普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

日本人であることに誇りを持っていますか?それとも

2007-12-29 11:47:16 | 日々雑感

 読売新聞の記事の中で、「国家の品格」の著者の藤原正彦さんが、「親日派の日本人を育てよ」と言う文章を書いていた。
 その中で本を読まない学生の多いことに嘆いた藤原さんは基礎ゼミの中で、明治初期の新渡戸さんの「武士道」、内村さんの「代表的日本人」などの古典を学生に読ませ討論させることで、彼らの持つ紋切り型の価値観に気づかせ、日本に誇れるものは何もないと思っている学生から「親日派の日本人」を増やしたいと活動しているそうだ。

 無党派を自称する私としては藤原さんの言葉を借りれば、その先に「知日派の日本人」の育成が先決だと思う。

 このブログを書く前に一般の人達はどう思っているかと思って、「日本」「誇り」で検索してみると「Hatena::Question」の「日本人であることに誇りを持っていますか?それとも恥と思っていますか?また、その理由は?」
の資料を見つけた。

 それには24人の人が回答を寄せていた。
 その中で数えて見ると、完全にまたはどちらかと言えば、誇りを持っている人 14人、誇りも持っているが恥と感じている人 4人、恥と感じている人 4人、誇りや恥など関係ない 2人だった。
 そこで気がついたのは現在海外にいる人や過去何度も外国に行った人の全てが誇りを持つと返答していることだ。

[誇りを持つまたは恥と感じる理由]
注記:
・理由は複数回答
・前の二者の回答には、誇りを持つ理由と恥と感じている理由の両方を挙げてている人も多かったのに対して恥と感じている人は誇りを持つ理由を書いた人はいなかった。
・項目は私が適当に纏めている

誇りを持つ理由
 日本独自の文化 5名、技術力 5名、日本の歴史 4名、日本語 3名、欧米を除く唯一の先進工業国 3名、美しい自然 3名、控えめなどの日本人の性格 2名、勤勉さ 2名、恥の文化を持つ 2名。
器用さ、海外への援助や貢献、サービス精神、行き届いた教育、外国人から信用、日本食、武士道、外国に比べれば日本の方が良い、日本人はどの国の相手に対しても対等な立場で付き合うが各1名。

 私の延べ4年の海外での技術援助や約15年の海外技術員の研修で得た経験から言えば、前記の他に日本人の正直さ、親切、思いやり、優れた管理技術やチームワークなどの評価が高かった。

恥かしいと思う理由
 日本の政治や外交、米国追随 6名、日本歴史のを公平に見ないこと 3名、国内外のことへの無関心さ 2名、外国にたいしてはっきりものを言わない 2名。
 
歴史の汚点を排除、白人へは劣等感有色人種へは優越感をもつ、自己中心、日本の良い所がない、自然の破壊しての開発、何でも金で解決するやり方、日本人の癖に日本人であることを恥と思うこと 各1名。
 この中には、全くそうだと思っている人と、それに対して「どげんかせないかん」と思っている人の回答が混じっている。

どちらでもない理由
 自分個人と日本は関係ない 2名
 内1名は(日本人としては)日本が評価されるように努力すべきと言う意見だったが、他の1名は自分は偶然に日本に生れたでけで、日本は日本、自分は自分でと日本は関係ないと言う考えだ。

[日本と日本人]
・自分と日本は関係ないと考えている人には驚いた。
 私たちは偶然に日本に生れたとしても、日本人の親から何らかの影響を受け、日本の学校で教育され、多分日本の会社や官庁で働いているに違いない。
 私たちは好むと好まざるに関わらず、完全に日本人として大きくなってきたのだ。
 そして彼は外国の人達からは日本人として見られていることを忘れている。

[物事には全て二面性がある]
・日本は外交下手で私を含む多くの人達が不満を持っている。
 然しそのお蔭で日本は世界一信頼されている国と世論調査で出ている。
 何故なら、日本は世界に貢献する一方で西欧諸国のように何も見返りを持たないからだ。
 このように何事にも二面性を持っている。

・日本人の会社への忠誠心→自主的な改善活動→優れた技術力で世界に伸びて来た、一方で会社への忠誠心が今問題になっている数々の偽装や賞味期限改竄などの不祥事を産んだ。

・私の持論だが日本は「済みません」の文化を持っている。
 慰安婦問題では、謝れば韓国の間がうまく行くと思って、謝ったためにこの問題に対する非難決議が世界に拡散してしまった。
 一方製品のクレームに対しては、「済みません」と直ぐに対応し、改善につなげた結果が優れたトヨタの自動車や松下、ソニーの電機製品を生んでいる。
 その逆が過去の三菱自動車だ。

