普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

教育基本法改正案について(3)

2006-05-25 10:08:43 | 教育問題

<<日本は愛するに足りる国か>>

昔、1年半くらいシンガポールにいたことがありました。

同国は事実上の一党独裁の国ですから、そこの英字紙は政府の機関紙みたいなものですが、投書欄に日本に旅した人や居住していた人から、日本人の正直さ、親切なこと、夜どこに行っても安全なことなどの投書が良く出ていましたが、日本人として少しばかり誇らしく感じたこともありました。

もっとも、回転寿司をハイテクの設備と言った報道には参りましたが。

シンガポール政府は国民の教育のために、これらの投書を載せたのと思いますが、外国人から見ても日本にも良い所がいくつもあるのです。

<<日本を公平に見ない日本人>>

それに対して、その頃から盛んになり始めた海外旅行から帰ってきた、多くの日本人が「やはり日本は良い国だ」と言うのを、ある日本のテレビの(二流の?)ニュース・キャスターが、[日本良いとこ症候群]と揶揄したのを聞いてすっかり嫌いになりました。

何故日本が良かったらいけないのですかね。何故日本を真っ直ぐに、公平に見ることが出来ないのですかね。

!!!日本がかわいそう!!!

<<バランスの取れた教育>>

シンガポール政府の主力を構成している中国系の人たちは、非常に実利的な人たちですから、上のような日本寄りの報道をしているだけではありません。

建国記念日には日本兵が、倒れているシンガポールの人たちを、踏みつけて突進するデモンストレーションをしたり、高校全入の日本を批判して、生徒の成績比較から、実質的な実力は自国のほうが日本の高校よのはより遥かに上だとテレビで首相が演説をしたりしていました。 

日本の教育でも、日本を愛せよと教えるのでなく、日本の良い所、直すべき悪い所、他国の日本より優れている所など、バランス良く教え、話し合いをして、生徒たちに日本をもっと良く判って貰うようにすれば良いと思います。

とにかく今まではアジア諸国の人たちに気兼ねしてか、あまりにも日本の良い所を教えなさ過ぎていたのです。マスコミが政府を攻撃したり、暗いニュースを報道しているが、公平に見れば日本もまんざら捨てた国ではないことを、生徒たちが知り、日本人としてのブライドや国を愛する心も生まれるかも知れません。

これくらいなら共産党や社会党からも文句は出ないと思います。 まさか日本人がプライドを持つことは戦争に繋がると言ってまだ反対するのし゜ゃないでしょうね。

[他人ごとのように日本をけなす人]


(May 19, 23投稿参照)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 教育基本法改正案について(2) | トップ | 川柳 老いのため息-1 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックのお知らせ (ki-1920(井上勝也))
2006-06-15 12:11:51
只今あなたのブログにトラックバックをさせて頂きました。

拝見して興味に共通点があるように思いましたので。

よろしくお願いします。

コメントを投稿

教育問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

ノーベル賞の側面 (井上勝也のじじ雑学ブログ)
前回の記事で アンモニア合成技術が完成 したのは1913年前後、と書きました。ドイツが第一次世界大戦(1914-18)開始に踏み切ったのは、この日を待ってのことだったと言われることがあります。アンモニアとそれを白金触媒を用いて空気で酸化した硝酸 ...