普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

何やってるの自民党と民主党?

2008-11-19 10:29:14 | 民主党

[民主党のどたばた劇]
 最近の民主党の動きは何時ものこととは言え首を捻るばかりだ。
・民主党は当初、衆院の早期解散を目指し、新テロ特措法改正案の迅速な審議を主張
・麻生さんの解散が先送り示唆にたいして、一転して慎重審議に変更したが、「いたずらに審議の引き延ばしはしない」と明言
・麻生・小沢会談物別れ
・17日、民主党執行部は小沢さんの指示に従い、衆参両院で審議拒否する方針を固めた
・共産党と社民党は民主党の方針に反対
・17日夜、党の方針について衆院側から異論が出てため、夜の幹部協議で新テロ法と金融機能強化法の両改正案に限り採決に応じない方針にとどめるよう変更
・18日、民主党は新テロ対策特別措置法改正案を審議している参院の外交防衛委員会など6委員会で審議を拒否
・与党から衆議院で審議しているのに、参議院で何故拒否するのかと抗議
 ・17日夜の幹部協議で両改正案に限り採決に応じない方針にとどめるよう変更したことが参院の各委員会理事に伝えられていなかったためと判明、参院でも審議参加に変更
・民主党参院議員には「参院だけ悪者にして、衆院はいい子ぶっている」との不満

[小沢さんの方針についての批判] (黒字き私の意見と注記)
 この小沢さんの方針について早速読売がその社説で噛みついた。
 私もほぼ同意見なのでその概要を纏めてみた。
・「テロとの戦い」の継続や国際金融危機への対処は、今の日本の最優先課題だ。これを政局の具にしようとするのか。
・参院で重要法案の採決を徹底的に拒否するという「政局至上主義」の復活だ。
・小沢代表は給油活動継続のための新テロ対策特別措置法改正案について、18日に委員会採決するという与野党合意を一方的に反古にした。
・金融機関に公的資金を予防的に注入するための金融機能強化法改正案の採決も拒否する方針だ。
・外交・安全保障にかかわる法案や、一刻も早い対応が迫られる金融機能強化は、補正予算案とは別の問題である。当然、切り離して処理するのが筋だ。
採決日程を覆したうえ、徹底して審議を引き延ばすなど、政局一辺倒の小沢代表の手法は、共産、社民の両野党までが批判している。(社民党にしては珍しくこれでポイントを稼いだ。)
・民主党が法案採決を先送りし続け、与党が30日までの国会会期の大幅延長で対抗すれば、越年した昨年の臨時国会と同様の不毛な対立が繰り返される
米国発の金融危機が拡大し、日本経済は景気後退局面に入った。本来、第2次補正予算案は早期に成立させるべきだ。
・定額給付金の支給方法などに問題はあっても、生活者や中小企業向けの追加景気対策は迅速に実行することが望ましい。
・小沢代表は、補正予算案に「賛成は多分できないが、結論を得ることは私自身の責任で約束する」と強調している。早期採決に応じる可能性をちらつかせている。
  前回のテロ特阻法と同様に、採決に応じて反対はするが、3分の2条項を使わせる余地を残し、日本を窮地に追い込まないようにすることで、民主党への批判を避ける戦術だ。 
・だが、民主党は今春、ガソリン税の暫定税率を維持する税制関連法案の採決に関し、衆参両院議長の斡旋による与野党合意を破棄した“前歴”がある。(第2次補正予算案の今国会提出に慎重なのは)政府・与党が小沢代表の発言を信用し切れないためだろう。

