普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

川柳くろがね吟社紹介「例えばの話はいつも聞き流す」

2019-06-01 12:24:07 | 川柳
川柳くろがねhttp://www.nissenkyou.or.jp/map/40fukuoka/kurogane.html5月号より
前月号鑑賞 小川 清隆 選評
「例えばの話はいつも聞き流す」     山下 華子
 国会でも、仮定の話にはコメント出来ません、大臣答弁がある。「以て」「れば」の話に乗るととんでもないことになる。聞き流すことが大事、これも賢い処世術。

「わだかまり流して洒を酌み交わす」   樫根 わ子
 蟠りを流して洒を酌むのか。酌み交わして蟠りを流すのか、和解のための酒は飲みすぎてかえって溝を深くすることが多い。洒にはご用心、簡単に蟠りは流せない。

「歩かねば歩かねばとの杖の音」     林田 律子
 百歳を目標に今日もー万歩。健康を維持するためにはウォーキングが良い。それも速歩に限る。一万歩が無理なら一日30分でも良い。無理をしないで。ウォーキングにはノルデック用ストックが良い、音からか に歩こう。

「親孝行何にも勝る子の笑顔」      野西うさぎ
 心配をさせてくれない親不孝もある。これも親としては実感だろう。「笑顔で夫婦睦まじく暮らすのが何よりも親孝行」と短冊に書いて恵子夫婦に渡したことがある。

「丸い月今宵李白になれそうだ」     阿部 文彦
 李白の静夜思。林前看月光、疑是地上霜、挙頭望山月、低頭思故郷、詩人になれそうだ。

 火花抄 各地句会報より        
       師井 キヨ子 選

人類は地球の命締めてる  あやめ
今日の幸ごご先祖さまの積もる汗  ひさ子
雪が降る妻を大事にせよと降る  山彦
再会のむかしばなしが笑い出す  しずえ
嘘つけば喉に小骨が突き刺さる  いっこう 
ヒロシマの後押しもする力-プ女子  蘭草
雨が好きもう一雨で春だから  修一
足の裏もんで明日へゴーサイン  幹子
良き人生十五の春は泣いたけど   みよ子
活きの良い魚を前に出刃を研ぐ   ヒサ工
老妻を少女に戻す花の店     澄雄
コメント   この記事についてブログを書く
« 最近の世論調査で思うこと | トップ | サービス産業従業員へ心ない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

川柳」カテゴリの最新記事