こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

運命のボタン

2010年05月19日 | ア行
『運命のボタン』
---THE BOX---
2009年(アメリカ)

監督:リチャード・ケリー
出演: キャメロン・ディアス 、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ


1976年12月16日、朝5時45分、ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅の玄関のベルが鳴る。
しかし、妻のノーマ(キャメロン・ディアス)が出ると、そこには誰もおらず、ひとつの四角い箱が置かれているだけだった。
そして、夫のアーサー(ジェームズ・マースデン)がその箱を開けると、中には赤いボタンが付いた奇妙な木製の装置が入っていた。
午後5時、夫妻宅にアーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗る男が訪ねてくる。
男は夫妻に、赤いボタンを押せば2つのことが起きると告げる。第1にどこかで見知らぬ誰かが死に、第2に現金100万ドルが夫妻のものとなる。
決断の期限は24時間。経済的に追いつめられていた2人は、やがて葛藤の末に、ついにボタンを押してしまうのだったが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



あまり評判は良くないようです。。。

サスペンス的な設定は面白いと思います。
雷に打たれたアーリントン・スチュワードが不思議な力を与えられたというのも、まあいいと思います。
ガッカリしてしまうのは、いきなりお空に飛んで行ってしまった「フォーガットン」的な展開だった事です。。。

人の愚かな決断の連鎖みたいな展開を、もっと強調してくれたらもう少し感情移入出来たのにと思いました。

キャメロンは良かったと思いますが、彼女の華やかさがついボタンを押してしまう程お金に困っているように思えなかったことと、70年代の時代背景の描き方がもう少し丁寧だったら良かったのにネ、、、と思いました。

 




 






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ナイト ミュージアム | トップ | シリアの花嫁 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その (miyu)
2010-05-20 00:07:47
「フォーガットン」的な展開を
おぉ~!そうきたかぁ~と喜んでしまいましたw
まぁそこで喜ぶか、がっかりするかはそれぞれ
ってことですかね~。
Unknown (mig)
2010-05-20 09:27:36
おはようございます♪
お久しぶりでした!
これ、ウケ悪いですね~、おっしゃる通り展開がダメなんですよね。

雰囲気も役者も発想も良かったのに。。。
ちょっともったいないです。
ラスト近くは愛とかいってるのがクサくてわざとらしく思えちゃったのでした(笑)

miyuさんへ! (小米花)
2010-05-20 21:18:30
「フォーガットン」的な展開がお好きでしたね~。
その辺りで好みが分かれましたヨネ!

その辺りが楽しめると映画が数倍楽しくなるのは
分っているんですよ~!
でも、だんだん私も好みが変化していますので、これから後感想が逆転したりして(笑)。
migさんへ! (小米花)
2010-05-20 21:22:13
ホント、雰囲気も役者も発想も楽しみにしてたんですよ~。
とってつけた「愛」が目立ちましたね。
migさんの記事にもありましたけど、
アーリントンに愛を感じたのには、ビックリでしたもの。。。

コメントを投稿