こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
実家の老母の生活サポートにため、バタバタしております。

パリより愛をこめて

2010年05月30日 | ハ行
『パリより愛をこめて』
---FROM PARIS WITH LOVE---
2010年(フランス)

監督:ピエール・モレル
出演: ジョン・トラヴォルタ チャーリー・ワックス
ジョナサン・リス・マイヤーズ ジェームズ・リース
カシア・スムートニアック キャロリン


フランスのアメリカ大使館に勤務するジェームズ・リース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は、エリート大使館員にしてCIAの見習い捜査官。
華やかな活躍に憧れながらも、いまだ地味な活動ばかりの日々。
そんなある日、麻薬捜査のためにCIA本部から凄腕エージェント、ワックス(ジョン・トラヴォルタ)がやって来る。
そのパートナーを任され、初めての重要任務に張り切るリース。ところがワックスは、任務のためなら手段を選ばず、人を撃つのさえも躊躇わないあまりにも危険な男だった。
人を撃った経験などあるわけもないリースは、ワックスのやり方に戸惑いと反発を覚えるのだったが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



この邦題は何とかならないのヨ!~ってオリジナル題名を見て~ッン?!

やはり、007「From Russia with Love」をもじっているのですね。
そして、あちこちに映画のパロディが鏤められているのは公式HPで確認しました。

展開はテンポ良く爽快~!!
トラヴォルタ(表記がトラボルタではなくなってるのネ--)、「サブウェイ123 激突」未見なので、私は久しぶりのタフガイでした。

ジョナサン・リス・マイヤーズ、ちょっと弱気そうに見えるけどホントはすごい、という役どころがお似合いですネ。

上映時間もコンパクトで、とても楽しい映画でした~!!

















『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニヴァー夫人 | トップ | グリーン・ゾーン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (アイマック)
2010-12-09 15:14:48
トラヴォルタの暴れっぷりに目がいきますね。
ジョナサン・リス・マイヤーズとのコンビネーションもよかったです。
時間もコンパクトでいいね。
続編つくってほしいなあ。
アイマックさんへ! (小米花)
2010-12-10 21:28:16
トラヴォルタのこういう役、シリーズ化されると
嬉しいですよね~。
この映画のあとに「サブウェイ123 激突」鑑賞しましたが、こちらの方がはまり役でした。

ジョナサン・リス・マイヤーズとのバランスが良かったと思います!

コメントを投稿