普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

貴乃花問題に就いて

2018-01-06 11:39:44 | スポーツ
 戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。もし宜しければ是非ご一読の上、趣旨にご賛成ならお手数ですが拡散をお願いします。
 日馬富士暴行問題に就いて一応の決着が着きました。
・日馬富士は50万円の罰金
・彼の親方は降格
・貴乃花親方も降格
 これに就いては読売新聞は肯定的評価。協会批判の朝日、毎日系のテレビは(具体的に何処が悪いと言わぬが)体制の攻撃、被害者、加害者に対する不公平な結論だと批判。産経系のテレビは何故か社外秘の筈の「貴乃花文書」を持った元危機管理委員長の協会批判と協会支持の女性リポーターとの討論、と各親会社のテレビらしい報道姿勢。
 私は「貴ノ岩の相撲人生を狂わせかけている?貴乃花親方」で概略次のように書きました。
・日馬富士の暴行問題で被害を受けた貴ノ岩が可哀相と言いながら彼の立場に誰も触れないのでその点から問題を考えて見た。事件の後で握手した後で日馬富士・貴ノ岩の両者の関係をこのままにしていたら日馬富士批判に終わり、相撲界のあり方に論議が集中するが、自分を傷つけた先輩を立てた貴ノ岩は褒められ、福岡県の医師の診断書通りに土俵に復帰出来たし、悪くても一場所休場で済んだかも。現実は貴乃花親方から悪く言えば軟禁状態にされ、外部との接触が絶たれ、公に言いたいことを言えなくなった。然も貴乃花親方は貴ノ岩のための休場届けも出さぬと言う規則違反をした。旭鷲山さんが貴ノ岩と電話したとき話ぶりが普通の人と変わっていたと言う話、貴乃花側でも体と精神面の不具合に関する診断書を出すために医者を探している?と言う話。相撲協会の幹部としても、彼の責任ではないが、何度もの規則違反をした不運な彼に特別扱いはできないだろう。
 貴ノ岩としては早く土俵に戻って今の地位を保ちたい。また彼としては日馬富士とも和解をしていたことを発表したい。然しそれを拒む貴乃花親方?親方の意志に反することをすれば、部屋にはいられない。そうかと言って他の部屋に入ることは大相撲を辞めるしかない。そしてモンゴルに帰れば彼に対する謂われない批判。しかし彼の貴乃花親方への恩義。貴ノ岩本人の立場になればこれで精神状態がおかしくなるのは当然。

「私の意見」
 現実は私が心配したように貴ノ岩の幕下陥落はほぼ確実?と言う最悪の結果。
 協会批判のテレビは細かい事実は批判するが、協会やそれを取り巻く各種委員会の本質的な何処が悪いかを具体的にあげて批判しないので具体的に何に問題があるか判らないまま。あれだけの時間をかけ、繰り返し放送したのに。
 現実は貴乃花親方は何を改革したいのか協会か土俵上の取り組みのあり方か、週刊誌の記事から部分的に知るだけ。
 私の意見の正否、適否は判りませんが、テレビ関係者はニュースソースは週刊文春、同新潮など他のメディアに頼っているので、せめて私の推測以上の報道や解説が出来ぬのでしょうか。
 貴乃花親方の処置で良かったのは警察に告訴したことだけ。
 拙かったのは彼の手続きをせずに、弟子の貴ノ岩の幕下陥落は必至?それとも大義のために弟子の犠牲には眼を瞑ったのか?
 改革をしたいのなら先ず相手方からケチを付けられ、足をひつぱられないよう、いくら自分の主張に都合が悪くても規則をキッチリ護るのは常識。彼を支持するタニマチの中には「贔屓の引き倒し」でなく実業界で活躍する常識的な考えを持つ人も居るはずなので、私ども外野でも直ぐ気づく彼の拙い所はキチンと彼に伝えるべきだったと思うのですが。 テレビも前記のような何故か元危機管理委員長も知っている貴乃花文書の内容をスクープし、彼が考える体制改革の実情、モンゴル力士を初めとする土俵の戦いのあり方何処を直したいかのか基本的で具体的な意見を流すべきだと思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 川柳鑑賞「若者よ銭は額の汗... | トップ | 川柳鑑賞「推敲が少し足りな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事