ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

相模川は熱い

2016年08月06日 | 鮎釣り

よく間違える人がいますがすもうがわではありません さがみがわです。 いないいない

2日前に海底人8823さんがだいぶ楽しんだという神奈川県の相模川に海底人8823さん、ベリ子さんとの3人での釣行です。

地元の人やオトリ屋さんに「朝は釣れないよ」と言われましたが・・・確かに釣れません。

熱いほどではないが水温はかなり高そうです、しかも引き水という厳しい状況。

釣り客も増えてきて移動もままならないので瀬肩の10mを行ったり来たり 「アユよ出てこいや!」

開始90分でやっとチビアユが掛かりそれをきっかけに大小の鮎がポツリポツリ掛かり出しましたが当たりも弱く、盛期のファイトではありません。人もアユも猛暑には弱いようです。

 

午後になるとまっ黄色の鮎も釣れ出しましたが竿が折れそうな強風に散々いじめられてあまり釣果が伸びないまま終了。

高水温なのでヒキブネの扱いには注意が必要です、これを撮るころは約半分がご臨終でした。

釣果22匹、最大23cm。21cm以上の良型が30%くらい混じりました、遡上アユはたくさんいるようなのでこれからさらに楽しめそうです。

 

      


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 賞品がユニーク、ご当地主催... | トップ | 南甘、自分には釣れん! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウラ之介)
2016-08-08 19:33:55
この渇水と連日の暑さでは、オトリ管理が大変ですよね。
ウラさん (ハミアト)
2016-08-08 23:03:54
暑い日が続きますね。
そーです、オトリの管理とわが身の管理が大切です。
「ぼけモンGO」の高齢者ですから(笑)

コメントを投稿

鮎釣り」カテゴリの最新記事