普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

中国の金融・経済の危機と日本

2008-12-29 15:51:09 | 国際社会

 私のブログを訪問された方でお気づきになった方もおられると思いますが、米国を除いては、他のブログのように殆ど外国の批判をしたことがありません。
 今日は中国のことを書いて見たいと思いますが、色々と無知な点が多いと思いますが皆様のアドバイスをお願いいたします。

[中国の脅威]
 もう20年前になりますが、現役時代にシンガポールに単身赴任したことがあります。
 そこはご存知のように同国は社会主義政党の一党支配の国です。
 だから日本人から見ると、いくらも首を捻る運営もありましたが、中国系人中心の政府の実利的な市場中心主義的な経済運営、商売上手な中国人、英語が子供の出世に有利と判ると家庭でも中国語を捨てて、英語を使う中国人などを見てきました。
 そしてもし中国がシンガポールの真似をして、共産主義と市場中心主義を上手く組み合わせて行けば、日本に取っても脅威的存在になると、余計な心配をしていました。
 その後、私が心配したように小平さんが市場主義経済を導入し、その結果日本の最大の競争相手になりました。
 今、日本を悩ましている非正規社員の問題も、中国の台頭に伴う日本の競争力の低下に悩んだ企業が労働者派遣法の制定を政府に請求したことから始まりました。

[中国の政策の失敗?]
 その中国も今回の金融・経済危機→輸出の減少で混乱しているようです。
 然し中国は出来る対策があります、いや有りました。
 日本でも輸出減少の対策として内需の拡大が叫ばれていますが、既に品物が溢れていること、少子化に加えて非正規社員の離職者の激増で上手く行きそうにはありません。
 然し中国では膨大な人口の国民を持ち、金がありさえすれば購買意欲をそそるものが一杯あります。
 輸出から内需拡大などやろうと思えば出来ないのは、今までの政策に間違いとは言えないかも知れないが、問題があったからと思います。
 中国が忘れていた対策の手本は日本に有りました。
 日本は輸出で儲けた金を経済力の弱い層に廻し、ひと頃「国民層中流意識」を持つという諸外国から「理想的共産主義」と言う社会を持てた時期がありましか。
 もう一つの手本は経済発展の成果を国民全体に回してきたシンガポールでした。
 詰まり市場主義経済で潤ってきた財政を、国民全体を潤すように配分すべきだったのです。
 そして正に理想的な共産主義社会を作るべきだったのです。
 そして輸出ばかりに頼らずに内需の拡大もやって置くべきたったのです。

[日本の立場から中国]
 日本の立場も考えて言えば、反日教育で国民を纏めるより、国民を潤すことで政府に対する求心力をます効果が大きいと思います。
 国内に大きなマーケットを作る事は、日本だけでなくて韓国や東南アジアの諸国にもためにもなることであり、中国に取っても(日本とともに)にアジアの中心勢力になることが出来ると思います。
 この転換は今では遅過ぎるかも知れませんが、日本などより早くできると思います。
 何しろ一党独裁の国ですから、やろうと思えば直ぐ出来る国ですから、そして国内の潜在的な需要は無限に近い程ある国ですから。
 日本政府としては、今度の金融・経済危機に日本のためにもアジアのためにも中国とこの点についても話し合あべき時期だと思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
政治ブログランキングへ
政治ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« また点数を稼いだ共産党と点... | トップ | 大荒れの予感?の自民党と麻... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (里香)
2008-12-29 22:32:17
トウ小平が唱えていた「先富論」。経済が発展した沿岸部がまず最初に富を蓄積して、しかる後にその富を内陸部に廻して行こう、という考え方だそうです。
いまだ十分に富が蓄積されないために、内陸部には分配されず、経済格差ばかりが大きくなったのでしょうか?
では、いつになったらそれが達成されるのでしょう?
トウ氏の計画はうまく行かないようです。
先日中国インターネット上で民主化要求「08憲章」が発表されました。署名した知識人たちが逮捕拘束されていると聞きました。
天安門事件から20年。中国指導者は経済発展と軍事大国化の為に内陸部(漢族以外)の人民を犠牲にしてきました。チベット、ウイグルなどは勿論、そのほか多くの地方で(最近はついに北京でも)大規模な暴動が頻発しているそうです。
しかし海外メディアには情報遮断しているからあまり伝わらないのでしょう。
内需拡大は一に民主化に掛かっているのではないでしょうか?
しかし、難しいですね。あまりに国土が広く、一党独裁ではあっても、地方政権の既得権益と人民解放軍の軍管区の権力構造が絡み合い、共産党中央にも手が出せない状態であるとも聞きます。
人民解放軍は中国の「国軍」ではなく、あくまでも「共産党」の軍隊なのですね。
これは「軍は国土国民を守る」のではなく、「軍は党を守る」ことを意味します。
つまり共産党員以外は守らない。
中国の経済自由化、政治の民主化は、この人民解放軍がネックになっているのかも知れません。
経済不況 (ペガサス)
2009-01-03 02:10:30
 現在の経済はユダヤ人が発展させて来ました。つまり戦争で稼ぎお金でお金を生むシステムの事ですが、現在の資本主義の欠点が経済破綻を招いたと思います、日本はアメリカの植民地だと言う事は冷静な見方をすると分かるはずです、また日本は官僚支配です、例えば分別ごみを強要しても環境省で廃棄物処理機の開発を止める様に規制をしています、つまり分別したごみを処理する新しい機械を拒み既存の機械業者を保護している為、分別しても従来の方法で処理する仕組みです。つまり新しい良い技術は規制して癒着している業者を進める方式です、これでは良い技術は海外に流れます。しかし中国は違います良い技術を取り入れます、今後アメリカと滅ぶか、独立国家として世界の中心なるか、みなさんで方向を正しませんか。

コメントを投稿

国際社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

台湾「元少年工の証言」2 (博士の独り言)
「大和魂」を持って   記者ノート2008年 台湾少年工の大和魂  「この道が宿舎から工場までの通勤路。みんなで軍歌を歌いながら約20...