こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プロデューサーズ

2006年11月02日 | ハ行

『プロデューサーズ 』
---THE PRODUCERS ---
2005年(アメリカ)

監督:スーザン・ストローマン
出演: ネイサン・レイン 、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル



1959年ニューヨーク、ブロードウェイのプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)は今や落ち目になってしまい製作費を集めるために四苦八苦している。
そこにやって来た会計士レオ(マシュー・ブロデリック)が帳簿の整理を始めて、奇妙な現象に気付く。
それは、ショーが失敗してあっという間に打ち切りになってしまったほうが儲かるというのだった。
そこに目をつけたマックスは無理やりレオを巻き込んで、史上最低の脚本、史上最低の役者を揃えて興行を開始した。


---------------------------------------------------------------------



1968年メル・ブルックス監督作品映画が2001年にブロードウェイでミュージカル化し、その映画化というのがこの作品となります。
その辺りの情報を得ずにDVDを見たので、リメイクとは知りませんでした。
見始めて、あれ~?このストーリーは~!!リメイクだったの!!

日本ではオリジナル映画は2000年にやっと劇場公開されたという事です。
こちらはミュージカルではなく、リメイクはミュージカル仕立てになっています。
私はオリジナルの方が好きでした。






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ビハインド・ザ・レッド・ドア | トップ |  陰謀のターゲット »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (ミカ)
2006-11-04 16:30:21
私もオリジナルの方が好きでした。
役者達も断然オリジナルの方が良かったですよね。
ミカさんへ! (小米花)
2006-11-04 18:17:54
そうですね~。
この映画は当たっては困るショーが、意に反して当たってしまったところが面白いのですが、オリジナルの方が、その辺りがよく出ていたと思います。

そして最後の、ストライプの服の笑えるシーンを知ってるってことが感激を減らしてしまったのかも・・・。
TBありがとうございました。
いつもどうもです (ひらりん)
2006-11-05 02:03:25
トラバ・コメントありがとうございます。
こういう映画は、大画面の劇場で観るのがベストですね。
コテコテのミュージカル映画・・って感じでした。
でも、調子に乗ってドリンクがぶ飲みしてたら・・・
エンドロールで我慢できなくなっちゃいました。
最後の、アマゾンがどうの・・・っていうオチを・・・
見損なっちゃったのが、残念でした。
ひらりんさんへ! (小米花)
2006-11-05 21:47:43
ドリンクのがぶ飲み、読みました(笑)。
アマゾンがどうのって、ええ~?
エンドロール最後まで真面目に見なかったですよ~!
DVDでは、いつもそうなんですが、何かあったのですね~。
うひゃ~、ちゃんとブログ読んでなかったわ。ショボン・・・。
ヒントくださってありがとうございました!!

コメントを投稿