こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

隠された記憶

2006年11月20日 | カ行

『隠された記憶』
---CACHE / HIDDEN---
2005年(フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア)

監督:ミヒャエル・ハネケ
出演: ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、モーリス・ベニシュー

ジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)はテレビの人気キャスターで一家は幸せな日々を送っていた。ある時からビデオテープが送られてくるようになった。
始めは家の前を映したビデオ。何処かで誰かが監視しているようなビデオから、次第にジョルジュの過去に触れていくような映像に変わっていくのだった。


---------------------------------------------------------------------



子供の頃、イタズラ半分にした意地悪が実はとんでもなく良心に反していた事だったことへのしっぺ返し・・・。
子供のあどけなさと共存する残酷さみたいなものを映し出した映画です。
映画は暗くてちょっと重いですが、何か胸に突き刺さる感じがしました。
ジュリエット・ビノシュはちょっと苦手なんですが、この映画では怒っているシーンが多い妻アンヌ役がなかなか良かったです。
問題のビデオテープを送りつけたのは最後まで明かされていません。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 殴られる男 | トップ | ロスト・ストーリー ~現代... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分なりの (miyu)
2008-07-07 23:07:52
解釈で観られる映画はナニゲに好きです。
そうゆう映画の時って他の方がどう感じたのか
気になっていつも以上にじっくりと読んでしまったりします♪
miyuさんへ! (小米花)
2008-07-07 23:27:26
確かに観客にお任せ~の作品は、
見る側の個性に結果がゆだねられて、
ブログの記事は楽しみですね~。

私の記事は何も書いてなくて、ほんとうに
ごめんなさいっ。m(__)m

いつもTB送ってくださってアリガト♪

コメントを投稿