☆ムツゴロウの花散歩☆

散歩道、公園、植物園で見かけた花、植物を掲載しています。

ミョウガ(茗荷)の花散歩

2019年07月18日 | みんなの花図鑑

先日、家内が会社の同僚からミョウガを貰ってきました。

家にはその方から頂いたミョウガの鉢植えがありますが、葉が出ただけでまだ花は咲いておりません、いつ出るのかと楽しみにしています。

何度か食べましたが、花をしみじみと見たのは初めて。


 科名:ショウガ科、 多年草、

ミョウガは地下に地下茎を伸ばして広がります。花穂および若葉の茎が食用になります。

雌雄同株で花器に雄蕊雌蕊が揃っている両性花が開花。


地表に伸びている葉がついた茎のようなものは茎ではなく偽茎と言われるもので、赤い芽のような  「別名、花ミョウガ」が土から顔を出します。


自宅のはいつ花芽が出るかな~?。

※ ミョウガの花芽の断面。

タケノコの皮のように幾層にも包まれた芯の先に花芽が出始めているのが分かります。


※ ミョウガの葉の利用。

奈良県の吉野地方ではミョウガの新芽や葉を「たこな」と呼び、葉で鯖寿司を包んだ「たこな寿司」が作られます。

他の地方では、みようがぼち(岐阜県)、みようが饅頭(熊本県)、釜焼き餅(鳥取県東部・因幡地方)、といったミョウガの葉を使ったお菓子が今でも食べられています。

茗荷の葉

※ 十大家紋の一つ 茗荷紋=鳥羽藩主、稲垣家 (丸に抱き茗荷)


戦国時代、戦で命が残る「冥加」にかけて、茗荷紋を好んで使用。

事例として「影茗荷」「鍋島茗荷」などがあります。

参考サイト ・・・ フリー百科辞典「ウイキペディア」



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アザレアツバキ(夏咲き)、... | トップ |  サンビタリア・スペシオサ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ボブちゃん)
2019-07-19 06:41:35
色々とよく調べましたね☺️
知らないことばかりで勉強になりました。
これからも楽しみにしています
🎶
こんにちは (ムツゴロウ)
2019-07-19 10:26:54
訪問ありがとうございます。
毎日雨ばかりで嫌になりますね。
これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事