こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤ちゃん教育

2006年02月24日 | ア行


『赤ちゃん教育』
---Bringing Up Baby---
1938年(アメリカ)

監督:ハワード・ホークス
出演:キャサリン・ヘップバーン、ケーリー・グラント 


動物学者デイヴィッド(ケーリー・グラント)は、博物館に百万ドル寄付してくれるという未亡人の法律顧問ビーボディとゴルフをする約束で、ゴルフ場に出かけた。
ところがそのゴルフ場でとんでもないわがまま娘スーザン(キャサリン・ヘップバーン)に予定をすっかり狂わされてしまう。
ところがこのスーザンはその未亡人の姪っ子だったということで、ますます振り回されることになる。

---------------------------------------------------------------------



クラシック映画のラブコメディの元祖と評判の高いこの映画、一度は見たいと思ってレンタルしました。
プロの批評家からは絶賛されてる映画ではありますが、私にはちょっと笑いのコツがつかめませんでした・・・(汗)。
まあ、役者で見たという映画です。



コメント   この記事についてブログを書く
« ファーゴ | トップ | 恋のクリスマス大作戦 »

コメントを投稿