お菓子時々パン日記

LAで製菓学校を卒業後、オランダ、日本を経て現在はロンドン在住です。
私の作るお菓子やパン、その他色々の日記です。

The Counter でランチ。

2005年12月31日 | 外食(LA)

大掃除を頑張った後、お疲れ様~ということで、私達のお気に入りのお店へハンバーガーを食べに行ってきました。

夫はハンバーガーが大好きで、こちらに引っ越してきて以来、LAで一番おいしいハンバーガーを探そう!ということで二人であちこち食べに行っています。
In-N-Out はもちろん、The Apple Pan, Father's Office, Tommy's, Pie 'N Burger などなど色々行きましたが (あ、Spago に行った時もハンバーガー食べた)、私達夫婦の一押しはなんといってもここ、The Counter

ここでは毎日お店で挽いているフレッシュなお肉を使っています。
肉汁たっぷりでおいしいのはもちろん、トッピングを色々選べるのも毎回楽しみなところ。



今回、夫が食べたハンバーガーです。
すごいボリュームです。
この写真を撮った直後に崩壊しました・・。



これは、
2/3lb (サイズは1/3lb, 2/3lb, 1lb から選べる。1lb は約450g)の
Beef パテ(Turkey や Veggie のパテ、Grilled Chicken なども選べる)、
10種類あるチーズからはDanish Blue Cheese を選び、
17種類あるトッピングからは(基本料金内で4種類まで選べる)、Black Olive, Grilled Onion, Hard Boiled Eggs, Roasted Chill を選び、
9種類あるPremium Topping (プラス$1)から、Honey Cured Bacon を選び、
17種類あるSauce から Spicy Sour Cream を選び、
3種類あるパンから Hambueger Bun を選んだものです。

基本的に焼き具合はMedium らしいのですが、Medium Rare で、と頼んだので、中心はピンクでジューシーでした。
パテを切ったところもちゃんと写真に撮ればよかったですね~。
でも大掃除でおなかも減っていたし、おいしくって食べるのに夢中でそんなこと全然思いつきませんでした。
ベーコンやブルーチーズの塩気も効いていて、これはほんとにおいしかったです。

今回私のハンバーガーは写真がうまく撮れなかったので、これは前回のものです。

このときはたしか、メキシカン風にしよう!と思って、
トッピングには Roasted Corn & Black Bean Salsa, グアカモレも追加し、ソースはSpicy Sour Cream にしたんだったかな?
パテは1/3lbです。
これもおいしかった~。

ハンバーガー以外にも、サンドイッチやチリ、ポテトやオニオンリング、ワインも色んな種類がそろっています。
デザートメニューのChocolate Burger というのもかなり気になっているのですけど、いつもハンバーガーだけでお腹いっぱいになってしまうので、まだ注文できたことがありません。

次回は、1lb バーガーに挑戦!かな?(夫がね)
私はチョコバーガーが食べたいな~。

コメント (2)

型抜きクッキー

2005年12月27日 | クッキー

今日は、クッキーを焼きました。

藤野真紀子著 「わたしのお菓子スペシャリテ」 に載っていた、オーナメントクッキーです。
「クリスマスシーズンに作りたい・・・」と紹介されているし、かなり季節外れなのですけど、でもこれが作りたかったのでいいんです。

レシピではアプリコットとラズベリーのジャムをクッキーにはさんでいたけれど、うちにはブルーベリージャムしかなかったので、それを使いました。
レシピで使われていた、可愛いFAUCHON製の大きな銀のアラザンも当然無いので、無し。

やっぱりブルーベリーだと、色が地味ですねえ。
アプリコットジャム、買ってくればよかったかな~。

レシピには、25個分と書いてあったのでそのままの分量で作ったのですけど、結構たくさんできました。
なので、

こんな丸型とか

星型、

ひいらぎ型などなど、たくさん焼けました。

アーモンドプードルなども入らず、シンプルな配合の生地です。
味もシンプルでサクサク。

クリスマスカラーにするなら、ラズベリーとキウイのジャムで。と、書いてありました。
たしかに、それだと可愛く仕上がりそうですよね。
来年のクリスマスには、忘れてなかったらそうしてみようっと。
アラザンもちゃんと準備して。

