ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

鮎ダモの高級化が止まらない。

2018年01月31日 | 鮎釣り

鮎の友釣りには必要不可欠の鮎ダモ。今年はがまかつSHIMOTSUKEから新製品が発売されたが価格はなんと6万円 

ともに一体成型のカーボンフレームにテクノメッシュの網を取り付けたものでこれが最近のトレンドらしい。

22年前から㈱シミズがカーボン一体ハンドルを作っていたことは驚かされる。

他のメーカーもジョイント方法、網やハンドルの形状、重量、色などの特徴を売りにしていて価格は5万円前後が多いようだ。

余談であるが昭和の時代に使っていた一体型カーボンのバトミントンラケットはこれほど高価ではなかった。

過去に破損や紛失で10個以上もダメにしている経験からタモは消耗品と考えているので目玉の飛び出るような値段に尻込みをしています。

鮎ダモにステイタスやインスタ映えを求めていないのでフラッグシップモデルでなくてもある程度の機能を備えていれば満足なのです。いずれ機会があれば現物を手に取ってじっくり検証してみたい。

腰に挿しているときは小さくて、キャッチングのときは大きくなる  そんなタモが欲しいが・・・ 

 

 

    


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« フィッシングショーと表彰式 | トップ | カワウの食害について »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しております (ウラ之介)
2018-01-31 20:56:20
こんばんは。
アユ用品は、値段の高騰が止まらないですね…。とても手が出せなくなってます。
>ウラさん (ハミアト)
2018-01-31 21:55:39
元気ですか~
比較するほどいいものが欲しくなります。
ウデ相応のものでいいのにね


コメントを投稿

鮎釣り」カテゴリの最新記事