
名指しされた署長のウィロビー( ウディ・ハレルソン)は困惑しながらも冷静に対処する一方、部下のディクソン巡査(サム・ロックウェル)はミルドレッドへの怒りを露わにする。
さらに署長を敬愛する町の人々も広告に憤慨し、掲載を取り止めるようミルドレッドを説得するのだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


昨年末から今年年始にかけてバタバタだったので、今年初めての映画館鑑賞となりました。
やっぱり映画館で見るのは楽しいです。
 
フランシス・マクドーマンドは好きな女優さんなので、これは見逃させない!と思っていました。期待通りミルドレッド・ヘイズをそれは見事に演じていました。
いいですね~、フランシス・マクドーマンドが~☆
 
他の共演者もそれぞれに良かったです。
 
 
ラストはこれですべて解決か、、、と思いきや、そうなちゃぁ普通よね、、、。
ラストの二人の車の中の会話とその表情が忘れられません。
公開されたばかりなので、この辺で。。。
 
面白かったですよ!!
 
 
 
 
  
     
 
 
       
 
 
     
 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカン・バーニング | トップ | ブラッド・ファーザー »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったデス (ノルウェーまだ~む)
2018-02-09 19:08:40
お久しぶりです~
なかなかに面白い作品でしたね。
予想していなかった方向へ話が進んでいくので、思わず劇場で、えー!?と声を出してしまったくらいです(笑)
ラストは結構ほっこりしちゃいました☆
ノルウェーまだ~むさんへ! (小米花)
2018-02-10 21:47:06
コメントありがとうございます!

そうですね、きっと解決するのね~って思いながら見ていましたが、ラストでいい意味裏切られました。

ラストシーンが忘れられない作品の一つになりました。
Unknown (mig)
2018-02-15 22:17:55
こんばんはー
コメントありがとうです、最近ブログほとんど更新してないので遅くなってすみませんー
これ、アカデミー賞作品賞、とっちゃう気がします。
キャストもみんなよかったなぁ。
個人的に好きな、ケイレブもハレルソンも、サムロックも出ていて最高でした。
migさんへ! (小米花)
2018-02-17 22:49:44
お忙しい中、来て下さってありがとうございます。
私も返信遅れがちでスミマセン。

オスカーの行方が気になりますね~。

migさん好みのキャストだったと思います。
私はフランシス・マクドーマンドが好きなので、
とても楽しめました!

コメントを投稿