コメント

クリスマスケーキ&ディナー

2005年12月24日 | 我が家の食卓

クリスマスには、こちらのレシピを参考に、夫と二人でケーキを作りました。

え~、あんまり上手にクリームが塗れてないし絞れてないのでちょっと恥ずかしいのですが。
買い物に行ったスーパーにイチゴが売ってなかったので、ラスベリーにしてみました。
中には、洋ナシの缶詰とラスベリーをはさんであります。
スポンジにはキルシュ入りのシロップをたっぷりしみこませてあるので、しっとりしていておいしかったです。
クリームのお砂糖もかなり控えめにしたし、スポンジも軽かったので、ぺろりと食べられちゃいました。
(別に1日で全部食べた訳じゃないですよ。)

来年のクリスマスには、もっとちゃんとプロっぽく美しいケーキが作れるようになってるといいな。

メインはラムの香草パン粉焼きにしました。
マッシュポテトとキッシュ(Trader Joe's のもの)が添えてあります。
二人で一緒に作ったし、すぐ出来上がりました。

香草パン粉は、パン粉、フレッシュローズマリー、にんにくのみじん切りたっぷり、オリーブオイルを混ぜたものです。
塩コショウしたラムをオリーブオイルで両面焼き、マスタードを塗ってからパン粉をまぶしてまたフライパンで焼きました。

お肉はジューシー、パン粉も香ばしくておいしかったのですが、焼き上がりの見た目はあんまり綺麗じゃないですねえ。
おなかが空いていたので(笑)、パン粉をまぶしたあとも、そのままフライパンで焼いてしまったのですけど、やっぱりきちんとオーブンで焼きあげるべきでした・・。

コメント (2)

BK111 ~14日目~ 実技テスト・筆記テスト

2005年12月22日 | CSCA

今日の授業は

・Practical Exam (Danish & Challah )
・Written Exam

でした。

まず6時から8時までが Production Time で、そのあと8時から30分間筆記テスト、そのあと9時にPresentation という予定でした。

でもデニッシュのフィリングも作らないといけないし、みんな結局9時には終わらなくて、Presentation は9時半になりました。
今回もPiping は練習用ジェルです。

ちょっと二次発酵の時間が少なかったかな?
もうちょっとふっくらしてる方がおいしそうですよね。

編みパンも、下に隠れてる方は発酵時間が足りなかったのかも。
編み目(?)がなんか引っ張られてるように出てきてしまいました。
後から焼いた五編みと六編みの方は大丈夫でした。

全体はこんな感じに。
低温で焼いたBread Plaque も今日一緒にPresentation しました。

今日で、このBK111 のコースは終了です。
明日は大掃除&クリスマスのプレゼント交換があるそうです。
プレゼント、何があたるかな~。

今朝、授業前に Sanitation 担任のChef がクラスまで来てくれて、成績表を渡してくれました。
あと、昨日の試験の結果も。

緊張しながら見たんですけど、なんと成績はA!
昨日の試験も、88%正解でした。
よかった~。
提出用のシートにマークミスがない限り、合格だそうです。
睡眠時間をかなり削って頑張った甲斐がありました。

コメント

BK111 ~13日目~ ベーグル・プレッツェル

2005年12月21日 | CSCA

今日の授業は

・Bagels
・Amish Style Soft Pretzel
・English Muffins (Demo only)
・明日の実技テストの準備をしたい人はする

でした。

ベーグル、私はいつも砂糖を入れたお湯でゆでてるんですけど、今日はミルクと砂糖をお湯に入れて、そこでゆでました。
プロテインによって、Texture, Color, Flavor がつくそうです。

うーん、でもいつもと焼き上がりの違いはよく分かりませんでした。
ゴマを散らしたものと、シナモンシュガーを散らしたものです。

プレッツェルは、ベーキングソーダを溶かした水にくぐらせてから焼きました。
塩やポピーシードを散らしてあります。

えっと、頑張って細長く伸ばしてから成型したつもりなんですけど、
かなり不恰好ですね・・・。
あんまりプレッツェルに見えないし。
たまに、プレッツェル屋さんで作ってるのを見てると、たしかにかなーり長く伸ばしてから成型してるんですよね。
次回はちゃんとプレッツェルに見えるように作るよう頑張ります。

