普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

九電のやらせメールの問題・新聞週間に寄せて

2011-10-15 16:35:04 | 情報、マスコミ
人気ブログランキングへ
読売新聞へ
 今朝の読売の朝刊は新聞週間とやらで、自画自賛の記事が溢れていました。
 新聞も売らねばならぬので、これも致し方ないと思いますが、出来れば今の新聞の抱えている問題に就いても書かれていればさらに新聞の信頼性が高まると思うのですが。
 新聞の信頼性に就いて私の考えたことを纏めて見ました。
 最初に私のお世辞です。
[新聞の読み方]
・朝日新聞:自社の主張に拘った報道をする。そのため朝日は報道は勿論、投稿欄でも自社の主張に反するものは原則として載せない。
 だから全情報とも朝日の主張を考慮しながら読む。
・毎日新聞は朝日ほどないが、頼り無いので、他社に比べて詳しい情報があったときに、自分なりの判断で情報を利用する。
・産経新聞は反民主、保守の傾向が強いのでその積りで読む。
・読売新聞は他社に比して比較的中立の立場で余り心配せずに読める。
 但し会長の渡邉恒雄さんが政治的な動きを始めた時は、その報道や社説はその積りで読む。
[九電のやらせメールの問題]
 然しその読売新聞にも他の新聞と同様に一般国民から見ておかしいところがあります。
 その一例ですが今朝の一面トップの「九電「やらせ」最終報告」経産相、再検討要求を示唆、第三者委員長「まやかしだ」」の記事です。
 これに就いてネット上に出た意見です。
 九州玄海原発再稼動問題で、九州電力が地元テレビでの再開の有無を問う番組に、関係者の稼動再開を求めるメ-ルを投稿したと言う問題。さも、重大犯罪の如く報道されているのだが、こんなメ-ルや賛成の声なんてのを今までどこでも支持者を動員してやっていたのは、左翼活動勢力ではなかったのか。それを、電力会社が、自分達の意見として再稼動に賛同のメ-ルを送ったからといって鬼の首をとったがごとくバッシングしている、その反原発運動を主導している左翼団体ではなかったのか。
 私はメール問題に限って言えば、しっかりした新聞なら、「九電はどこの誰とも判らない人達が、一人で何通も書く可能性があるようなあやふやメールで意見を募集するのを止めるべきだ」と報道に注記を入れる位の識見を持つべきだと思うのですが。
 枝野さんの「公益企業のガバナンスとしてあり得るのか、大変深刻な問題だ」との発言を紹介していますが、それより深刻なのは、読売も度々主張しているように、原発問題の取り扱い如何により、産業の空洞化、雇用の減少など日本経済に大きな影響を与えることです。 (なお地域の説明会での九電社員動員の問題もありますが、同じような理由と環境で行われたので省略します。)
 玄海原発再開に関して一般の人達が考える報道の重要度の順で言えば、
1.玄海原発の再稼働の技術的の要件を満たしているか?
  福島第一と玄海の違いは?
2.地域の人達の了解を得られるか?
3.そのための九電が地域の人達の信頼を得ているか
4.その点で言えば今回の「やらせメール」は困ったものだ
くらいだと思います。
 然し原発反対の人達の一部の国の将来は二の次の考えの人達から言えば、「やらせメール」問題を全国一の販売量の新聞の1面に持って来させたことは、大成功となるでしょう。
 そしてこのことが原因で玄海原発が動かぬことになれば御の字。
 然し日本としては唯でさえ、経済の低迷で苦しんでいるところに、電力の問題で基幹産業の海外流出ということになります。
[新聞報道の傾向]
 今の新聞の全体の傾向としては、
・左派または左翼のデモや、政府・大企業側の問題の言動は報道するが、左翼の問題の言動や、政府・大企業の正しい言動はあまりしない
・日教組(最近で言えば教科書採択問題で教育委員会への圧力行動)、部落解放同盟、宗教特に大きな宗教団体、所謂市民団体と称する人達、在日韓国人などの言動、公営ギャンブルより酷いパチンコ屋の問題などなどは殆ど報道されていません。
当然のように今日取り上げた「やらせ」問題でも所謂左翼の人達の動きも全く無視されています。
[原発問題に就いての新聞の責任]
 読売の今日の社説では、原発問題の報道に就いて触れていますが、大新聞として是非追求して貰いたいのは、
・同じ被害に遭って女川、福島第二が助かったのに、福島第一だけが何故事故を起こしたか
・福島第一の事故の直接原因(事故発生以後のトラブルの原因でなくて)の追求 (原発で事故が起きたら総てお終いと考えるべきで、政府の事故原因調査委員会の事故後の調査の動きは全くおかしい。)
・事故の直接原因となった緊急電源装置は福島第二では原子炉建屋に置いたのに、第一では何故タービン建屋に置かれたままになったのか、その対案は検討されたのか
・東京電力の事故隠蔽の体質(*注記参照)
・IAEA報告書で「絶えざる検査方式とその結果に対するアップデイトが必要」と指摘されているが、福島第一でこれが行われたか否か
などです。
 これこそ大新聞として出来るし、やらねばならない前向きの検証だと思うのですが。
 
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

FC2政治ブログへ


*注記:福島第一で原子炉容器の耐圧検査漏洩のとき、国の検査時空気を注入して漏洩を隠した。柏崎刈羽では故障した非常用冷却装置のモーターが正常に見えるよう制御室の表示灯を工作(読売新聞より)
これって、九電の「やらせメール」より遥かに悪質だと思いませんか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« TPP論議の不思議 | トップ | 改めてTPP問題論議に就い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報、マスコミ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

「デモ」報道に見る偏向スタンス (三四郎の日々)
NYで「格差反対」を叫んでいた若者中心のデモが話題になったが、これが「世界各地に拡大」し東京でも「都内各地」で「100人ほど」づつ集まり、デモが行われたという(朝日電子版)。 >経済格差に抗議したり、脱原発を主張したりする人たちの集まり、「オキュパイ・ト...