普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

川柳「貧乏人旅の恥またかき捨てる」

2019-06-20 12:45:14 | 川柳
 現役のときの海外出張の際の飛行機はエコノミー、ホテルはビジネスクラスが普通ですが、成り行きで時に高級のホテルに泊まることも有ります。その時に困るのが食事。最初に給仕がぶどう酒の瓶の栓を抜き私のコップに注ぎOK?と訊きます。酒の美味い拙いも判らず、拙いなど言えば貧乏人のさがでその瓶の処理がどうなるかと思ってgoodと言うことに。次に困るのが卵の料理法を訊かれること。ゆで卵(ボイルド・エッグ)と言えば何分間(ハウ・ロング?)かと訊かれ、卵焼き(フライド・エッグ)と言えば黄身を上に(サニイ・サイド・アップ)するか下にするか訊かれます。それから以後は何も訊かれない炒り卵(スクランブルド・エッグ)専門にしました。
 これは私の責任ではないのですが、会社指定のイランの定宿でのもたつき。その世話をした日本人の係員が私の申し込みをするのに「本人の名前で」申し込みをしていたので、ホテル側は私を泊めれば後に来る係員が泊まる部屋がなくなると夜中まで大揉め。結局、私が「もし彼が来れば自分がホールで寝るから」と宣言してやっと決着。
国際協力事業団(JICA)の課長とブラジル行きの飛行機に乗った時の話。彼の待遇に合わせたのか生まれて始めての上位のクラスの部屋と料理。寝る時は椅子が略平行近くになるのでゆっくり安眠。問題は起床して椅子がどうしても元に戻らない!そのような時クラスで慣れていれば隣の客やスチュアーデスにどうすれば良いか訊けるのに、詰まらぬ貧乏人の見栄でそのまま、結局足をあげたままで朝の食事をする羽目になりました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 川柳くろがね吟社紹介「負け... | トップ | 野党は維新の党の成功に学んだら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

川柳」カテゴリの最新記事