明日の実技テストはデニッシュと編みパンなので、今日のうちに生地を作って、デニッシュは冷凍、編みパンは冷蔵庫に入れておきました。

今日はSanitation の本番試験です。
こないだの模擬テストの結果がぎりぎりだったので、あまり寝ないで勉強頑張りました。
本当なら合否が分かるのは1~2週間先になるはずなのですが、Chef が、みんな早く結果をしりたいでしょ?と言って答案用紙を2枚くれたので、1枚はテスト機関に提出、もう1枚はChef が今日のうちに採点して、明日にはもう結果を教えてくれるそうです。

コメント

BK111 ~12日目~ 編みパン

2005年12月20日 | CSCA

今日の授業は

・Knife Cutting Practical Exam
・Challah

でした。

まず、テストの前にみんな冷蔵庫からじゃがいもを2個ずつ持ってきて、洗って皮をむいておきました。
今回のテストは、10分で
Juliènne (1/8"×1/8"×2")
Batonnet (1/4"×1/4"×2")
Brunoise (1/8"×1/8"×1/8")
Macèdoine (1/4"×1/4"×1/4")
の、4種類の形を切る、というものです。
まだインチの感覚っていうものがあんまり無いので、定規を使ってもいいと言われてほっとしました。
夕べ練習した成果は出たかなあ。

Challah は、ユダヤの祝日に食べるパンだそうです。
今日は、三編み、四編み、五編み、六編みの4種類を作りました。

左が三編み、右が四編みです。
散らしてあるのは、ポピーシードです。

左が五編み、右が六編みです。

最初は三編み以上のものがかなり難しく思えたのですが、編み方をうちでちょっと練習していたおかげで、今日はどれもスムーズに編み終えられました。

そして、今日はとっても嬉しいことが!
掃除時間に、Chef からウォークイン冷蔵庫の中が綺麗に整頓されているかどうかチェックしてきてと言われ、チェックして教室に戻ってきたら、みんなが一斉に私の方を向いてハッピーバースデーを歌ってくれました~♪
もうびっくり。
そして、こんな可愛いパンももらっちゃいました。

そういえば、授業中にパンを捏ねながら、同じテーブルの人たちと明日のSanitation の試験についておしゃべりしていて、誕生日なのに勉強しなくちゃいけなくて嫌だなあ、ってちょっと言ってたんですよね。
思いがけずお祝いしてもらえて、なんだか幸せな気分になりました。

コメント

BK111 ~11日目~ パンの飾り板

2005年12月19日 | CSCA

今日の授業は

・Weaver's Dough
・Salt Dough

でした。

両方とも食べる用ではなくて、Decoration 用の生地です。
Salt Dough なんて、粉と、その半分の量の塩と水だけです。
イーストは入っていないので、両方とも滑らかになるまで捏ね、しばらく寝かせてから、あとは粘土のように好きな形を作っていきました。

やっぱりシーズンなのでクリスマス風のものを作っている人が多かったです。
私もそうで、今日のところはこんな感じに。

ほんとは、Merry Christmas って文字を入れたかったのですけど、難しかったので、ほかに何か簡単なものはないかと考え、こうなりました。

色をつけたい人は、スパイス(チリパウダーや、ターメリックなど)を生地に混ぜ込むか、食紅を使いましょうとのことで、私はベルの部分はターメリック、ひいらぎの葉や実は食紅を使いました。

一晩乾かしてから、低温でじっくり焼くそうです。
焼いた後も、色が綺麗に残ってるといいなあ。

明日は、Knife Cutting の実技テストがあるそうです。
ポテトを使って切るそうなので、さっきポテトを買ってきました。
夕食前にCutting 練習です。
もちろん、夕食はポテト料理。何にしようかな~。

Sanitation は、いよいよ水曜日が本番の試験です。
ということで、今日はざっと総復習しました。
本番では90問のマークシート問題で75%以上正解ならば、合格だそうです。
今日の模擬テスト(40問)では、私はやっと30問正解・・・。
これって、ぎりぎりすぎですよね。
はぁ。
これから、また勉強です。

コメント (2)

BK111 ~10日目~ ナッツサワードウブレッド・サワードウバゲット

2005年12月16日 | CSCA

今日の授業は

・Whole Wheat Rye and Nut Sour Dough Bread
・Sourdough Baguette-Poolish

でした。

最初のパンは、名前のとおり色んな物が入れてあります。
クルミとピーカンナッツ、それにレーズンとクランベリーも入っています。
風味付けにオレンジピールの粉状になったような物(名前忘れた・・)も少し入れました。
好きな形に成型していいとのこと。
量がたくさんだったので、(焼く前の生地の重さは4lb10oz (約2.2kg!))大きな三編みパンをひとつと、丸型を二つ作りました。



