普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

「吟社くろがね」紹介「傘たたむせめて余韻がある内に」

2019-02-28 12:41:24 | 川柳
川柳くろがね」2月号より
前月号鑑賞 石神 紅雀 選評
「読み聞かせ猫は欠伸をしてもよい」  山崎 蘭草
 聞かされているのだろう。つまらなくても欠伸もできないと、猫にかぶせて言っている。上手いなぁ。

「飼い犬に家族の順位つけられる」    阿部 文彦
 私は犬も猫も嫌いなのに、我が家の犬は私が一番好きらしい。理由は餌をくれるから。犬も現金だ。

「たとえばの話にめくじらを立てる」   時津 みつこ
 それは図星だから。もっと上手に、気付かれないように例えなければ。チコちゃん、めくじらって何?

「聞きながら領きながらすぐ忘れ」    志岐 けい子
 お人好しのけい子さん。聞いてあげるだけでいいのです。いちいち覚えていたら身が持たないですよ。

「傘たたむせめて余韻がある内に」    松村 草葉
 なんて美しい句だろう。大切なもの、愛しいものが終わろうとしている。せめて余韻を傘に閉じ込める。

「点線のままであなたに追いて行く」   中川あき子
 点線とは何だろう。何となく中途半端な思いのままで、それでも失いたくなくて追いかける。女心。

くろがね大賞作家吟詠
          黒川 孤遊

川柳は人間を「吐く」
 川柳は詠むのか吐くのか。最近は「吐く」を耳にすることは減ったが「吐く」が正解のような気がする。短歌・俳句に比べると川柳は人間を吐さだすことに存在意義がある。吐き出す言葉に苦しみながら人間を吐こう、ではないか。
 わたしへの拍手はひとり母だった
 くるくると模索しながら花は散る
 平成がトトロのバスで去って行く
 アドリブで生きて来られた首撫でる
 縄文杉の梢で時間とめている
 思いっきり泣いて脳内の浄化
 ほんとうの私みるならこの眼鏡
 青春の呻きを詰めた桐の箱
 かなしみを嚙むと子骨が砕け散る
 天皇のポケットからも出る辞表 


第57回北九州芸術祭川柳大会のご案内
期  日 平成31年4月14日(日)9時30分 開場
場  所 ウエルとばた(JR戸畑駅そば)2F
課題と選者(各題2句)出句締め切り11時30分 開会13時
「仕 切 る」  北九州  青木 ゆたか 選
「異   常」  糟 屋  中村 鈴女  選
「おしゃべり」  大 川  渡遺 桂太  選
「  脇  」  北九州  唐鎌 美鶴  選
「まるまる 」  熊 本  黒川 孤遊  選
「パ ー ト」  福 岡  萩原 奈津子 選
「明   白」  中 間  古谷 龍太郎 選
会費 2,000円(参加賞・発表誌呈)
 賞   順位賞・各題秀句賞・投句者賞
欠席投句 4cmX21cmの句箋に各1句記入(無記名)
投句料  1、000円(発表誌呈)4月10日必着
    住所・氏名(ふりがな)を明記して下さい
投句先  〒801-0882 北九州市門司区清見2-3-3
     高橋久仁子 宛 TEL&FAX O93-332-0483
主管   北九州川柳家連盟

上野十七八・石橋睦朗
第47回句碑まつり川柳大会のご案内

日 時 2019年5月19(日)9時30分開場
   出句締切11時30分 開会13時
会場 八幡西生涯学習センタ-折尾分館
   北九州市八挿西区北鷹見町13-10
   JR折尾駅東口・オリオンプラザ4F
課題と選者(各題2句)
 「ときめき」太宰府  小池 一恵  選
 「節目」  北九州  安川 聖  選
 「スリル」 糟屋   河野 成子  選
「重ねる」 福岡   小川 清隆  選
 「限界」  吉野ケ里 真島 久美子 選
 「越える」 福岡   石田 酎  選
 「ぶらり」 中間   古谷 龍太郎 選
会費    2000円(弁当および発表誌呈)
賞    順位賞・各題秀句賞・投句者賞
欠席投句 4cm×21cmの句箋に各-句・計14句(無記名)
     封筒に住所・氏名(ふりなが)を明紀下さい
投句料  1000円、5月10日(金)消印有効
投句先  〒806-0051 北九州市八幡西区東鳴水2-13-20 大塚郁子宛
     Tel&Fax 093-645-2898
主催   川柳くろがね吟社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 小・中学校のいじめを如何に... | トップ | 川柳「カート牽く老夫しだい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

川柳」カテゴリの最新記事