普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

石原都知事が嘆く若者気質

2010-05-03 15:59:22 | 政策、社会情勢

  産経新聞に石原慎太郎さんに寄る【日本よ】「当節、若者気質」と言う文章が寄せられています。
・大学の入学式で来賓の挨拶のとき、若い司会者が学生に起立させるが礼をさせないこと。
大学の入学式に大勢の父兄が同伴してくること
 石原さんのときは卒業式の時に母親が自ら「『お前のような者をよくぞ卒業させていただいた』という感謝のつもりで出てきたが、入学式に父兄同伴などという現象は皆無だった
・子供の成人式にも大勢の父兄がつめかける
 気鋭な精神病学者、斎藤環氏にいわせれば、学問的にいえば現代日本での成人は、せいぜい三十一歳ということだが。一度その理由を国家としての関心で質す必要がありそうだ
・『一人で学生食堂にいけぬ学生』という主題で、そんな学生の多くはトイレの中で密かに一人で食事をすますという。その理由は、食堂で一緒に食事する友達がいないと馬鹿にされる、それが恥ずかしい、だからますます孤独になるという悪循環だとか。
・特に新入生はなかなか友達が出来ず、それが進んでいくとひきこもり、閉じこもりとなり、さらには休学、中退ともなるそうな。哀れ、気の毒というよりも馬鹿々々しい話で、こうした現象の根底にあるものは何かと疑いたくなるが、答えは自明で、要するに当節の若者のひ弱さというよりない
 大衆の中にあっても場合によっては、なぜ堂々と一人切りでいられないのか。家庭から一歩出れば他者とのさまざまな相剋があり得るのであって、そこでの抵抗力を家庭が培わせないからこのざまになる。
 子供の耐性を培うのは親の責任であって、今日多くの親が子供をただ甘やかせ子供に媚びることで実は子供を根本的に損なっているとしかいいようがない。
 この豊穣な便利な文明の中でそれに溺れて子供に我慢を強いなかった無責任な親たちが子弟の脳幹を発達させず、基本的にひ弱な『子供大人』を育てたところにある。
 加えて現代文明の便宜さは子供たちに過剰な情報を安易に与えてしまう。それは何かのはずみにたわわな実を実らせ過ぎてしまったリンゴの木のようなもので、過剰に情報を収った大脳は肝心の脳幹が育っていないと、強い風が吹くと実りすぎたリンゴの実の重さに耐えかねて幹の細い木そのものが折れてしまう。
 この国の将来のために、強いしたたかな若者たちを一体どうやって蘇らせたらいいのだろうか


[私の経験]
 私の場合は小学校の入学式には母親から連れていって貰った記憶がありますが、それ以外高等小学校、工業学校、就職して専門学校、短大と夜学へ行きましたが、入学式、卒業式、授業参観など父母が学校に来た事はありませんし、他の生徒も学生も皆同じでした。
 その理由は他の人のことは判りませんが、私の家の場合は簡単でした。
 つまり当時は子沢山、そして炊事、洗濯、掃除など全て手仕事、そして私の家の場合はそれに加えて内職。
 悪く言えば親は子どものことに一々かまっておられないと言うことだったと思います。
 私など親代わりの七つ違いの姉には随分迷惑をかけたようです。 (姉から銭湯に連れて行って貰った時、めそめそ泣いて姉を困らせて、知らぬ小母さんから叱られた記憶が今でも残っています。姉と一緒に入ったので女湯ですから私の二つ位のとき、それから数えると姉が九才のころでしょう。だからいまでも姉には頭があがりません。)
 私も物心ついたころから、六つ下の弟をおぶったり、家事の手伝いをするなどは当然のことでした。
 親達がかまってくれないので、子どもたち間でもよその子の世話をしながら遊ぶのが普通で、その間自然に子ども社会のルールを学びました。

[私の感想]
 石原さんの言うように大学生の入学式、卒業式への大勢の父兄の同席が目立ち始めたのはごく最近のことのようです。
 少子化が進んで、子どもに眼が届き易くなり、家事の機械化で大幅に主婦の手間が省け、その余裕の時間を子どもの世話をするのは当然だと思いますので今のご時世の批判をする積りは全くありません。
 またこれから共稼ぎが増え、企業内の競争が激化し、企業内の母親の地位があがるなどすれば、また大学生への入学式、卒業式への参加が減るかも知れません。 (その一方、親達子供の世話ができない穴埋めとして子供の望むものを何でも与えるようになるのでしょう。)
 そして石原さんの言うように、物や情報が溢れ、貧困化が進み始めたといってもまだ昔や途上国に比べれば、未だ豊かな国で、子ども達を甘やかせずに育てることが難しいような気がします。
 しかし昔の貧乏な時代から今の豊かな時代の双方を経験した私から見れば、
・一日中こまねずみのように働く母親の背中を見ながら育ったこと
・子ども社会で喧嘩しながらもお互いに助け合って遊んだこと
・貧乏な生活で我慢するのは当然と言うか、そんなものだと思っていたこと
・テレビは勿論ラジオさえ珍しかった時代で、家で(大人向けを含む)雑誌や当時流行っていた講談本の乱読したこと 
・情報に飢えていた時代で、学校の授業が面白く集中できたので家で殆ど勉強しなくても学校の授業に就いて行けたこと(今になって考えると記憶力旺盛な子ども時代の乱読や、学校の授業で受けた情報が如何に多くそして今でも残っているかに驚きます。)
などなど今の私に与えた影響の大きさに気付きます。
 勿論、昔の貧乏な時代に戻る訳にもいかず(私を含む心配性の人達はその可能性もあるかも知れないと言っていますが) 、今の時代に石原さんの言うような子どもを如何に育てるかは、全てに豊かな環境や、父兄本人の持つ価値観もあり大変難しい時代と思います。
  然し一度は、戦前、戦争直後の貧乏な時代に立ち返ってみることも、少しは今後の暮らしのヒント位にはなるような気がします。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します

