こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バイバイ、ママ

2006年10月25日 | ハ行

『バイバイ、ママ』
---LOVERBOY---
2004年(アメリカ)

監督:ケヴィン・ベーコン
出演: キラ・セジウィック、ドミニク・スコット・ケイ、ケヴィン・ベーコン、
マット・ディロン、マリサ・トメイ、サンドラ・ブロック


仲の良すぎる両親の元で育てられた故に、エミリー(キラ・セジウィック)は両親の枠外で淋しい思いをしていた。
自分の子供が欲しいと願って、授かった男の子ポール(ドミニク・スコット・ケイ )を誰にも手をかけさせず、一人で育て、息子と二人だけの世界に浸っていた。
しかし、息子ポールが6才になると、ポール自身が母親とは違う世界を見始め、少しずつ外の世界に惹かれるようになる。

---------------------------------------------------------------------



ケヴィン・ベーコンの初監督作品です。
個性的な役柄が多いケヴィン・ベーコンが、こんな女心、母心を映し出すとは思いませんでした。
男の子を持った女性なら、ちょっと分かる気がするような、しないような・・・(笑)。
一人の人としての成長を願う反面、この可愛さを永遠に~って思う気持ちなんですね。
この男の子、ちょっと素直過ぎる気もします。
好みの分かれる映画ですね。




コメント (9)