こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

推理作家ポー 最期の5日間

2013年04月06日 | サ行
『推理作家ポー 最期の5日間』
---THE RAVEN---
2012年(アメリカ)

監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ジョン・キューザック 、 ルーク・エヴァンス、 アリス・イヴ、 ブレンダン・グリーソン 、 ケヴィン・マクナリー 

世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家にして詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳の若さで亡くなったその死には今なお多くの謎が残され、様々な議論の的となっている。
本作はそんなポーの謎に包まれた最期の日々に焦点を当て、彼が自身の小説を模倣する猟奇殺人鬼との壮絶な頭脳戦を繰り広げていたという大胆な着想で描くゴシック・テイストのサスペンス・ミステリー。
主演は「ハイ・フィデリティ」「1408号室」のジョン・キューザック、共演にルーク・エヴァンス、アリス・イヴ。監督は「Vフォー・ヴェンデッタ」のジェームズ・マクティーグ。
 
1849年。
アメリカ、ボルティモア。
ある夜、密室で母娘が犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。
現場に駆けつけたフィールズ刑事( ルーク・エヴァンス)は、それが数年前に出版されたエドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の推理小説『モルグ街の殺人』の模倣であることに気づく。
ほどなく第2の模倣殺人が起こり、フィールズ刑事はポーに捜査への協力を要請。ところが今度は、ポーの恋人で地元名士の令嬢エミリー(アリス・イヴ )が、彼女の誕生日を祝う仮面舞踏会の会場から忽然とさらわれてしまう。
しかも犯人はポーに対し、一連の事件を小説にして新聞に掲載すれば、今後出てくる死体にエミリーの居場所のヒントを残してあげようと戦慄の挑戦状も用意していた。
為す術なく、犯人の要求に従い原稿を書くポーだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


エドガー・アラン・ポー、有名な名前の割には作品や彼自身の事はあまり知られてないように思います。
私も、推理小説は子供向きの怖い挿絵を手で押さえながら読んだ記憶がある程度です。
もちろんマニアも多いことでしょう。
 
この映画の主人公をジョン・キューザックが演じていますが、このキャストも私には意外でした。エドガー・アラン・ポーってもっとおどろおどろしい雰囲気のある人と想像していたからです。
 
ポーは若くして、泥酔して死んでいったという説があるようですが、そういう線の細いところもあったんですね。
そういう意味ではジョン・キューザックは好演してたのかな、とも思えます。
 
話しはとても興味のあるものでしたが、映画としては普通---でした。
謎解きをあまり楽しめなかったですネ。
 
ポー作品に詳しい人なら、心躍るフレーズやシーンに触れられたかもしれません。
ポーのファン、ジョン・キューザックのファンなら見て楽しいと思いますが、そうでなければオススメはしないカナ。。。
 
 
 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« キング・オブ・マンハッタン... | トップ | 善き人 »

コメントを投稿