切り口はこんな風です。
ピーカンナッツはだいぶ細かくしてあったので、ちょっとよく分からないですね。

Sourdough Baguette も3種類に成型。



来週作る予定のパンのデモがありました。
三編みではなく、六編みのパンです。

こんなふうに6本にして、

それを交互に編んでいきます。
一応、テキストに乗ってるんですけど、見ながらしても難しそう・・。
Chef も、二人でテキスト読み上げながら作ってたし。

出来上がったのがこちら。
発酵前です。

焼き上がり。

今日は、料理クラスの人たちによるBreakfast Buffet があるとのことで、焼きあがった人から順に料理をもらいにいってきました。
ホテルの朝食のように、きちんとテーブルクロスがかけられお花など飾ってあるテーブルで、料理クラスの生徒がサーブしてくれます。

もらってきたお皿はこちら。
あんまり綺麗に盛り付けられてないですけど。

エッグベネディクト、チーズハーブスコーン、ワッフル、ハムチーズクレープ、キッシュなどなど、ほかにもたくさんもお料理が並んでいました。
ハムは、大きな塊をローストしたものをその場で切り分けてくれました。
ハム、ジューシーでおいしかったです。
あと、左端にある茶色いのがキッシュなのですが、これはふっわふわでとってもおいしかった!

コメント (4)

BK111 ~9日目~ パンドカンパーニュ・NYライブレッド

2005年12月15日 | CSCA

今日の授業は

・Product IQ
・Pain de Campagne
・New York Rye Bread

でした。

朝一番に材料あてクイズがありました。
今回は、20問全部が製菓、製パン材料です。
すべて授業で使ったものしか出さない、とのことでしたけど、ちょっとひねった(?)物も置いてあって、何だろう、と味見したり想像したりするもの面白かったです。
何問できてるかなあ。

今日のパンは二種類とも、これまで育ててきたSour を使いましょうとのことで、まず最初に全員がChef のチェックを受けました。
Chef に、このSour は使っても大丈夫と言われた人だけが、自分の育てたSour を使えるのです。
私のは、ダメでした・・・。
色を見て、香りをかいだChef から、即座にこれは死んでる、と言われてしまいました。
くすん。
なんでかなあ、ちゃんと世話してたつもりなんだけど。

Chef に原因を聞いてみましたが、Sour dough は tricky だから分からないと言われてしまいました。
しょうがないので、私はChef がそういう人のために用意していてくれたSour を使わせてもらいました。
生きていた人と死んでいた人と半分くらいだったかなあ。
生きてるSour の香りを嗅がせてもらいましたが、私のとは全然違う、アルコールっぽいいい香りでした。
私のも、別に嫌な香りではなかったんですけど。
はあ~、いつ死んじゃってたんだろう。

Pain de Campagne は、こんな型に入れて二次発酵しました。
粉がたっぷりとはたきこんであります。

この型と丸い型と二種類作りました。
焼くときは、コーンミールを底にまぶし、天板ではなく、オーブンの底に敷いてある石の上で直接焼きました。

出来上がりはこちら。


焼きたてのパンにバターをつけて食べたらとってもおいしかったです。

New York Rye Bread には、キャラウエイシードが入っています。
こちらも二種類に成型しました。

こちらは、Flour dust のあと、Slash を入れました。
まだSlash の入れ方が下手ですねえ。
なかなか均一な模様になりません。

こちらは、卵白を塗った上から白ゴマをちらしてあります。
なんか、全然違うパンみたいですね。

成型の時に、閉じ方がまずかったらしくて、

裏側はこんなふうにぱっくりと裂けてしまいました~。
しっかり閉じて、閉じ目は底にしないとダメですね。

今日は、アシスタントの方が軽食を作ってくれました。
アボカドとパプリカ入りのパスタサラダと、マシュマロとナッツの入ったチョコレートファッジです。
パスタ、太さの違うのが色々入っていたので、今回もやっぱりどこかで余った材料なのかな?

