普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

亡国の安倍政権の移民政策?

2018-10-17 11:06:20 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でもお互いに世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 文芸春秋の最近号に「安倍政権の最大の失政・亡国の移民政策」と言う記事が載っていました。
 内容は溢れる移民を抱える日本の問題点を多方面から取り上げていました。その問題の大きさは少子化問題に関連して移民の増加とそれに伴う問題を2006年から書いてきた私も良く判ります。確かに最近の報道でも安倍さんは「優秀な労働者を限定して」移民の増加を図っています。
 著者はその対策として
・今までのような物づくり中心では行き詰まること。
・(今までの自民党の政策である)優秀な人を入れること。
・移民を一定の職種に絞り教育してきたドイツと韓国に倣え
と書いています。
 対策はこれだけで解決する?これで安倍さんの亡国の移民政策?
 一番肝心なのには文春は何故この移民が増えてきたかの理由を書いていないことです。
「私の意見」
 10年まえの2008年にに出された前川リポートの概要です。
・年率2%の成長を維持するために女性や高齢者などを積極的に活用
・少子高齢化問題を放置すれば、今後10年間で労働力人口が約400万人減少し、経済成長率は1%程度まで低下すると指摘
・1.3前後で低迷している合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子供の人数に近い推計値)を、10年間で1.8程度まで引き上げる数値目標も盛り込んだ。
 詰まり
・10年前に前川レポートが少子高齢化問題を放置で労働人口の減少を予測していたこと、それに関して移民導入の可否が問題になっていました。
 現実は10年間で合計特殊出生率1.8の増加政策の失敗
 詰まり、端的に言えば10年前からの民主党を含む歴代政権の人口増加政策の失敗または無策が現在文春が取り上げている移民問題を起こしているのです。
 文春の言葉を使えば歴代政権の「亡国の人口問題の失政」です。
 私はその報告に関連して次のようなことを書きました。

・高齢者の活用
 年金収入を考慮した低賃金の高齢者の活用による企業のコスト減、生き甲斐をもった高齢者の健康増進→医療費削減など大きな効果が期待出来る。
・少子化問題
 少子化問題も、経済問題だけでなく、年金問題の将来、子供社会の喪失→社会訓練の出来ない無い子供の起こす諸問題、外国人労働者の導入に伴う日本社会の混乱など、多くの深刻な問題を含んでいる。
然し少子化の一番の問題は一番の当事者の女性の考え方の問題だ。何故なら専業主婦かキャリヤーで生きるか、またその両立、「育児より自分の生活優先」の若い人達が増えていることなど、出生率増加には当面の関係者の若い女性の基本的の個人の価値観のあり方について誰もどうすることが出来ないからだ。そんな時期に閣僚の「女性は産む機械だ」の暴言で、この微妙なそして重要な若い女性の問題に与野党とも触れないまま。だから少子化が止めども無く進んで来たのだ。

 私は安倍さんが万難を排して、フランスに倣って子供が生まれるごとに手当てを出したら良いと思うのですが。
 そのためにはフランスやシンガポールのなどの国の様に形は変わっても高福祉高負担にしなければ、現在の日本のように千兆を越す借金で何も出来なると思います。詰まり文春の言う様に移民だらけの国、民族間の紛争、救いようのない貧富の格差など島国日本が経験したことのない米国並みの国になると思います。米国並みと書きましたが同国は白人と黒人の紛争の多発、貧富の格差は当然視、大金持ちの寄付の文化があるのにそれの無い日本はどうなるのでしょう。来年度の所得税増税に多くの例外を設けて批判されていますが、少子高齢化対策などのためと国民に説明して例外なしにしては。
 移民問題を提起した方たち、それを取り上げた文藝春秋の編集者へお願い。日本人が限りなくゼロに近づく現状に就いて問題を提起し、それに具体的な対策を持たない安倍政権を批判されては如何でしょうか。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 軽すぎる「世界」の原発反対論 | トップ | 前月号鑑賞「爺ちゃんに生き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政策、社会情勢」カテゴリの最新記事