普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

日韓の通貨融通(スワップ)枠の拡大と日本

2011-10-20 20:10:53 | 外交・安全保障
人気ブログランキングへ
日韓 通貨融通枠の拡大で一致
 韓国を訪れている野田総理大臣は、李明博大統領と共同で記者会見を行い、通貨ウォンの下落が続いていることを受けて、両国の間でドルや円などの通貨を融通し合う枠組みについて、今の5倍以上のおよそ5兆4000億円に拡大し、金融市場の安定を図ることで合意したことを発表した。
 両首脳はそろって記者会見を行い、野田総理大臣は通貨の供給について「金融市場の安定の確保が重要で、通貨スワップについて拡充することで合意した。投資家が金融市場に安心感を持ち、市場の安定化がなされることを確信している。」と述べ、李明博大統領は「歴史を忘れず、未来に向かうことが韓日関係の根幹だ」と述べた。

 これに就いては、日本が今韓国に手を貸す時期かとか、そのやり方などに批判があると思いますが、私はこのような批判については他のブログなどを見て頂くとして、私は次のような問題に絞って考えて見たいと思います。
[日本は投機資金の横暴を警戒すべき]
 これに就いてネット上で 「韓国は、ヘッジファンドの攻撃対象になってるのか」という08年10月のQ&Aを見つけました。
・ヘッジファンドは、弱った国、足元が磐石でない国の通貨に空売りをかけますが、
韓国もその攻撃の対象になってるのか?
 韓国も外貨準備を使って、ヘッジファンドの攻撃を撃退するのか?

と言う質問に対しての回答です。
・もちろんヘッジファンドの攻撃対象になってる。
・背景には97年の通貨危機と似たような(あるいは上回る)状況があるからだ。
・(08年の)韓国の外貨準備高は、97年の通貨危機の時よりも実際の外貨準備高が少ないのと同じだ。(当時はそれでも5000億円分はあった所にIMFや日本から総額6兆円もの融資を受けた)
 この先韓国のドルの残高が回復できるかの見通しだが、このところ貿易赤字となっており、新しくドルが積み上がっては来ない。外国人投資家の投資資金の逃げ足も加速しており、ウォン売りの圧力が依然高水準だ。
 ヘッジファンドは取れるところからは取ろうと今必死だから、この状況ではさらに売りを仕掛けてくるだろうから、ウォンにとっては脅威だ。

 NHKの解説を見るとウオンが暴落状態なので、現在の外貨準備高も危機的な状態になっているのかも知れません。
 今朝のテレ朝を見ていると、解説者がギリシャ危機に関して、米国にベースを置く投機資金が足腰の弱いギリシャに狙いを定めて、一儲けしょうとしているのも一因だ。彼らの次のターゲットはEU、次は中国だ。日本はドル依存だから多分狙われないだろうと、米国の陰謀だと言わん限りの穿った説明をしていました。
 97年の東アジアの金融危機はヘッジファンドの攻撃と言うのが定説になっています。
 私はTPP問題に就いて書いた時も、素人の直感で単純労働者の導入とともに米国の言う金融・投資に就いては反対すべきだと書きました。
 私は投機資金が世界各国の統制の効かないところまで膨張して、諸外国のコントロール出来ないまで膨れ上がって今、米国の陰謀かどうか判りませんが、もしTPP論議に参加するなら、米国の言う金融、投資など慎重に構えて、彼らの言いなりに絶対にならぬようにすべきだと改めて思います。
[韓国こそ正しい歴史を学べ]
 もう一つ気になったのは、 李明博大統領の「歴史を忘れず、未来に向かうことが韓日関係の根幹だ」のー発言です。
 報道に依れば、前原さんの言った慰安婦基金の再開のことを言ったのだと解説しています。
 これに就いては読売新聞はその社説の慰安婦基金構想 日韓関係を“後退”させないかで、
・国交正常化の際の協定で、請求権問題は完全かつ最終的に解決されたとして、賠償はすべて終わったとする国家間の約束が日韓間には存在する。
・93年の河野官房長官談話には、日本の官憲が組織的、強制的に女性を慰安婦にしたかのような記述があり、誤解を広めた。だが、こうした事実を裏付ける資料は存在しなかったのである。
・河野談話を“根拠”に設立されたのがアジア女性基金だったが、韓国政府も慰安婦も受け取りを拒否した。
・こうした韓国に、歴史を正しく踏まえた対応が必要だ。

