☆ムツゴロウの花散歩☆

散歩道、公園、植物園で見かけた花、植物を掲載しています。

レースラベンダーの花散歩

2017年11月03日 | みんなの花図鑑
 ◎ レースラベンダー

  科名:シソ科

  学名:Lavandula pinnata

  原産地:地中海沿岸

 葉にモコモコと毛が生えていて、暖かそうで寒さに強いような気がしますが、寒さにはとても弱いです。

 姿は可愛いのですが通年育てようとするならば、初心者は普通のラベンダーから入門した方がいいでしよう。

 この花はラベンダーの香りはしません、観賞用に作られた園芸種なのでハーブとして利用するには不向きな品種です。

 花と、レースのような葉が美しいので花姿そのものを楽しむ方が多いようです。




☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

十月桜

2017年11月03日 | みんなの花図鑑
 ◎ 十月桜

  科名:バラ科

  学名:Prunus × Subhirtella

 エドヒガンの系列でコヒガンの園芸品種。 毎年、年に二度開花します。

 開花期は10月中頃~翌年1月中頃、3月中頃~4月中頃。

 全体の蕾の3分の1が10月頃から咲き、残りの3分の2は春に咲きます。

 同様に秋から冬にかけて咲くのが冬桜。

 花は似ていますが、十月桜は八重で花弁は5~18枚、冬桜は一重で花弁は5枚。

 ※ また、秋~冬に咲く桜に「子福桜」があります。

 「十月桜」同様、秋から冬と春の年二回咲きます。

 花弁は八重、花弁の数は20枚以上と多いです。

 もう一つの特徴は普通一つの花から一つの実ができるが、この子福桜は二つ以上の実を付けるところから「子宝」の桜と言うことで「子福桜」の名前になったそうです。


☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観葉植物の世界

2017年11月03日 | みんなの花図鑑
 ◎ プリンセチア

  科名:トウダイグサ科  学名:Euphorbia pulcherrima  原産地:メキシコ西部、中央アメリカ

 ピンクや白に色づいてる部分は苞で、葉が変形したもので、その中心にある円い物の集まりが蕾で花部です。

 冬は室内の窓辺の日当たりの良い場所で管理し、夜間は温度が下がるので部屋の中ほどに置きます。

 暖房の風が直接当たる場所は避け、春になり霜の心配がなくなったら戸外に出し日光に十分当てる事です。

 ※ プリンセチアは日照時間が短くなると花弁をつけます。

 9月上旬頃鉢を室内に入れますが、照明を付けた明るい室内では花芽が出来ず苞も色づきません。

 夕方5時頃から翌朝7時頃まで段ボールなどで覆い暗くし、約2ヶ月間毎日行うと鮮やかな色づいた苞が育ちます。


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ◎ 葉牡丹

  学名:Brassica oleracea  原産地:ヨーロッパ

 名前の由来は、葉を牡丹の花に見立てた事からです。

 耐寒性に優れ冬の公園を彩る他、門松の添え物にも利用されますが、暖地では色づかず寒地では屋外越冬できません。

 花は黄色で4~5月に開花しますが、鑑賞の対象とされず薹が立つ前に処分されてしまう事が多いです。

 私もまだ花は一度しか見た事がことがありません。


  


☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加