「my favorite giants」BLOG&NEWS

巨人への熱烈コメントから他愛なことまで。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【戦力分析・その12】読売ジャイアンツ

2007-03-28 | analysis
【戦力分析⑫】読売ジャイアンツ

選手の入れ替えどう出るか。

▼OUT(主な選手)▼
□投手
 グローバー(20試5勝7敗 4.97)
 桑田(3試1勝1敗 6.94)
 工藤(13試3勝2敗 4.50)
 佐藤宏(8試0勝0敗 2.89)
 鴨志田(13試0勝0敗 6.08)
 伊達
□野手
 小久保(88試19本55点.256)
 ディロン(31試2本7点.195)
 仁志(64試1本7点.185)
 長田(1試0本0点.---)
 黒田(24試0本0点.154)
 大須賀
 アリアス(17試2本5点.167)
 大西(20試0本0点.133)
 堀田(8試0本0点.091)

▲IN(主な選手)▲
□投手
 門倉(28試10勝9敗 4.84)
 吉武(60試3勝2敗 3.02)
 金刃
 上野
□野手
 小笠原(135試32本100点.313)
 ゴンザレス
 ホリンズ
 谷(118試6本30点.267)
 大道(44試0本8点.217)
 小田嶋(26試3本6点.205)
 円谷
 寺内
 松本

【投手】
□先発 内海・姜建銘・高橋尚・○金刃・△門倉・木佐貫・野口・上原・パウエル・野間口・西村
□中継ぎ 林・久保・△吉武・会田・前田・真田・福田・○上野
□抑え 豊田
【野手】
□捕手 阿部・加藤・星
□内野手 李承・△小笠原・○ゴンザレス・二岡・小坂・△小田嶋・脇谷・古城・岩舘・○円谷・○寺内
□外野手 高橋由・△谷・鈴木尚・○ホリンズ・木村拓・矢野・亀井・○松本・清水・△大道・小関

【開幕予想オーダー】
1.高橋由(9)
2.谷(7)
3.小笠原(5)
4.李承(3)
5.ゴンザレス(4)
6.阿部(2)
7.ホリンズ(8)
8.小坂(6)

【管理人の勝手な理想オーダー】
1.松本(8)/亀井(8)/脇谷(4)
2.谷(7)
3.小笠原(5)
4.李承(3)
5.ゴンザレス(4)/ホリンズ(8)
6.高橋由(9)
7.二岡(6)
8.阿部(2)

投手力 
上原・パウエルが序盤に離脱することになるが、成長した若手の内海・姜建銘が軸となって回転出来るか。先発候補は、ある程度揃っているだけに、軸になる投手がある程度活躍し、大きな連敗を防ぐことが出来るかがポイントになりそう。一方、中継ぎ以降は不安が残る。ストッパーは豊田になりそうだが、シーズン序盤できちんとした信頼を得たいところ。勝ちパターンを作ることで、野手との信頼関係も築きたい。

打撃力 
1.2番が鍵となる。昨年の1.2番出塁率は僅か.273で12球団中ワーストのうえに唯一3割に届いていない。ここを改善出来ないと得点力不足は改善しない。昨年後半に我慢して使い続けた1.2番もオープン戦で結果を出せずに終わった。そんななか、谷が2番に固定できそう。中軸に左打者が多い中で何でも出来る打者が2番に座ることで得点力アップを狙う。クリーンナップに生え抜きがいないのが寂しいが、奮起して欲しい。

守備力 
昨年の盗塁阻止率はリーグトップと飛躍的に改善。内外野の守備も大きな穴はない。外野の送球で無駄な進塁を与えることが多いので、このあたりは課題。

機動力 
伊原コーチの就任で徐々にではあるが走塁の意識改革が浸透している。気になるのは下半身に故障を抱える選手が多い点。頭では考えられても、体が反応しなければ意味がない。

総合力 
中継ぎ以降の投手に課題があるのは確かだが、得点力のない打線がより多くのプレッシャーを投手に与えているのも事実。当たり前だが、より多くの得点を奪い、より少ない失点で乗り切る粘り強い野球をしたいところ。多くの選手が入れ代わったが、キャプテンがいかにチームをまとめることが出来るか。もちろん、昨年のような怪我での離脱者は最少限に抑えたい。


サイト内関連ページ
2007年巨人選手名鑑
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« セ・リーグ開幕1軍メンバー | トップ | 伊原コーチがヘッドコーチに »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
投手陣には明かり (kohrya)
2007-03-30 00:56:59
上原・パウエルの開幕絶望を嘆く声も大きいが、内海、姜、高橋、門倉らが期待通り(というか、極端に好調でなくても普通であれば)投手陣に関してはそう心配ないと思う。首脳陣もそう思っているからこそ昨年の高校生ドラフトで堂上→坂本→田中という系譜を取ったのだと思う。5月になって上原とパウエルが万全で出てくればそれこそ盤石ではないだろうか?心配なのはやはり攻撃陣。1番高橋が3割3分前後打てるかどうかがペナントの全てを握っていると思う。打てればそれこそ脅威の打線となり、駄目なら自慢のクリーンアップの威力が半減するだろう。
ペナントレース (ryukke(管理人))
2007-03-30 22:40:09
コメント有難うございます。

仰るとおり、先発のコマは足りてますし大きな戦力ダウンにはなってませんね。
新しい上位打線がどれだけ機能してくれるかポイントとなりそうです。

analysis」カテゴリの最新記事