と批判しています。
 正に日本も韓国も、大統領の発言のように正しい歴史は何か、そしてそれが両国の未来に向かう根幹となると思います。
 韓国は今までの偏った反日教育を見直し、日本の良かったところ、悪かったところを公平、正確に見直すべきです。
 そしてその事を日本政府も強硬にもしくはやんわりと、しかししっかりと申し入れるべきです。
 韓国併合も国連も認めた国際法にも違反しない行為だった。
 韓国側が言う日本政府の収奪は誤りだったと言うことは、戦後日本に続いて復興したのは、香港、シンガポールとかって日本が占領していた韓国と台湾だと言うことを見れずすぐ判ることです。
インフラの整備、日本企業が残した工場群、そして日本政府による教育で優れた人達があったからこそ、すぐに復興できたのは、もしそうでなかったらを考えればすぐ判ることです。
 そして現在の韓国を支えている、造船、電子機器産業、さらにKポップまで、勿論韓国人の努力もあるが、みな日本のノウハウを吸収したものであること。
 そして前回の韓国の金融危機への日本の協力、そして今回の援助の約束。
 そのような事実をそのまま認めるのが今後の日韓友好の絆となる筈です。
[韓国人はもっとプライドを持て]
 私が何時も言うことですが、韓国も同じ日本占領下の今北朝鮮と違ってそれなりの努力で、発展して来ました。
 そして日本国内にも、帰化した人達を含む韓国人の中にはソフトバンクの孫さんはじめ、日本で活躍している多くの人達がいます。
 何か過去のことを出汁にして(それも無い事を在るようにして)何かあれば何でもしてもらう、要求すると言うのがいかに卑しく恥ずかしいことであるかを知るべきです。
 プライドのある韓国人なら戦後半世紀にもなり三世から四世にもなろうと言う時に在日の朝鮮人だけが得ている在留特権をそろそろ返還しようと考えるのは当然です。
 今日見た「週刊ポスト」では”「何でも韓国起源」と言い張る困った隣人の珍妙な論理”と言う記事が出ていました。
 韓国人はもっと自分たちが何に優れ、何に問題があるかを知るべきです。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 日本経済の不思議 | トップ | 農林水産業強化を目指す基本... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (誠に残念ながら)
2011-10-21 14:07:11
まあ、世の中上手くできてるもんでして。
ここまで各国金融諸氏期間の皆々様が、ワールドワイドでやらかすと、HF自体もやりにくくは
なってるもんです。
唯でさえ、レバをかけづらくなってるところに
(つまり売り仕掛けし難い)
そんな博打を、打つ所に莫大な金を融資する銀行が少なくなって居ますので・・・
そんな所に金を回すくらいなら、自分たちのやらかした尻拭いをするのが先ですわ・・・
国際法で戦犯宣告された者を米国に忠誠を誓うことで国内法で無罪にした結果 (小泉が郵政民営化法案を可決して保守層が最貧困層になった)
2011-10-24 13:32:22
 オバマ米大統領が21日、米韓など三つの自由貿易協定(FTA)の実施法案に署名、米側の批准手続きを終えたことで、
米国の通商政策面での焦点は環太平洋連携協定(TPP)交渉に移る。こうした中、オバマ政権内では、日本が11月のアジア
太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議までにTPP交渉参加を決定できるかどうかを野田佳彦首相の手腕を見極める
試金石と位置付ける動きも強まっている。

 オバマ大統領は9月下旬に行われた野田首相との首脳会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などとともに、
TPPについても日米間の重要課題として取り上げた。

 これに関し、ワシントンの外交専門家は、日本がTPP交渉への参加を表明するかどうかは、米国にとって直ちに政治的、経済的
な影響をもたらすものではないものの、米政権が野田首相の実行力を値踏みする材料になると指摘。「オバマ政権内には鳩山、
菅両政権と比べて野田政権に期待する声が強いが、それでも公言したことを実行できるかどうか懐疑的な見方は多い」と語った。

 オバマ大統領は就任以来、常に中国を通商交渉の中心に据えてきた。米中戦略・経済対話などを通じ貿易関係の強化を図る
一方で、米韓FTAや、シンガポール、ベトナムなどが参加するTPP交渉によって対中包囲網の形成にも余念がなく、日本がこの
枠組みへ参加を表明するかどうかの政治的な意味合いは少なくない。

 一方で、通商交渉の現場では、日本が国内での意見集約が中途半端な形で交渉参加を表明しても、「ただでさえ複雑な交渉
がさらに混乱をきたすとの懸念は強い」(グリーン・元国家安全保障会議アジア上級部長)のも事実。米国際貿易委員会(ITC)の
アジア担当の幹部も取材に対し「日本の準備ができたとしても、現在交渉中の9カ国が日本の参加を認めるまでには公式な手続き
がある」とした上で、「(関税撤廃の除外項目など)抜け道を考えるべきではない」とくぎを刺した。

ソース(時事通信) http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011102200288

コメントを投稿

外交・安全保障」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ドM外交 (三四郎の日々)
野田首相が韓国訪問から帰ってきた。内政問題山積の折、わざわざ韓国までいって何の仕事をしたのかと思えば、またぞろ韓国支援の約束だけしてきたようだ(時事電子版)。 >野田佳彦首相は19日、ソウルの青瓦台(大統領府)で、韓国の李明博大統領と会談した。両首脳は...