こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミニヴァー夫人

2010年05月26日 | マ行
『ミニヴァー夫人』
---MRS. MINIVER---
1942年(アメリカ)

監督:ウィリアム・ワイラー
出演: グリア・ガーソン 、ウォルター・ピジョン、テレサ・ライト、リチャード・ネイ



イギリス郊外の平和な村にミニヴァー夫人(グリア・ガーソン)は幸せに暮らしていた。
村の行事でもめたことをきっかけに、長男ヴィンはキャロル(テレサ・ライト)と知り合い、恋におちた。
やがて第二次大戦が勃発し、ヴィンの航空隊への入隊をきっかけに、二人は正式な婚約。
不安な日々を送るうち、突然の悲劇が一家を襲った。
平穏な日常を打ち破る、「戦争」という不幸を描いた感動の名作。
(TSUTAYA DISCASイントロダクションより)


---------------------------------------------------------------------



アメリカ映画ですが、舞台はロンドン郊外で第二次世界勃発前という設定です。
グリア・ガーソンは本当に美しくて、長閑な生活の描写が心地よいです。

しかし、話の展開は戦争が始まり家族に悲しい出来事が起こります。
制作の年から見ても、これは戦争の悲劇を意識して作られた映画なのですね・・・。


グリア・ガーソン 、ウォルター・ピジョン共演という当時のゴールデンコンビ(?)で綺麗に作られていますが、意図が見え見えという感じの映画でした。(^_^;)

 
 
 






コメント   この記事についてブログを書く
« マイレージ、マイライフ | トップ | パリより愛をこめて »

コメントを投稿