こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天井桟敷の人々

2010年05月08日 | タ行
『天井桟敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男』
---LES ENFANTS DU PARADIS
 CHILDREN OF PARADISE---
1945年(フランス)

監督:マルセル・カルネ
出演: アルレッティ、ジャン=ルイ・バロー 、マリア・カザレス、マルセル・エラン、ピエール・ブラッスール



フランス映画史に残る古典として知らぬ者のない名作だ。時の摩耗にも耐えて、常にフランス映画の顔として君臨してきた作品。
プレヴェール=カルネのコンビの数ある“詩的リアリズム”作品の中でも、人間絵巻としてのボリューム感、横溢するロマンチシズム、純化された19世紀の風俗再現と、類を見ない、フランス人にとっての永遠の一作なのだ。

1840年代パリのタンプル大通り。パントマイム役者バティスト(ジャン=ルイ・バロー )は、裸に近い踊りで人気のガランス(アルレッティ)に恋をする。
犯罪詩人ラスネール(マルセル・エラン)や俳優ルメートル(ピエール・ブラッスール)も彼女に夢中だ。
一方、バティストの属する一座の座長の娘ナタリー(マリア・カザレス)はバティストを愛していた。
ラスネールと悶着のあったガランスもその一座に加わるが、彼女の前には新たな崇拝者モントレー伯が現れる……、とここまでが第一部。

第二部は、5年後のバティストはナタリーと、ガランスは伯爵と結婚。前者には一子もあった。が、ガランスを忘れられぬバティストはルメートルの手引きで彼女と再会。
一方、劇場で伯爵の侮辱を受けたラスネールはトルコ風呂で彼を襲撃し殺す。
一夜を明かしたバティストとガランスの前には子連れのナタリーの姿が……。
ガランスは身を引く覚悟を決め、カーニバルの雑踏の中に消えていく。
後を追うバティストの彼女の名を呼ぶ声、この壮大なラストシーンと、純粋すぎるほどに熱いバローの名演、アルレッティの妖艶さは、まさに古典たるに相応しい風格を持って、映画の未来にも永遠に記憶されるに違いない。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



【午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本】に上げられている映画で、映画館鑑賞したいと思っていましたが、レンタルDVDが届いたのでDVD鑑賞としました。
1945年の映画。

19世紀のパリの繁華街を舞台に、パントマイム役者バティストとガランスという女性の恋を下地にして、人間模様を描き出しています。

パントマイム役者バティストを演じたのはジャン=ルイ・バロー。
パントマイムで有名なマルセル・マルソーは同じ師に学び、ジャン=ルイ・バローの劇団にいたこともあったようです。
「マイケル・ジャクソンのムーンウォークとして有名になる動きを2人で考案していたとされる」とウィキペディアにありました。
確かにバティストが舞台ででムーンウォークをして、背景を流して歩くシーンがありました。この動きってマイケルの考案では~?と思ったのですが映画の方が古いですからネ。

とにかく胸にずっしりと来る作品でした。
ジャン=ルイ・バローの演技が素晴らしくて、話の展開も見事で19世紀のパリも大掛かりなセットで圧倒されます。
この時代の映画はCGではなく、街を作っていますからね・・・。

解説に「フランス人にとっての永遠の一作なのだ。」とありますが、そうでしょう、そうでしょう!って思いました。
機会がありましたらご覧になって下さい。
 
 
 




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« レッドクリフ Part II ―未来... | トップ | 菩提樹 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (sakurai)
2010-05-12 17:37:58
マイ・オールタイムベスト1にTBいただきまして、ありがとうございます。
これぞ映画、せりふの妙と言い、役者の最高の演技と言い、物語のうまさ、さらに物語の中に含ませた物語の絶妙な絡み方・・・。
すべてが最高だと思います。
定期的に見たくなるのですが、前回見てから、5年くらいたちましたので、そろそろまた見たくなってきた頃です。
そういう人が多いかして、定期的にリバイバルがあるんですよね。
さて、大掛かりなセットですが、これを作ってたとき、パリはナチス占領下の真っ最中。
この映画にこめられていたのは、独裁者に対するフランス人の反骨精神と、屈してなるものか!があったこともこの映画をまた光り輝かせるもんだと思ってます。
sakuraiさんへ! (小米花)
2010-05-12 23:47:08
コメントありがとうございました。
この映画のファンでいらっしゃるのですね。
私は午前十時の映画祭のリストで
初めて有名な映画だと知った次第です。

映画制作時は、パリはナチス占領下と知って感動が深まります。
フランスの誇りであるわけですネ。
心にずっしりと来る映画でした。

コメントを投稿