コメント

BK111 ~8日目~ 実技テスト・デニッシュ仕上げ

2005年12月14日 | CSCA

今日の授業は

・Practical Exam  Brioche
・Cornet Test
・Danish

でした。

コルネテストは、前回と同じように自分でコルネを8個作って提出し、水漏れしないかどうかChef がチェックして点が決まります。
前回は100%OKでした。今回も大丈夫だといいけど。

実技テストは、ブリオッシュです。
前回が不恰好だったので、今日はちょっと時間をかけて慎重に成型してみました。

今回は成功~。
Presentation はこんな感じ。

今日もPiping は練習用ジェルです。

デニッシュは、7種類の成型の仕方を習い、トッピングは自分の好きにしていいといわれました。
用意されていたトッピングは、

カスタードクリーム
レモンクリームチーズ
クリームダマンド
クランブル
ラスベリージャム
アプリコットジャム
アプリコット
パイナップル

です。

これはSnail という形です。
細長く切った生地をねじり、それをぐるぐると蚊取り線香のように巻きました。
発酵後にレモンクリームとパイナップルを乗せてあります。

これはPinwheel 。
発酵後に、カスタードクリームとアプリコットを乗せました。

これはBear Claw です。
中に、クリームダマントをはさんでから成型しました。
でもちょっと入れすぎちゃったみたいで、はみ出ちゃいましたね・・。

これはPocket 。
レモンクリームチーズを包み込んであります。

これはEnvelop 。
カスタードクリームを包み込み、上にクランブルを乗せました。

これはTurnover 。
中身はアプリコットジャムです。
きれいな三角にならなかったです。
もっとしっかりと閉じないとですね。

これはFigure 8 。
Snail と同じように細長く切った生地をねじり、8の字型に成型しました。
発酵後にラスベリージャムとレモンクリームを搾り出してあります。

どのパンも、焼きあがってさめてからナパージュしました。

デニッシュ生地は初めてだったし、上手にできるか不安だったのですけど、どうにか形になりました。
これは来週の最終実技テストの課題なので、次回はもっと綺麗に作れるといいな。

Sanitation のクラスでは予定通りテストが2回分ありました。
来週には、もう本当の試験を受けないといけないので授業もさくさく進み、ほとんどテキスト終わらせました。
来週は、試験前の総復習をするそうです。

今日のサワー。

上部にだいぶ液がたまっています。
今日も、1.5ozの粉とちょっとの水を足しておきました。
明日はいよいよこのSour を使って、パンを焼くそうです。
こんなんでちゃんと焼けるのかな~。
どうなるのか楽しみです。

コメント (2)

BK111 ~7日目~ デニッシュ生地作成

2005年12月13日 | CSCA

今日の授業は

・Danish Dough (Croissant Style)

でした。

デニッシュ生地を作るのは初めて(というか、だいぶ前に家で挑戦して大失敗したことがある)なので、ちょっと緊張。

冷やしてあるバターを折り込んでいくのではなく、室温でやわらかくなったバターを生地に塗ってからそれを折り込んでいきました。
冷蔵庫で休ませながら計3回折り込み、今日は冷凍庫に入れて終わりです。
明日、いろんな形に成型して焼くそうなのでどんな出来か楽しみです。

成型は7種類、フィリングは5種類の予定です。
テーブルごとに分担して、いろんなフィリングを今日のうちに作っておきました。
私のいたテーブルは、Strussel Topping という、クランブルを作りました。
大量に作って、冷蔵庫で冷やしてあります。

明日は、Brioche の実技テストがあるので、今日中に生地を作っておきましょう、とのことで、デニッシュ生地を冷やしている間に、Brioche 生地を捏ねて、冷蔵庫に入れてあります。
明日は、ほかにもProduct IQ (材料あてクイズ)と、またコルネ作成テストもあります。
Sanitation も小テスト2回分あるので、今日は覚えないといけないことが山積みです・・。

授業中、オーブンからいい香りが漂っていたので、何かな~と思っていたら、Chef達が、ローストチキンを作ってくれていたのでした。

写真がいまいちですが、ハーブでマリネしてあって、ガーリックも効いていておいしかったです。

ほかにも、こんなポテトや

にんじんのグラッセ、たまねぎとパプリカのソテーなども作ってくれてありました。

あと、一番おいしかったのはこのブラウニー!

