こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

サラエボの花

2008年11月11日 | サ行

『サラエボの花』
--- GRBAVICA: THE LAND OF MY DREAMS---
2006年 (ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア )


監督:ヤスミラ・ジュバニッチ
出演: ミリャーナ・カラノヴィッチ、ルナ・ミヨヴィッチ


ボスニア紛争によってもたらされた深い爪痕に苦しむ母娘の再生と希望の物語を描く衝撃と感動のヒューマン・ドラマ。
2006年のベルリン国際映画祭では、グランプリの金熊賞、エキュメニカル賞、平和映画賞を受賞。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボのグルバヴィッツァ地区。
女性たちの集団セラピーに通いながら12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)と2人で暮らしているシングルマザーのエスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)。
生活は苦しく、子どもがいることを隠してナイトクラブで深夜まで働く日々。
一方、父がシャヒード(殉教者)であることを誇りに思っている活発な少女サラは、サッカー中のケンカがきっかけで、同じシャヒードの遺児、サミルと友情を深めていくが…。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)



---------------------------------------------------------------------




戦争のむごさを、戦闘シーンなしで強烈に描いた映画でした。
ミリャーナ・カラノヴィッチ、ルナ・ミヨヴィッチ というベテランと新人の女優の熱演が強烈な印象を与えます。
ミリャーナ・カラノヴィッチは、水野久美を少し若くした感じの女優さんで何だか親しみを感じてしまいましたヨ。

少女サラは自分の父親はシャヒード(殉教者)であると信じていたのに、実は母親が戦争時に敵兵に犯されて出来た子だったと知らさせます。
その母と子の苦しく辛い事実の暴露には、胸が痛みます。

上手いこの女優さん・・・。

アメリカ映画のエンターテイメント的な映画ばかり見てると、こういう映画には胸衝かれます。
もちろんアメリカの映画でも戦争の後遺症を描いた作品はたくさんあります。
心惹きつけられる映画もたくさんあります。
でも、この映画はハリウッド映画と色が違うような気がしました。


『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ジェシー・ジェームズの暗殺 | トップ | P.S. アイラヴユー »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静かでしたが (メル)
2008-11-16 09:52:36
訴えるところはしっかり訴えてあった
とてもいい映画でしたよね~。

おっしゃる通り、ハリウッド映画とは違う反戦映画でしたね。
違う雰囲気で心に沁み入ります。

そうそう、あの女優さんも上手かったです。
見た目、女優女優してないところもまた余計に
このストーリーには良かったかな、って思いましたし。

あちらのコメントにありました、「あなたになら言える秘密のこと」ですが、あれは確かスペイン映画(?)だったと思いますが、この映画がお好きなら
きっとあれも・・と思います。
時間がございましたら是非ご覧になって見てくださいませ♪
メルさんへ! (小米花)
2008-11-18 18:19:54
ハリウッド映画は、社会派でも見る側が
楽しんでみてしまう部分がありますよね。
言葉の語感からくる偏見みたいなものもあるかと
思いますが、元ユーゴの国で作られた映画は
見る前から緊張してしまいます・・・。

「あなたになら言える秘密のこと」教えてくださってありがとうございます。
DVD解説読んだときは、パスって思ってましたが、
ちょっと興味が湧いてきました~。

コメントを投稿