政治・人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 自民党の党内改革の道は? | トップ | 改憲論と政治の責任 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
365アンケート「鳩山内閣は総辞職すべきですか?」集計結果 (愛信)
2010-05-03 20:37:04

http://www.hokkaido-365.com/news/2010/05/post-983.html

365アンケートは、4月25日から5月2日までの1週間、「鳩山内閣
は総辞職すべきですか?」のテーマで実施しました。 
「正直、衆院選で民主党に投票したことを後悔しています。テレビに
騙された!!」

"必要なし"は、わずか3.8%、その理由はこのまま続けて選挙で
民主党は大敗北してほしい。

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
Unknown (あむら)
2010-05-03 20:50:00
「高速道路無料化は矛盾している」
モバイルコンテンツを提供するビジュアルワークスは、女子中高生1021人に「民主党政権」に対する意識調査を2009年9月9日から15日にかけて行った。

女子中高生が今、もっとも気になる政治テーマは「景気対策」で41%。「お小遣いが減った」「外食する回数が減った」といった理由だ。次に多かったのは「教育問題」で22%。自分に関わりのあることに関心があるようだ。

一方、「民主党政権を支持しますか?」には、66%が「支持しない」と答えている。その理由は、

「温室効果ガスを25%削減すると言っているのに高速道路無料化は矛盾している」
「鳩山さんも小沢さんも色々と問題があるのにそれを説明しないのはおかしい」
「どうせ票集めの無謀なマニフェストだから、結局半分も実現しない」
というもの。

「大勝したのは他に入れる政党がなかっただけ」
「何も期待できない」
「アメリカに楯突くのはやめてほしい」
という批判も多かった。
以上

こういう若者もいます。

メディアに騙された おじさん おばさん
反省しましょうね。
子供の気質 (オハイオより)
2010-05-03 22:18:25
確かに日本の現在の若者のひ弱ささと危険さには目を覆いたくなるものがあります。
しかしいつの世もそういう子供たちを作ったのは大人だということです。私はアメリカ居住で、豊かな国ですが、若者の自立心は今なお旺盛です。18歳になれば、ほぼ全員家から出て行きます。たとえ大学が家から近くても、寮に入る子供がほとんどです。就職して、家から弁当を親に作ってもらって、会社に行くなどということはまずありません。それは自立が大事だということを豊かな時代になっても、忘れずに社会、親が実行しているということです。また、日本も各親、祖父母がその気になれば出来るはずです。
私は50歳ですが、子供を攻める前に今の親、祖父母の世代の大人自身が攻められるべきだと思います。今の日本は高度成長時代のシステム、郷愁からの脱却なしには将来はないと思います。70歳以上の政治家、実業家の成功体験はわかりますが、いまのこの世の中や若者を作った反省なしには日本は取り残されるのみと思います。
Unknown (永山修一)
2011-03-25 17:30:10
石原都知事の「子供の成人式に父兄が付き添うのはおかしい」との発言、ちょっと待ってくれと言いたいです。
お酒を飲んで騒いだりするからだかも知れません。でも、お酒を飲んで騒ぐ人だけとは限りません。身体障害者や知的障害者はどうするのでしょうか。
もし、その発言に障害者が含まれていたら厳重に抗議したいと思います。
また、都民の皆さん、こんなことを言う都知事のことをどう思いますか。選挙のときは石原慎太郎に投票しないでください。
Unknown (永山修一)
2011-03-25 17:36:38
この発言を,もし裕次郎さんが存命ならば「障害者はどうするんだ、兄貴は余計なことを言うな」といいます。
Unknown (永山修一)
2011-03-30 17:03:24
「民主党にだまされた」よくそんなことがいえたものですね。
高速道路無料化は確かに民主党はマニフェストに書きました。でも、そんなことになったら、自家用車でのドライブが増え、空気が汚れて1970年代の自動車排ガス公害問題のようなことがまた起きるでしょう。
高速道路無料化は国民から批判を浴びた政策です。民主党の人も頭は悪くないから1970年代の自動車排ガス公害問題のことは知っていると思います。でも、こんなことが起きると「いらんことを公約にあげるからこうなるんだ」と言われかねません。
自民党政権は国民から批判を受けてもやったものは消費税導入や、障害者自立支援法などです。
私は決して民主党を弁護しているわけではありません。民主党は国民から批判を浴びたものはやらないという考えです。

コメントを投稿

政策、社会情勢」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

南部の悪夢 (三四郎の日々)
米国ルイジアナ州沖の海底油田採掘施設の爆発事故では最悪日量400万リットルの原油が流出している可能性があるらしい(時事電子版)。これを受けてメキシコ湾岸沿いの南部4州は非常事態宣言を発した模様だ(時事電子版)。 >米南部ルイジアナ州沖の石油採掘施設の爆発...
佐高信さんの「小沢フリチン説」 (はみ出し教師の考え)
 先週、『西部邁・佐高信の学問のすゝめ(朝日ニュースター)』という番組を見た。  この番組は、西部邁・佐高信氏が毎回1冊の本を取り上げて、それについて論じる、という内容である。  その時は小沢一郎さんの「日本改造計画」という本を取り上げていたが、本につい...
改憲に賛成の国民が、どんどん減少。but、「何が何でも」と中曽根&推進派 (日本がアブナイ!)
  これはお休み1回のちょっと短めの記事です。 最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。   今日は、63回目の憲法記念日だ。(~~)   もしかしたら、この10年ぐらい・・・特にブログを始...