見てのとおり、表面はほろほろさくさくしているのですが、中はしっっっとりとしていて、ほんとにおいしかったです。
さすがPastry Chef ですね。
レシピをくれたので、これは是非今度作ってみなくては。

今回のランチは、たまたま料理コースの方で材料が余っていたらしくて、それを利用してくれたみたいです。
ランチは、いつもサンドイッチとかで簡単に済ませてしまうので、思いがけずちゃんとした美味しい物が食べられてうれしかったです。

最後に、先日のBaguette と Pain au lait の、実技テストの結果が返ってきました。
Pain au lait は、各項目とも満点!
Taste Great とコメントしてくれてありました。よかった~。

Baguette は、Taste が12点満点中8点でした・・。
Little more salt とコメントがついています。
ちゃんとレシピどおりの分量の塩を入れたと思うんだけどな~。
そういえば、Chef がちゃんと生地を味見しなさい、と言っていたけど、生の粉を食べるのが嫌で、今までずっと無視しちゃってた気が。
明日からはちゃんと味見しようかな・・?
その他の項目(Shape や Texture など)は、満点でした。

今日のサワーはこんな感じ。

香りは昨日とあまり変わりません。
色がより黄色っぽくなってきたかな?
1.5ozの粉と、水をちょっとだけ加えておきました。

学校に持ってきて、そこで世話をしている人も何人かいたので見せてもらったんですけど、カビが生えてきてる人もいました。
すぐに取り除けば問題ないそうです。
でも、みんな見た目がなんか違う気がする。
色とか、液体のどろどろ具合とか。
私のはどうなのかなあ。

コメント

BK111 ~6日目~ ブリオッシュ・シナモンロール

2005年12月12日 | CSCA

今日の授業は

・Brioche
・Cinnamon Swirl Bread

でした。

ブリオッシュはパウンド型と小さなブリオッシュ型の二種類作りました。

えっと、こっちは大丈夫だったんですけど、ブリオッシュ型の方はちょっと失敗・・。

これでも一番ましな出来のものなんですけど、なんかタコみたいですよねえ。
小さなボールと大きなボールを作ってそれをあわせて焼いたんですけど、小さなボールはもっと小さくないと駄目ですね。
それに、もっとしっかりとくっつけないと。
これは次回の実技テストの課題なので、ちょっと心配。

シナモンロールは、生地にたっぷり溶かしバターを塗ってから、ブラウンシュガーとシナモンと混ぜたものをこれまたたっぷりと巻き込みました。
焼き上がりはこんな感じ。

この上から、クリームチーズフロスティングをまたたっぷりと塗りました。
クリームチーズ、バター、パウダーシュガーを混ぜたものに、バニラと塩がちょっとだけ加えてあります。

シナボンみたいですね。
味も似てました。
甘かったけど、おいしかった~。
でもものすごいカロリーがありそうで、よく考えるとコワイです。

今日のSanitation は小テストがあるというので勉強してたんですけど、また延期になりました・・。
水曜もテストの予定だったので、あわせて2回分テストするそうです。
ふぅ。

今日のサワー。

液体の部分が多くなってきたような気がします。
2ozの粉を加えておきました。
香りも強くなったかな。

コメント

La Super-Rica でランチ。

2005年12月11日 | 外食(旅行先)

今日は、サンタバーバラの中心地からちょっとはずれた場所にある、La Super-Rica というメキシカンレストランでランチしました。

前からサンタバーバラにすごくおいしいメキシカンがあるらしい、という噂は聞いていて、Zagatで25点という評価だし、どんなところかな~と思って行って見ると、

こんな所でした。
こじんまりしたお店で、この建物の裏にテントがあり、その下で食べられるようになってます。
メニューは20種類くらい。
タコスはあったけど、よくあるブリトーやエンチラーダはなかったです。

注文した品はこちら。

左上の飲み物は、オルチャタというメキシコの飲み物で、お米から作ってあるそうです。
シナモン風味で甘くておいしかったです。
一番好きだったのは、写真上中央にあるポークのお皿(メニュー名は忘れました・・)。
タマーリはあんまり気に入った味の物を食べたことがないのですが、ここのはあまりクセもなくておいしかったです。
あと、こんなタコスも頼みました。

これはたしか、牛肉のタコスだったような気が。
これもグアカモレとよくあって、おいしかったです。

二人で色々食べて15ドルくらいだし、お勧めです。
次回、サンタバーバラに行ったときも、また行かなくっちゃ。

コメント

The Palace Grill でディナー。

2005年12月10日 | 外食(旅行先)

