普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

日本の情報戦の戦略・韓国人に直接に訴えよう

2019-09-02 12:52:53 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 私は前回「日本に情報戦略はあるのか」に就いて投稿しましたが、素人にしても余りにも駄文のため表記のタイトルで同じ問題を書き直して見ました。
・安倍一次内閣の公約で情報機関の設置を言っていましたが何故か設置しないまま。
・安倍二次内閣時代(2012年代)に今話題になっている朴槿恵さんの「両国関係が新たに発展することを望む」が竹島問題では「領土・歴史に妥協しない」の発言で問題に成ったころの私の意見です。
・前安倍内閣時代の公約の情報機関の設置と、それを利用しての反日教育に染まった韓国の住民の間違った日本観の改善を図ること。
 つまり表向きでは日韓友好を進めながら、裏では韓国に情報戦を進めること。これに反対する人もいるかも知れないが、韓国民に正しい情報を伝えることは悪いことではなく、韓国側にとっても悪い方向になる訳ではない。 (強いて言えば国民の韓国政府への批判を反日で交わす今までの歴代大統領の政策に悪影響がでる位。)
 たまたま読売新聞の特集「日本の対外発信」に「歴史問題はまず英訳書」という現代史家の秦郁彦さんの文章が乗っていたので引用する。
・私は歴史家として日本の情報発信力の弱さを痛感してきた。
・その具体策は事実関係を客観的に記述した日本人の著作を英訳することだ。
・南京事件を詳細に知りたい外国人は中国系米国人の「ザ・レイプ・オブ・南京」という中国側の誇大な主張を読むしかない。
・同書に反論できるのは日本の専門家だが、千点を越える論文は全て「国内消費」ようだ。
・慰安婦や領土問題も似た状況だ。
・政府や一部有志は欧米で意見広告など出しているが、一方的な主張と見なされ信頼度が低い。
・だからこそ日本人の書いた総括的な著作を英訳することが必要だ。
・英訳に関しては読みやすく、学術的な著作を選ぶ。
・日本に不利な情報も含め、事実関係や論争が客観的に記述されていることが大事だ。
・優秀な翻訳者を選び、海外の一流出版社から刊行すること。
・領土や歴史問題はぼやのうちに消し止めることが重用だ。
・南京事件や慰安婦のように大火事になってしまえば消火は大変だ。
・当時の私の意見
私は秦さんの意見に全面的に賛成だ。
 これなら今日の話題の韓国問題の解決に関しても、今までの政府の反日教育で育った韓国民の人達も、日本が統治時代からいかに韓国に貢献してきたか、慰安婦問題も残念ながら日本の対応のまずさからいかに曲げて伝えられてきたのか知るだろう。
 そして秦さんの意見を実行するとしたら、いやするべきなのは日本政府の役割だ。
 そのためにも安倍さんの言う主張する外交のための情報機関の設置、少なくとも(秦さんの言う英訳だけでなくて韓国語訳も使った)日本が不得意の情報戦の開始は絶対に必要だ。
 表では手を握り、裏では韓国民に正確な情報を伝える。
 それが日本政府の対韓国政策の中心となるべきであり、対中国に就いても同じ政策を取るべきだと思う。

 2012年に上記の文章を書いてもう7年が立ちましたが、現代史家の秦郁彦さんの提言を活かされぬまま。日本の反日韓国への対応は7年前と同じ韓国への抗議の繰り返し。然も左翼の文政権のおかげで韓国のGSOMIAの一方的な離脱。後は米国の韓国に対する非難に頼る他ない日本。野党から韓国への抗議だけで一歩もも進まない政府への批判も提言も有りません。
その打開策は秦郁彦さんの提言のように、自分達の主張や立場に拘る韓国政府の責任者またはその応援団向けでなく、常識の備わった韓国民への情報の提供です。
 報道によると韓国へ訪れる日本人が特に不快な思いをした人は殆ど無いそうです。
 最近の週刊新潮などによると「反日民族主義」と言う韓国批判ともとれる本が、韓国で他のノンフィクションの本を大きく引き離して9万部も売れているそうです。反日の国から日本に来た若い韓国の人が正直で親切で優しい日本人を見て政府の言うことと実際が違うと気づきだしたのかも知れません。それに気付いたのか反日の人は「反安倍」を言いだしているそうです。
 昨日のフジ系のMRサンデーでも韓国人の中で日本人に理解を示す人が増えていることを報道していました。
 然し現実は前記のように日本政府は7年前のそのまま韓国の対応に正式に抗議をするだけてお終い。韓国の政府の関係者がそれを受け入れたら自分達の将来に関わるので握り潰し、日本政府の抗議の趣旨は韓国民に伝わらぬままの繰り返し。
 安倍応援団の言論誌も韓国批判を繰り返していますが、井の中の蛙で韓国政府に届かず彼らにとって痛くも痒くもありません。
 秦さんか書かれたように日本に取って拙いところも含めて正しい情報を韓国語か英語で、また秦さんの言われてる学術的なものに加えて、百田尚樹さんのユーモアを交えた如何に日本が韓国発展のために貢献したかを書いた「今こそ韓国にあやまろう」の翻訳も韓国の人達にすんなり入ると思うのですが。
 改めて書きますが韓国政府向けでなくて、韓国人、特に将来を担う若い人達にに読んで貰えばきっと大き影響があると思うのですが。 
 費用に関しては筋論から言えば政府に言えばきっと出すと思うのですが、それが駄目なら言論誌が合同または単独、またはクラウドファンディンクで経費を出されては如何でしょうか。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「他人の句の拙い所は直ぐ判る」 | トップ | 川柳くろがね吟社紹介「ライ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鞆烏)
2019-09-03 19:18:03
消された記事にコメントさせていただいてたのですが、失礼な事を書き込んでしまっていましたでしょうか。

もしそうでしたら、大変申し訳ございませんでした。

コメントを投稿

政策、社会情勢」カテゴリの最新記事