こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リンカーン

2013年05月16日 | ラ行

『リンカーン』
---LINCOLN---
2012年(アメリカ )

監督:スティーヴン・スピルバーグ 
出演:ダニエル・デイ=ルイス 、 サリー・フィールド、  ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、 ジェームズ・スペイダー 、 トミー・リー・ジョーンズ 


「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」の巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。
 
国が大きく分断された過酷な状況において、リンカーンはいかにして奴隷解放という大いなる目的を達成するに至ったのか、その知られざる政治の舞台裏を、理想のリーダー像という視点から丁寧に描き出していく。
主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス。
共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ。
 

南北戦争末期。国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、いまだ多くの若者の血が流れ続けていた。
再選を果たし、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス )は、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、いよいよ本格的な多数派工作に乗り出す。
しかし修正案の成立にこだわれば、戦争の終結は先延ばししなければならなくなってしまう。
一方家庭でも、子どもの死などで心に傷を抱える妻メアリー(サリー・フィールド)との口論は絶えず、正義感あふれる長男ロバート( ジョセフ・ゴードン=レヴィット )の北軍入隊を、自らの願いとは裏腹に黙って見届けることしかできない歯がゆさにも苦悩を深めていく。
そんな中、あらゆる手を尽くして反対派議員の切り崩しに奔走するリンカーンだったが…。
(allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


とても丁寧に、そして多分史実に基づいて大事に作られた作品という印象です。
リンカーンについて、南北戦争に勝利し、黒人解放を行った偉大な大統領、でも暗殺されてしまった、という事くらいしか知らなかったデス。
 
確かにこの映画はそういうリンカーンの生き方の流れでした。
リンカーンが憲法の修正案を通すために苦労したこと、戦争の終焉との板挟みだったこと、夫として父親として悩んだことなどを描いた作品だという事は、予告で予想していました。
なので歴史映画として、どのくらい楽しめるかな~~という感じで映画館に行ったのです。
 
中盤はなんとなく中だるみな感じで、ふと、お勉強映画かな、、、と思ってしまいましたが、終盤はさすがスピルバーグ監督、見せてくれますよね。
 
結末も展開も分かっている歴史の物語ですが、その迫力に圧倒されました。
素晴らしいキャストの演技がその迫力を生み出しているのです。
 
ラストは、先日見た「声をかくす人」を思い出しながら見ていました。
 
アメリカ大統領って、映画になるかならないか、英雄かそうでないか、時代によって扱われ方が変わってくることもあるのでしょうけど、リンカーンは間違いなくアメリカ合衆国の偉大な大統領であることを深く印象付けられた作品でした。
 
 
 
 
          
 
        
 
             


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« アイアンマン3 | トップ | 天使の分け前 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダニエルしか~ (cyaz)
2013-05-17 08:29:04
小米花さん、おはようございます^^

この映画はダニエルしか出来ない映画だったと思います。
それは風貌だけではなく、内面的なものにも及ぶもの。
妻役のサリー・フィールドもさすがにオスカー女優。
この二人の演技をして、この映画ありでした!
宇宙人(笑)トミー・リー・ジョーンズの最後の「ギフト」には
泣きましたよ^^
こんばんは (ノルウェーまだ~む)
2013-05-17 22:01:50
小米花さん☆
みなさん「声をかくす人」に似てるとおっしゃいますねー
私まだ見てなかったので、今度チェックして見たいと思います。

違うリンクをうっかり張ってしまいました。
お手数ですが、どうぞ削除してくださいませ。
cyazさんへ! (小米花)
2013-05-17 22:11:33
コメントありがとうございます。

そう~~、ダニエルの見事なまでの役作り!
サリーも!
キャスティングの勝利だったかもしれないですね。

トミー・リー・ジョーンズの最後の「ギフト」、
見せてくれますねこの方は。。。
さすが宇宙人!これは日本でだけ通じるのかな(笑)。
ノルウェーまだ~むさんへ (小米花)
2013-05-17 22:47:26
今晩は~。コメントありがとうございます!

「声をかくす人」では暗殺されるシーンが出てくるので
思わずそう来るのよね~って思ってしまうのです。

リンクの件わざわざありがとうございます。
私もそちらの映画、見たいと思っているのですヨ。。。
小米花様 (タケヤ)
2013-05-19 15:06:41
TBありがとうございます。

とてもいい作品でしたね。皆様と同じ事を
言ってしまうのですがダニエルのリンカーン
最高でした。憑依してるかと思うぐらい(笑)

アクション等もいいですがこういう作品も
時にはしっとりとしてていいです。。。
タケヤさんへ! (小米花)
2013-05-21 21:33:05
コメントありがとうございます。

そう、ダニエルの演技につきるでしょ!
でも、他のキャストもとても良かったのですよね~。

キャストの演技であれだけの作品に仕上がった感じですね。
スピルバーグ監督作品としては、しっとりしてましたね。
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2013-05-25 10:21:11
今頃ですが(;´∀`)先日は、お祝いコメントありがとう!
旅行疲れで(苦笑)レスもこちらにお邪魔するのも
遅くなってしまいました(;´∀`)

さて、この作品ですが、私にとっては、まさにお勉強
映画でした(笑)
というと退屈だったのかな?と思われそうですが、お勉強は大好きなので(笑)結構興味深く観れました!
ダニエル、トミーリー、サリーetcキャストが素晴らし
かったですよね^^

「声をかくす人」は気になりながら、観なかった作品ですので、WOWOWで放送されたら鑑賞したいと思
います♪
ひろちゃんさんへ! (小米花)
2013-05-25 23:29:40
わざわざコメに来て下さってありがとう~!

大阪はいかがでしたか~?
後で伺いますね。

スピルバーグ監督映画としては、エンタメ封じ込めてありましたね。
でも、ただのお勉強映画ではなく、しっかりと楽しめるところがさすがでした。

「声をかくす人」、こちらも事実の映画化でしたね。
WOWOW鑑賞で充分だと思います。
私もDVDですヨ。

コメントを投稿