和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

ブルージャスミン

2014年05月30日 | こんな映画見ました~(洋画)
 
『 ブルージャスミン』
---BLUE JASMINE---
2013年(アメリカ)

監督:ウディ・アレン 
出演:ケイト・ブランシェット 、 アレック・ボールドウィン、 ボビー・カナヴェイル 、ピーター・サースガード、 サリー・ホーキンス  
 

ウディ・アレン監督が初顔合わせとなるケイト・ブランシェットを主演に迎えて贈るシニカル・ドラマ。
富豪との結婚生活が破綻し、妹のアパートに身を寄せて どん底からの再出発を図る中年女性が、セレブ生活が忘れられず惨めな悪あがきを重ねては身も心もすり減らせていくさまを辛辣に描き出す。
共演はアレック・ ボールドウィン、サリー・ホーキンス、ピーター・サースガード。

ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し、妹の住むサンフランシスコへとやって来た ジャスミン(ケイト・ブランシェット)。
質素な生活を送る妹(サリー・ホーキンス )の厄介になりながらも、虚栄心が捨てられずに周囲にまるで馴染めない。
おのずと精神もますます疲弊していく。
それでも華や かな生活を諦めることができず、再びセレブな舞台への返り咲きを期して躍起になるジャスミンだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


ケイト・ブランシェット主演のウディ・アレン監督作品というと、ちょっと違和感があるかな~と思ってましたが、予告を見てそれも吹っ切れてましたヨ。

これはケイトの演技に尽きるでしょ!
もちろん、ウディのシニカルな台詞もあちこちに見られましたが、今回はそのシニカルさよりもケイトの熱演が上回っていたように思います。

ウディの作品は多かれ少なかれ、皆ちょっと心当たりがあるう~~って感じるのですが、あのセレブな生活を見せられちゃうと、心当たりナシかな・・・。
感情移入は妹のジンジャーに行きますね。

転落したジャスミンが心の病気にかかっていくさまは、目に見えてるわって思いながらもケイトの好演に思わずスクリーンにのめり込みそうになります。
アレック・ ボールドウィン、割と好きな俳優で久々に大きな役で嬉しかったデス。
 

妹ジンジャーの人としての優しさと堅実さにほっとしながらも、ジャスミンが壊れていくさまに心が痛かったです。
心がチクチクしながら席を立ちました。














コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« タイピスト | トップ | ファイヤー・ウィズ・ファイ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジャスミンには 人間としての”土台”がないんですよ (zebra)
2014-08-11 17:00:50
小米花さん 続けてコメントします。

やれやれな女ですね。ジャスミンは・・・妹の世話になりながら 虚栄心が捨てられないから 社会に出て我慢することを知らない。

やっぱり アレかな? 人間は一度慣れた居場所になじんでしまうと ほかの居場所には なじめなくなるのでしょうかねえ?

 それでも 周囲の者たちが 振り回される 気持ちも考えてみてほしいものですよ。ジャスミンには。
zebraさんへ! (小米花)
2014-08-12 22:33:25
こちらにもコメントありがとうございます。

多かれ少なかれ、皆心の中にジャスミンが潜んでいるのではないかと・・・。
普通はそれを制御できるのですね。
または、それはそれとして現実には持ち込まない。。。
それを現実に持ち込んでしまうジャスミンは心が病んでいるのか、病んでいるから現実化してしまうのか・・・。
そのあたりを茶化してるウディが心憎いですね。

ホント、周囲の気持ちを考えてほしいですね。

コメントを投稿