こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私の中のあなた

2009年10月17日 | ワ行
『私の中のあなた』
---MY SISTER'S KEEPER---
2009年(アメリカ)

監督:ニック・カサヴェテス
出演: キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック 、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョーン・キューザック 、トーマス・デッカー 、エヴァン・エリングソン


サラ(キャメロン・ディアス)とブライアン( ジェイソン・パトリック)のフィッツジェラルド夫妻は長男ジェシー(エヴァン・エリングソン)、長女ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)との4人家族で幸せに暮らしていた。
しかし、ケイトが2歳の時、白血病に冒されているが発覚する。
そこで両親は未来ある娘の生命を救うため、遺伝子操作によってドナーにぴったりの新たな子供を“創る”ことを決断する。

こうして生まれてきた次女アナ( アビゲイル・ブレスリン)は、幼い頃からケイトの治療のために何度も手術台に上がり、過酷な犠牲を払ってきた。
ところがある日突然、11歳のアナは自ら弁護士を雇い、大好きな姉ケイトへの腎臓の提供を拒んで両親を訴えるという驚くべき行動に出る。
ケイトを助けることが人生の全てとなっていたサラは、アナの思いがけない決断に激しく動揺し激怒する。
そしてついに、愛し合う親子は、法廷の場で対決することになってしまうのだったが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



キャメロンが良かったですね。
苦手だった彼女を見直したのが「イン・ハー・シューズ」で、それからは彼女の映画、楽しみにしています。
子役のアビゲイル・ブレスリンは期待通りの演技。
展開も、家族それぞれの立場からの見方からなっていて、その家族がそれぞれに皆良かったです。

治らない病気に我が子が侵される。親にとって、特に母親にとってこんなに辛い宣告はありません。その子のために周りも自分も見えなくなってしまう・・・。
しかし、現実としてはその子のために動かなくては自分がダメになってしまうように感じるのでしょうね。
その母親をしっかり見てるのが、その病気のケイトだったわけです。
そこに泣かされてきました。。。

ケイトが亡くなる晩、母親のサラはベッドでケイトをしっかり抱きしめながら、ケイトに大きく抱かれていたのだと思います。

裁判を起こした本当の理由を聞いたサラの表情を、キャメロンは実に見事に演じています。

子供の心の強さと逞しさ、大きさをヒシヒシ感じた作品でした。

 
 













コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 最高のともだち | トップ | サン・ルイ・レイの橋 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うんうん (miyu)
2009-10-17 22:36:16
キャメロンも良かったですよね~。
子供たちも良かったし、お話も単なる感動話でなく
色々と考えさせられるところがありましたよね~。
母親だったらきっと彼女のように周りが見えなくなるぐらい
諦められないもんですよね~。
miyuさんへ! (小米花)
2009-10-17 23:39:20
キャメロン、とても良かったですよ。
とうとう3人ものお母さん役になってしまいましたね。
そう、母親だったら諦められないです。

死が本人の望みであることを知ると、
自分を否定されたように思えてしまうでしょうね。
ケイトがそのためにアルバムを作ったのだと
思うと、また涙です。
母親なら... (vic)
2009-10-18 15:24:16
母親だったら諦められないんだろうな、と想像します。
でも、実際にはどんなに諦められなくても、姉の延命に利用するために、遺伝子操作で望み通りの子どもを創るなんて、ブレーキかけないといけない悪魔の誘いだと思いました。

でもでも、あのシチュエーションになったら、同じように悪魔の誘いにすがってしまいたくなるんだろうな、と思います。

でも!作品全体はそんな深刻さをうまく柔らかい、暖かい雰囲気で満たしていて
最終的にはとても心が優しくなる映画でした!
Unknown (mig)
2009-10-18 22:18:35
小米花さん
こんばんは☆
サイドバーリンクありがとうございました。
こちらにもいれました
今後も宜しくお願いします

キャメロンとトムの共演の新作と今月末アメリカ公開のサスペンス
キャメの「The BOX」が早く観たいナ~。
こんばんは! (アイマック)
2009-10-18 22:40:28
>ケイトが亡くなる晩、母親のサラはベッドでケイトをしっかり抱きしめながら、ケイトに大きく抱かれていたのだと思います。

ここは観てて辛かったですよ。
死にゆく子供、見送る親、なんとも残酷だけど美しいシーンでもありました。涙

親より子供の方がしっかりしてたね。おにいちゃん、妹が健気でした。
思い出すと泣けてくる。。
vicさんへ! (小米花)
2009-10-19 21:22:33
「悪魔の誘い」と言えば、「アイランド」はそれを企業化したような映画でしたね。
映画鑑賞中、フトそんなことが頭をよぎりました。

ラスト、ケイトの遺志を継いだように、
家族みんな一つになって、それぞれの人生を
歩んでいましたものね。
migさんへ! (小米花)
2009-10-19 21:26:56
リンクさせて頂いて、これからは
一層お邪魔する回数が増えると思います。

私の方もリンクしていただいたのですか!!!
ありがとうございます!
こちらこそ宜しくお願い致します。<(_ _)>


キャメロンとトムのサスペンスですかっ。
それは楽しみです!!
アイマックさんへ! (小米花)
2009-10-19 21:34:46
>死にゆく子供、見送る親、
やはり順序が違うのは辛いです。。。

子供たち、しっかりしてましたね。
親は盲愛になってしまいますが、
子供たちの心は逞しくて、大きくて・・・。
あの逞しさは成長するにしたがって
いろいろなことを知って、萎えてしまうのでしょうかねぇぇ・・・。。
そう・・ (メル)
2010-02-22 12:06:09
子供たちの方が、案外大人だったり、いろんなことを考えて行動してたところに心打たれました。
お父さんの立ち位置も凄く良くて、彼が言った言葉とか行動にも、じーーーーーーーん、でした。
誰か一人が主役というわけではなくて、それぞれの心情がわかるような描写が多くて、それぞれの人に感情移入しながら見ることが出来たし、いろんなことを考えさせられ、そしてやっぱり泣かされました。
メルさんへ! (小米花)
2010-02-23 22:42:25
子供の心って、意外に逞しいのですよね。
そうそう、このお父さんが一番冷静で、皆の立場を受け止めていました。

それぞれの立場から物語が作られていて、
見てる側は、心の苦しさから救われましたヨネ。
泣かされた映画でした。

コメントを投稿