☆ムツゴロウの花散歩☆

散歩道、公園、植物園で見かけた花、植物を掲載しています。

  幾何学模様 ・・・ ロマネスコ

2018年01月12日 | みんなの花図鑑
  科名:アブラナ科

  原産地:ローマ近郊

 未成熟の蕾と花梗を食用にし、アブラナ科の野菜の中では比較的穏やかで微かに甘い香りがします。

 花蕾群の配列が幾何学的な特徴をしています。

 味はブロッコリーに似、食感はカリフラワーに似ています。

 見れば見るほど不思議な姿ですね。



  ☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (2)   この記事についてブログを書く
«   縁起の良い植物。 | トップ |   植物のシモバシラと地表... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロマネスコの形 (さざんか)
2018-01-13 14:40:24
ムツゴロウさんこんにちは。
ロマネスコって面白い形をしていますね。
幾何学的に、と書いていられるから詳しいことは省略されたのかもしれませんが、これは「自己相似形」のフラクタルって形らしいですね。
ロマネスコの小さな部分をとっても全体と同じ形をしていて、それが無限に続く…。
ネットでそれを知ったときはなるほど!と感動しました。
私は文系で幾何学なんてよく分かりませんが、野菜でそんな形になるなんて、不思議です。
ロマネスコの形を見ていると、目が回りそうです。
不思議! (ムツゴロウ)
2018-01-13 16:54:05
さざんかさん、こんにちは
幾何学などの難しいことは分かりませんが、何となく引き込まれしまい暫く動けませんでした。
なんで、こんな形になるのか、どんな意味があるのか? また、このまま成長してどのような姿になるのかも見たいですね。

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事