こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

ワンダー 君は太陽

2018年06月28日 | ワ行
『ワンダー 君は太陽』
---WONDER---
2017年(アメリカ)

監督: スティーヴン・チョボスキー   
出演: ジェイコブ・トレンブレイ、 オーウェン・ウィルソン 、 ジュリア・ロバーツ 、 イザベラ・ヴィドヴィッチ、ダニエル・ローズ・ラッセル、ノア・ジュープ  
 
 
 
 
R・J・パラシオの全米ベストセラー『ワンダー』を「ルーム」のジェイコブ・トレンブレイ主演で映画化した感動ドラマ。
顔に障害のある男の子が、10歳で初めて学校に通い、イジメや偏見にさらされながらも、家族の深い愛情と勇気に支えられて、少しずつ困難を乗り越えクラスメイトと友情を築いていく姿を描く。
共演にジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン。
監督は「ウォールフラワー」のスティーヴン・チョボスキー。

顔に障害を抱え、27回も手術を受けている10歳の少年、オギー(ジェイコブ・トレンブレイ )。
一度も学校へ通わず、ずっと自宅学習を続けてきたが、母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)は心配する夫ネート(オーウェン・ウィルソン)の反対を押し切り、5年生の新学期から学校に通わせることを決意する。
しかし案の定、学校ではイジメに遭い、孤立してしまうオギーだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


お友達ブログで評判が良いようでしたので、見に行ってきました。
 
いい映画でした~☆
久し振りに映画館でウルウルしっぱなしの鑑賞となりました。
 
キャストもいい、お話もいい、展開がいい・・・。
 
顔に障害があり、人とは違った顔を生まれつき持っているオギー。
そのオギーに扮するジェイコブくんがとても上手いのですね。
可愛いお顔が見られはしませんが、心の可愛さが伝わってきます。
 
そして、オギーの周りの人々のお話が少しずつ解けていきます。
その周りのお話一つ一つがまたいい。。。
私はヴィアの話が一番泣けました。
 
予告で見せてくれるシーンより、もっともっと素敵なシーンがたくさん溢れています。
 
最近の私はこういう優しさ、愛おしさに包まれる作品が嬉しいのです。
 
オススメの映画です~~!!
 
 
         
 
     
 
     
 

 

 

 

 

 

『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ドライビング Miss デイジー | トップ | セリーナ 炎の女 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ベスト映画 (NAO)
2018-07-28 17:37:09
これは文句なしに良かったですね~♪

オギーの視点だけではなく、各人物の視点からも
描かれているのも良かった。
私もヴィアの話が一番共感出来て、泣けました。

現実は、なかなかあのようにうまくは行かない場合が多いけれど
少しでもこのような社会に近づいて欲しいなと感じました。
NAOさんへ! (小米花)
2018-07-29 10:25:56
コメントありがとうございます!

最近映画館に行けてないのですが、
この映画で久し振りに泣きましたヨ。

現実は難しいのでしょうけど、この映画で少しでも
いい方向に進めたらいいですね。
私もこの映画を見てなかったら、そういう方にお会いしたらきっとマイナスな反応を強くしてたかもしれないと思いますもの。。。

コメントを投稿