[日本の歴史から日本のことをもっと知ろう]
 歴史でもそうだ。
・鎖国は外国からの侵略を防ぎ、日本独自の文化を産んだ一方、近代産業の発展から遅れた。

・日本の軍国主義が二次大戦を引き起しアジヤ各国に大きな損失を与えた。
 これはどのような理屈を付けても言い訳が出来ない歴史上の大きな汚点だが、日本が米国、英国、オランダと戦ったことが全世界の植民地開放の少なくとも引き金になったのは事実だ。

 私自分自身も含めて、日本人は日本人であることは変えられない以上もう少し日本のことを知るべきだ。
 そして、日本のやってきた良いこと、悪いことを学んで将来に活かすべきだと思う。
 その為の歴史は国粋主義や自虐思想に陥らぬようにありの儘を記すべきだと思う。

 そしてそれを見る一般の人も良いものは良い、悪いものは悪いとする公平な眼で見なければ何の役にもたたない。
 学校でも日本の過去やって来たことについて、良いこと悪いこと、それに対して将来どう考えるべきかまで生徒に考えさせ、教えるべきだ。
  公立の学校で時々日の丸、君が代が問題になるが、そんな事で不毛な法廷闘争する前に何故軍国主義が生れたかを教えるべきだ。
   詰まり政治の停滞が一因であることが判れば今の時代にもそのまま直ぐに役立つ。
   このような考え方が前向きで生産的だと思う

 私は藤原さんの「親日派の日本人」は理想だが、少なくとも日本のことの良し悪しも知っている「知日派の日本人」が増えてるくるのを願っている。

[外国人に対して恥をかかないために]
 私は日本人としての誇れることはないと思っている人がいても仕方がないと思う。
 日本は民主主義の国だから。
 然し、少なくとも個人としての誇りは持っているべきだ。
 その誇りを忘れた人達が前記のような数々の偽装、賞味期限の改竄などを引き起こしている。

 誇りを持てない日本人を外国人が尊敬するだろうか。
 それでも良いと言う人もいるかも知れない。

 然し、最小限、日本の良い所と悪いところ位はしっかり掴んでいて貰いたい。
 何故なら外国人から日本の話しが出たときに、日本の批判ばかりで、日本の良い所は何もないなど言ったら、その本人自身が完全に馬鹿にされるのは間違いないと思う。

 今はグローバル化の時代だ。
 外国人と話す機会は皆持っている。
 そんな時に恥を書かないためにも是非日本のことをもっと勉強して置く必要があると思う。


このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
人気ブログランキングへ
政治ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 徳育の教科化に反対する中教審 | トップ | 政治を牛耳るマスコミ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (ドリ)
2007-12-29 16:27:48
わたくしは40代のまだ、ほんの小僧でございます

だらだらと趣味的グログを書いております

ネットの海を泳ぐうちにこちらに流れ着きました

とても心に響く内容につい拳に力が入ります

じっくりと読まさせていただきたいと思います。
Unknown (無党派A)
2007-12-30 22:02:56
ドリさん、コメントを頂きまして有り難うございます。
今後ともご助言とサポートをお願い致します。

コメントを投稿

日々雑感」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

2007年ブログ生活を振り返って 【3】 自公惨敗元年 (らんきーブログ)
人気ブログランキング ←リンク先の友好ブログにもクリックの応援お願いいたしま~す。  今日でひとまず仕事納めの予定です。 しかし自営業者に真の休みは無い(笑) いよいよ...
いやな年でしたね (訳わからん このシャバは)
【筆者記】 あと3日で「偽」の平成17年が終わろうとしています。 皆さんにとってこの「偽年」はどんな年だったでしょうか。 子供が親を殺し、親が子を殺す、過酷な自然の中で生きるためには残虐性を持つしかない動物すらこのようなことはしない。 キリマンジャロの裾野に...
保護費「不正受給」一考 (博士の独り言)
改善すべき「不正受給」を生む体質 不正受給額、5年で1.7倍 06年度県内、生活保護費  徳島県内の二〇〇六年度の生活保護費の不正受給額は約五千六百万円に上り、この五年間で...
子供の捜索願い (喜八ログ)
複数の方から回ってきた「捜索願い」情報です。なにはともあれ、私(喜八)も協力します!
薬害肝炎の法案骨子が決まるも、引っかかってしまうこと+東京大賞典 (日本がアブナイ!)
【昨夜からブログが異常に重くて、自分でもなかなか開かない状況 に。もしアクセス・TBでご迷惑をかけていたら、すみませんm(__)m】 最新の記事一覧・・・11月分はコチラ、12月分はコチラ   東京は、昨夜から冷たい雨が降っている。    今日29日に...
パキスタンの悲劇 第1章「ブット暗殺の衝撃」 (米流時評)
    ||| ベナジル・ブット暗殺の衝撃 ||| パキスタン人が現地で伝える「ベナジル・ブット暗殺」の悲報と衝撃 父親は処刑、弟は謎の事故死と毒殺、悲劇のブット家最後のヒロイン 2007年12月27日 | アディル・ナジャム/Pakistaniat.com | 『米流時評』ysbee...