こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

2016年03月24日 | マ行

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
---THE BIG SHORT---
2015年(アメリカ )

監督: アダム・マッケイ 
出演: クリスチャン・ベイル 、 スティーヴ・カレル、 ライアン・ゴズリング 、 ブラッド・ピット


「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー・ノンフィクション『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を映画化した社会派金融群像ドラマ。

サブプライム・ローンの破綻を引き金としたリーマンショックの舞台裏で繰り広げられた驚きの実話を基に、デタラメな錬金システムを編み出し、バブルに浮かれるウォール街を尻目に、いち早くその矛盾を見抜き、バブルの崩壊に賭ける世紀の大バクチを打ち、巨万の富を手にした4人のはみ出し者たちの戦いの行方をスリリングに描く。
出演はクリスチャン・ベイル、ライアン・ゴズリング、スティーヴ・カレル、ブラッド・ピット。監督は「俺たちニュースキャスター」「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」のアダム・マッケイ。

2005年。風変わりな金融トレーダーのマイケル( クリスチャン・ベイル)は、格付けの高い不動産抵当証券に信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。
だが、好景気に沸くウォール街で彼の予測に真剣に耳を傾ける者など一人もいなかった。
そこでマイケルは、“クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)”という金融取引で、バブル崩壊の際に巨額の保険金が入る契約を投資銀行と結ぶ。
同じ頃、若き銀行家ジャレッド(ライアン・ゴズリング)やヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、引退した伝説のベン(ブラッド・ピット)もまた、バブル崩壊の足音を敏感に察知し、ウォール街を出し抜くべく行動を開始するが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


記憶に新しいリーマンショックを描いた映画です。
正直、難しくてよく分からない、、、という感想です。
きっと経済に精通してる方なら、リーマンショックが何故起こったのかよ~く分かる映画だったね、というのが分かりました。(汗)
 
映画の中で、クリスチャン・ベイル扮するマイケルが、サブプライム・ローンが債務不履行になる可能性に気づくのです。
そこで、クレジット・デフォルト・スワップ (CDS)という金融取引に目を付けて、それが成功を呼ぶということなのですが、このCDSとやらが私には理解出来ない、、、。
ま、そういうものに気がついて、リーマンショックを逆手にとったマイケルたちが成功したのでした、とさ。。。
 
でも、このリーマンショックで世界中で多くの人たちが影響を受け、苦しんだのですよね。
この4人を英雄視するのは、、、、?
 
あ、マリサ・トメイの出演が嬉しかったデス。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ブラック・シー | トップ | ビッグ・アイズ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく・・・ (NAO)
2016-03-26 18:11:34
父が証券会社に勤めていたので、金融語は
なんとなーくわかるのですが、それでもCDSお仕組みは
私も???でした。

たとえ話で、補足シーンがあって、ようやく解った形です。

それに「華麗なる大逆転」ってタイトルおかしいですよね?
映画関係者、これ華麗だと思ったの?と疑問視してしまいます。

俳優さんたちの演技はお見事でしたけど♪
NAOさんへ! (小米花)
2016-03-26 22:32:45
CDSとはなにものじゃぁ~~って感じでした(笑)。
いや~、自分がいかに経済が何で動いているのかを知らないのだわねぇぇ、、って思うばかりです。(^_^;)

でもま、この年までそうやって生きてきちゃったので、
そんなもん、知りません私、、、で通してしまおうかと(笑)。

そう、「華麗なる大逆転」は邦題が違いますね。
これって怒ってる人がいっぱいいるのでは?って思います。


コメントを投稿