続・辛いは幸せの隠し味

大好きな山歩きを含む日々の覚書
以前のブログは ブックマークの「辛いは幸せの隠し味」で


文殊山-319

2017-12-10 06:15:31 | 山歩き
2017/12/9(土)晴れのち雨

北陸の冬の晴れは少ない。しかも晴れ間は短い。

今朝は久々 休みの晴れ。 

朝からと言うより 夜中の2時過ぎぐらいに お風呂のぬるま湯で 1回目の洗濯。

そして7時までに3回の洗濯物をやっつける。 冬物は嵩張るからね。

そして 日当たりのいい場所を探し 干す。  直ぐ取り込めるように全てハンガー干し。


猫の皿やトレーも 荒って 傘も干して・・・・ 目が回りそう。

それに 1週間分の元気の素注入に 文殊山へも行かなくちゃ。

少し遅くなっちゃたけど 10時のスタートです。

慌てて来たもんだから 手袋は忘れる おまけにカメラまで忘れたわ。


行きかう顔見知りの方々に 「遅いよ! 山頂小屋で 始まってるよ~」等 声掛けしてもらい

掛け声は 「よいしょ よいしょ」ではなく 心の中で「ぜんざい!ぜんざい!」 人参をぶら下げた馬のように歩く。


山頂では 山○○トリオさんとおじじさんが待ってて 下さいました。今日はいつものメンバーはどこぞへ?

そんなことは さて置き 念願の「ぜんざい」にありつけました。 カメラ忘れの為 画像はありません。

ご馳走様でした。


雪も降りだし 少し止んだところで 下山。

Uさんさが「整備したよ」と言う 大正寺コースを見てきます。


鉄塔から 林道出会いまでが 台風の通り道になったようで この有様。

気になる所を Uさんが 斧を振って 整備してます。



それでも くぐったり 跨いだりしながら 通れるように道がつけられていました。



お地蔵様の祠も 杉の木の下になってしまい どうにか屋根で ここだよとわかる程度。



大正寺コース改め Uさん街道を引き返し 今度は西袋コースへ 



丸太の橋が架けられ 大木の下は 通りやすく 山の方を少し削ったりして 良く考えて整備されていました。

こちらはTNさんが整備したそうで TN街道とでもいいましょうか。

両コースとも アスレチック気分で楽しめるコースとなりました。 但し ここは自己責任で。


最後に 西袋のいのしし檻に イノシシが掛かっていました。   マイハシさんはどんな画像を撮ったのかな?


鼻の上に 檻の柵がおりたようで 挟まった状態で 脳震盪を起こしたのか 

凍死したのかわかりませんが 動きは無かったです。 ア~メン。


大kのりちゃんに 二上まで送ってもらい 帰路に就く。 

今日も一日 有難うございました。そしてご馳走様でした。

余りの台風の跡が凄くて スマホで撮りました。 片手で操作したので ほとんど手ぶれですが 悪しからず。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 文殊山-318 | トップ | 文殊山-320 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マイハシ)
2017-12-10 18:04:45
昨日は 忙しい中お疲れ様でした。
掛け声 逆に成らなくて良かったね(笑)
皆さん何処へ行ったのかなぁ、小屋の中は広々 熱気が足らず寒かったよ(・ω・)
檻の中のイノシシも絶命するまでは寒かったろうなぁ!
U氏やTN氏の復旧作業の苦労が眼に浮ぶよ! 感謝だね。
Unknown (大kのりちゃん)
2017-12-11 07:09:48
NeNeさん、おはようございます。
恐る恐る(?)NeNeさんに電話をすると、なんと小文殊まで登って来ているとの事。
「ぜんざい」の力ってすごい!、
ユズで漬けた大根、とっても美味しかったです。
またお願いで~~~す。
U街道・TN街道は酷かったでしょう。
お二人に感謝またSKさん・NMさ・マイハシハシさんにも感謝です
マイハシさんへ (NeNe)
2017-12-11 21:16:21
こんばんは。
待望のぜんざいご馳走様でした。
この日も寒かったけど 今日、この時間 外を見たら白くなってます。
雪道の文殊山も歩きたくなりました。
雪情報も 楽しみに待ってます。

大正寺や西袋コースの台風の爪痕があんなに酷いとは思いませんでした。 皆さんの尽力に感謝です。
大kのりちゃんへ (NeNe)
2017-12-11 21:29:19
こんばんは。
帰宅して 「文殊山でぜんざい食べてきたぁ~」と子供達に言ったら「ずる~い」の連発。
しょうがないので 昨日はお汁粉をしてあげました。
子供たちはこし餡派なので ぜんざいよりお汁粉がいいんだって。
柚大根の漬物 お気に入りでしたら また持参します。 大根だからちょっと臭いのが難ですけど

コメントを投稿