こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

マン・オブ・スティール

2013年09月13日 | マ行

『マン・オブ・スティール』
---MAN OF STEEL---
2013年(アメリカ)

監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カヴィル 、 エイミー・アダムス、 マイケル・シャノン、 ケヴィン・コスナー、 ダイアン・レイン 、 ラッセル・クロウ 


DCコミックスが誇る最強のスーパー・ヒーロー“スーパーマン”を、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン製作・原案、「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督で装いも新たに再起動させたアクション超大作。
スーパーマンの知られざる誕生の物語を壮大なスケールで描き出す。
スーパーマン役は「インモータルズ -神々の戦い-」のヘンリー・カヴィル、共演にエイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ラッセル・クロウ。

クリプトン星で生まれたその赤ん坊は、滅亡を悟った父に最後の希望を託され、地球へと送られた。
地球にたどり着いた彼は、ジョナサン(ケヴィン・コスナー)とマーサ(ダイアン・レイン)の夫婦に拾われ、クラーク・ケントとして育てられる。
次第に超人的な能力に目覚めていく少年時代、
養父からはその能力を使うことを固く禁じられていた。
周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら青年(ヘンリー・カヴィル)へと成長したクラークは、やがて自分探しの旅に出て、自らの使命を確信する。
そんなある日、クリプトン星の生き残り、ゾッド将軍がクラークの存在に気づき、彼を追って地球へと襲来する。
(allcinemaより)

 
---------------------------------------------------------------------


スーパーマンはアメコミの中では一番身近に感じられるヒーローです。
何と言っても、あのTV番組を見ていた世代ですからねぇ・・・。(T_T)
今回はケヴィン・コスナーも出演ということで、ケヴィンファン友3人で見てきました。
この3人で行くときは、まあケヴィンしか見てない、、、という感じでしょうか(笑)。
 
スーパーマンの誕生の物語ということで、竹取物語のおじいさんおばあさん的な、あら~~と言って子供を抱き上げるシーン(笑)とかあるのかと思いましたが、すでに少年でした。
もっと少年時代のシーンが多くても良かったのでは?と思ったのはケヴィンのファンだけかな。。。
 
クリプトン星での出来事もなかなか興味深く、地球までゾット将軍が追いかけてきた経緯も非常に納得的に描かれていました。
故郷の星をなくしたカル=エルが、地球人クラーク・ケントとして生きていく事になる彼の決心と地球人の受け入れ態勢が整っていく過程も丁寧に描かれていたと思います。
誕生の物語としては、とても説得力のある展開でした。
 
でもね、彼が地球を守っていく因縁の戦いであるゾッド将軍とのバトルが長過ぎますヨネ。。。
しかも同じようなシーンの繰り返しで、ちょっとダレました。
いくらCGでも、あんなに建物を壊さなくてもいいのに。
アメコミの映画は大体そうなるんですけど。
 
育ての母親役のダイアン・レイン、キャストが決まったときはもっと線の太い感じがいいかな、、、と思っていたのですが、なかなかハマっていました。
 
 
解説にある、知られざる誕生の物語、としてはとても面白かったです。
 
 
 

        


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« トランス | トップ | 42~世界を変えた男~ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (タケヤ)
2013-09-14 19:07:23
(CGでも、あんなに建物を壊さなくてもいいのに)
同感です。速過ぎて追いついていけません。
バットマンシリーズに比べるとちょっとナーと。。。

僕はちょっと残念な結果になってしまいました。
こんばんは~♪ (ケイ)
2013-09-14 23:50:53
クリストファーリープ版のスーパーマンが
好きだったので ちょっと違和感がありましたけど
違う映画として見れば 楽しめました。
ケヴィンも 印象深い 良い役でしたね。
ただ 最後のバトルシーンは 建物を壊し過ぎ!
CGの動きに 付いていけませんでした。
早いのは 時代なのかな^^
タケヤさんへ! (小米花)
2013-09-14 23:51:47
後半のバトルが、あまり意味なかったと思いました。
話しの展開は納得出来る展開でよかったのに、惜しい気がします。

バットマンシリーズ、お好みですか~。
残念ですが、私はそちらがダメなんですヨ。(T_T)
ケイさんへ! (小米花)
2013-09-14 23:55:44
おお~、同時にこのページを開いてて下さったのですね。

話しの展開は良かったですが、破壊的なCGは私たちには合わなかったですね・・・。

脇役をベテランで固めたのは成功したと思います。
もう養父はお墓の中だし、続きはいらないわね(笑)。
Unknown (ひろちゃん)
2013-09-15 22:16:11
こんばんは☆

>もっと少年時代のシーンが多くても良かったのでは?と思ったのはケヴィンのファンだけかな。。。

いえいえ、私も同感です!予告編から、そいうことを
想像しましたもん。

>彼が地球を守っていく因縁の戦いであるゾッド将軍とのバトルが長過ぎますヨネ

これも同感です!アメコミやバトル好きな私でも
ダレましたもん(;´Д`)

決してつまらなくはなかったのですが、過度な期待で
も、ひとつって言う感じになってしまいました。
ケヴィン談義は楽しかったですか?(笑)

ps.後で、記事でお知らせしますが、ちょっとお休み
することにいたしました。
お休みの間、ロバートの映画来ませんよね?
万が一来たら(笑)お声をかけて下さいね^^
ひろちゃんさんへ! (小米花)
2013-09-15 23:32:51
もっと少年時代が見たかった、と言って下さって嬉しい!
だって、ケヴィンファンが言うと、ケヴィンが見たいからってことになるでしょう?
ハイ、そうなんですけどね(笑)。

私たちのケヴィンは、ダーリンではなく(笑)、恋人から友達になった人(経験はないわよ~)みたいな感じです。

あの竜巻のなか、立ちすくんでクラークを制してる間に、
逃げればいいのにネ、とか結構手厳しいです。(^_^;)

しばらくお休みされるのね。
ロバートの映画はしばらく大丈夫ヨネ。
何かありましたら、メールしちゃいます~。

久しぶりのKevin! (ジャンヌ)
2013-09-16 23:23:01
こんにちは。
ご一緒出来まして、良かったです。
しかし、CGは何でもアリだな~と改めて思った次第で、
後半の戦いのシーンは、長すぎでした。

Kevinは、一癖ある田舎暮らしのお父さん役、良く似合いますね。
次はいつかな~
また楽しみにしています。
ジャンヌさんへ! (小米花)
2013-09-17 14:03:05
コメントありがとうございます!

楽しかったですね~。
映画というよりおしゃべりが・・・(笑)。

以前はKevinのスーツ姿に痺れましたが、
最近はこういう役に味がありますね~。

主演映画も待ち遠しいですが、1シーンでもお会い出来るきっかけになれば、それもヨシですネ。

コメントを投稿