ミオパチー(筋疾患)の会オリーブ

ミオパチー患者とその家族でつくる自助会です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015年医療講演会

2015-07-21 20:38:36 | Weblog
前回の総会後の講演会の模様をアップすべく、~続く~と書きながら日々バタバタで
なかなか投稿できずすいません。

7月12日午後1時~、講演Ⅰとして神戸大学大学院 医学研究科 神経内科学/
分子脳科学教授 戸田達史先生に、「福山型筋ジストロフィーと最新治療研究開発」と
題しご講演をいただきました。
当会には福山型の会員さんはいらっしゃいませんが、7組の一般参加申し込みがあり
、最新治療の話しをお聴きすることができました。

福山型筋ジスは日本人が一番多いそうで、だからこそ日本人の医師が根治療法を
開発する使命があるとおっしゃった戸田先生の言葉がとても印象的でした。


午後2時からは、講演Ⅱが始まりました。(写真)
講師は刀根山病院 神経内科部長 松村剛先生で、「知っておきたい筋強直性ジス
トロフィー@広島」と題しご講演をいただきました。
当会にも筋強直性の会員さんは多く、熱心に皆さん耳を傾けておられました。
また松村先生が患者登録の書類を沢山ご用意くださり、配布させていただきました。

その後休憩をはさみ、当会名誉顧問の埜中先生、渡辺先生、片山先生、倉重先生、
本日の講師戸田先生、松村先生、社労士の畝田谷先生という豪華メンバーを囲み
質疑応答を含めた交流会を開催しました。

嚥下が難しくなった相談者にどうしたらスムーズにできるか、マッサージは効果は
あるのか、難病法の話しに至るまで色々な質問があり、丁寧に一つ一つ回答いただき
ました。

昨年の青木先生もそうでしたが、今年も日本でも大変有名な筋肉の専門医である
戸田達史先生、松村剛先生をお迎えし、埜中先生に座長で進行していただく…、
こんな夢のような、贅沢で貴重な講演会は、当会のような小さなしかも貧乏な会
ではできるものではありません。
これも当会顧問で、西医療センターの渡辺千種先生のお蔭と感謝しています。

当日は一般参加者も含め、80名余りの参加があり、盛会のうち無事に終わりました。
皆様お疲れ様でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『第11回総会』が開催されま... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事