今日はサンタバーバラの街中にある、The Palace Grill  で夕食でした。

週末は開店時間ちょうど(5時半)にしか予約を受け付けてくれないと言われたので、その時間に予約して5分くらい早めにお店に行ったんですけど、もうすでに人が列になって待っていました。
そして、開店と同時に結構広めのお店は満席に。
すごい人気ですね。
予約しておいてよかった~。

ここは、ケイジャン・クレオール料理のお店です。
あんまり食べたことがないので楽しみにしていました。

まずは、お店の名物でお勧めらしいマティーニを。

なんと、オリーブじゃなくてハラペーニョが入っています。
この写真で分かりますか?
赤くてちっちゃくて丸くて、見た目は可愛いけど、飲んでみるとやっぱりハラペーニョ味。
面白かったけど、あんまり好きじゃなかったかも・・。

パンの代わりに、マフィンが6種類サーブされました。
結構おいしくて、パクパク食べているうちに、大皿が到着。

ウエイターさんに「初めての人にはこれがお勧め!」といわれたSampler を素直に頼みました。(2人分です)
店内の明かりであんまり上手に写真が撮れなかったのですけど、ココナツシュリンプ、ニューヨークステーキ、キャットフィッシュ、チキン、色々あって楽しめました。
キャットフィッシュってあんまりおいしそうなイメージ持っていなかったのですけど、これは柔らかくておいしかったです。
ココナツシュリンプもぷりぷりでココナツがほのかに甘くて、マンゴージャムのような甘いソースをディップして食べるんですけど、これが不思議と合うんですねえ。
今度うちでも真似してみようかな。

そして、一番おいしかったのはこういう名前のデザートです♪
Louisiana Bread Pudding Souffle
Laced with Grand Marnier and raisins, dusted with powdered sugar and accompanied by our delicious Whiskey Sauce

写真も撮ったつもりだったんですけど、何故か見当たらず・・。
熱々でふわふわで、ソースもおいしくて、ほんと、ぜひレシピが知りたいです。

以上のもの以外にも追加でガンボも頼んだので(これもおいしかった~)、お腹一杯大満足の夕食でした。

お店の人もみんな感じ良く親切だったし、機会があったらまた行きたいです。

コメント

BK111 ~5日目~ 実技テスト・筆記テスト

2005年12月09日 | CSCA

今日の授業は

・実技テスト (Baguette & Epi, Pain au lait )
・筆記テスト

でした。

Chef からは、6時~8時までが production time で、そのあと8時から45分間の筆記テストを受け、その後また作業して、9時半に presentation 出来るようにしておきなさい、そのために自分で時間配分を考えて行動しなさい、と言われていました。
筆記テストの間は、オーブン使用禁止だとのこと。

なので、私はバゲットは8時までに焼き上げ、Pain au lait は筆記テスト直前に二次発酵に入るようなタイミングで作業しました。

Pain au lait は6種類に成型しなさいと言われ、昨日成型に失敗した Parker house はその中に入っていなかったのでほっとしました。

出来上がった Pain au lait はこちらです。

前回の実技テストでチョコレートの Piping をしたように、今回も Pain au lait と自分の名前を Piping しました。
何故か、今回は練習用のジェルを使いましょうということになっていたので、こんな色です。

Baguette も同じように Piping してありjます。

これは、6切れにスライスしたものを Presentation するように、ということになっていました。
切り口でわかりますけど、あんまりフランスパンぽくないですよねえ。
残念ながら、Baguette も Epi も、最初に作った時の方が出来が良かった気がします。
発酵の時間が足りなかったのかなあ。

筆記テストは、大体できたと思います。
こんな問題は出ないんじゃないかなあと思いつつ勉強していた箇所も出ていたので、念のためすべてに目を通しておいてよかったです。
今回もマークシートと記述だったのですが、ちょっと記述の単語に自信のないものが・・。
それ以外は多分大丈夫だと思うんだけど。

今日の Sour はこんな感じ。

表面に透明な液が浮いてきてます。
そして、なんともいえない香りが・・。
でも、昨日よりもいい(?)香りかも。
ちょっとアルコールっぽいです。

Chef からは、毎日水と粉をあわせて2ozくらい与えなさい、あげすぎちゃ駄目、pancake batter のような状態にしておくように、との注意事項がありました。
今日はかなり液体があったせいでゆるかったので、1.5oz の粉と0.5ozのぬるま湯をたしておきました。

コメント