こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートにため、バタバタしております。

ハドソン川の奇跡

2016年10月11日 | ハ行
『ハドソン川の奇跡』
---SULLY---
2016年(アメリカ)

監督: クリント・イーストウッド  
出演: トム・ハンクス、アーロン・エッカート 、 ローラ・リニー 
  

2009年にニューヨークで旅客機がハドソン川に不時着し、世界中で大きなニュースとなった奇跡の生還劇に秘められた知られざる実話を、「ミリオンダラー・ベイビー」「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて映画化した感動ドラマ。
離陸直後に両翼のエンジンが止まってしまう非常事態の中、サリー機長が瞬時の冷静な判断と卓越した操縦テクニックで、乗客乗員155人全員の命を救うまでの緊迫の一部始終と、その後の“英雄”サリーを待ち受けた過酷な試練の行方を描く。共演はアーロン・エッカート、ローラ・リニー。


2009年1月15日。
乗員乗客155人を乗せた旅客機が、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後に鳥が原因のエンジン故障に見舞われ、全エンジンの機能を失ってしまう。
機体が急速に高度を下げる中、管制塔からは近くの空港に着陸するよう指示を受けるが、空港までもたないと判断したチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長(トム・ハンクス )は、ハドソン川への不時着を決断する。
そしてみごと機体を水面に着水させ、全員の命を守ることに成功する。
この偉業は“ハドソン川の奇跡”と讃えられ、サリーは英雄として人々に迎えられた。
ところがその後、サリーの決断は本当に正しかったのか、その判断に疑義が生じ、英雄から一転、事故調査委員会の厳しい追及に晒されるサリーだったが…。
(allcinemaより)

 

---------------------------------------------------------------------


事実を丁寧に掘り下げての映画化、イーストウッド監督の手腕が光るカテゴリーです。
この作品も本当にそうでした。
事実に忠実に描くとなんかドキュメンタリー映画にありがちな楽しめない映画になって行くのですが、イーストウッド監督のは違う。。。
事実を淡々と描いているのに、ちゃんとエンタメになっている、、、。
なんという不思議な力なんでしょう~。
 
この事故は記憶にありますね。
その当時英雄視されてた裏でこんな事実があった、、、という映画でした。
飛行機事故に興味のある家の主人は、もし着陸に失敗したときの地上の人々への被害を考慮しての川不時着だったと、ずぅーと言ってましたがそういう説明シーンはなかったですね。
 
とにかくトム・ハンクスの演技が素晴らしかった。
アーロン・エッカートも癖のある感じが抑えられ、それがかえって真実味をもたらして良かったです。
う~~ん、キャストの配分が上手い!
 
エンドロールで、実物の方々が映し出されたのも良かったです。
 誰が見ても楽しめる映画になっていると思いました。
 
 
 
    
 
   

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラスト・ナイツ | トップ | ジェイソン・ボーン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (NAO)
2016-10-22 20:43:32
割と最近の出来事なので、この事故はよく覚えていましたが
裏で、こんなことが起っていたとは。

96分でしたが、密度の濃い作品でした。

トム・ハンクスは流石の安定感ある演技でしたし
アーロン・エッカートの抑えた感じの演技も秀逸でした。

エンドロールがまた良かったですね!!
NAOさんへ! (小米花)
2016-10-23 23:07:42
コメントありがとうございます!

96分でメリハリがあり、密度の濃さが光りましたネ。
キャストも良かったです。

アーロン・エッカートの抑えた演技、素晴らしかったです。
事実の映画化なのでアーロン・エッカートが切れることはないな~って見ていたのですが、フィクション映画なら彼が切れて大騒ぎになる予感にビクビクしたかもです(笑)。

コメントを投稿