[自民党の本音]
  上記のように読売は自民党よりの社説を出しているが、自民党が本来は自党や麻生内閣の支持率向上に繋がる筈の第2次補正予算案の今国会提出に慎重なのは、それに含まれる定額給付金への批判を気にしているからだ。
 その理由は昨日も書いたが、一つは自民党自身の本音は定額給付金について消極的なことだ。
その理由は
定額給付金の前身の定額減税の案が与党から出たときから、識者からその経済効果が殆どないと批判されていた
・自民党は公明党から提案されたとき、同党に頼らざるを得ない自民党内事情で受け入れるしかなかった
・不本意ながら受け入れた同案についての詳細な検討がなされないまま、麻生さんが発表したが、党内から異論がでる、麻生さんの発言がふらつく
・野党から定額給付金の経済効果がないこと、2兆円も財源があるのなら、もっと効果がある所に回せとの批判、麻生さん発言の揺れ、党内からの異論続出については批判等に対して苦しい言い訳をするなどの醜態を見せれば、同法案の提出で折角の党や麻生内閣の支持率上昇どころか下落に繋がりかねない
・そしてこてんぱんに攻撃された後、読売の社説が指摘したように最後の最後になって参院で審議未了にされては堪らない

[自民・民主両党へ]
 民主党の動きに対して麻生さんは、国民に受け入れられやすい、新テロ対策特別措置法改正案や、金融機能強化法改正案の採決までは、国会会期延長や次期国会まで持ち込む構えを見せ、早期の国会解散を望んでいる民主党を困らせている。

 然し読売が指摘した様に、米国発の金融危機が拡大し、日本経済は景気後退局面に入っている今そんなことで、コップの中の争いをする時だろうか。
 この儘では日本の情勢は悪化するばかりだ。
 自民党も民主党も、もっと大きな立場に立って考え直す時が来ているのではないか。
 極端な話だが例えば、自民党は例え形勢不利でも国会解散に打って出るか、民主党も政府攻撃ばかりしないで、政権が転がり込んだときに、今の麻生内閣のように検討不十分なまま政策を出して、今度は野党に廻った自民党からつつかれないように、政策をもっと実行可能なものにするとかも考えて置く必要はないのか。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
政治ブログランキングへ
政治ブログへ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« オバマさんと麻生さん | トップ | 麻生さんの失言? »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2008-11-19 20:39:00
テロ特法案の期限切れは2009年1月15日である。
この法案は2008年10月21日に衆議院で可決しているのだから、2008年12月20日に憲法第59条第2項の既定で衆議院の2/3以上の再可決が出来るのである。
つまり、臨時国会の会期を延長すれば済む話であるのだ。延長には民主党も賛成しており、与党が延長を決めればすんなり延長となるのだ。
民主党は会期の延長のための戦略として、法案の採決を拒否しているに過ぎないだけであり、読売社説が言っている「安全保障を政局の具にするな」(=去年のような期限切れで給油が出来なくなること)の確率はゼロなのだから、意味不明な主張である。

要は与党は民主党の戦略にあっさりと負けを認めて、会期延長をするしかないのである。
優等生 (ろっし)
2008-11-19 23:05:51
(社民党にしては珍しくこれでポイントを稼いだ。)

大ヒットです。受けました(爆)

 最大の失敗は、与党政権を維持しないといけないとプレッシャーから国民本位、政策本位で無くなった事だと思います。

 やはり、優秀で真面目な人が多く、それが裏目に出たと思っています。優等生なんですよね。今までの伝統やレールに敷かれた人生。「野党転落=死」ぐらいの人達もいるのでは。逆に大物は、負けたらよい。世代交代して新しい自民党を作ればよい。4年後までには、必ず政権を取りかえすという考えの重鎮もいるでしょう。責任感が強く、最後まで責任政党であり、解散をしなかったのは共感です。政治的空白は、世界各国から笑われものです。

 記載文は、全くの同感です。金融再生化法は、与野党でそれほど違いはなく、経済界も求めています。景気の悪化を食い止める心理的要因として機能するはずです。テロ特は、反対して審議拒否も幼稚だが、許せる範囲内ですね。国会の無駄な延長も税金の無駄遣いですけどね。民主党の参議院議員は、給料貰って諸手当貰って、無駄な国会経費を使う。それでも政治家なのか?小沢代表の多数決の子飼か?そう思う今日この頃。

 テロ特、金融、第二次補正、予算が済めば、自民党も諦めをつけて、政権を渡す事になるでしょう。民主党政権、違う意味で楽しみです。ぼろぼろ問題が出てきそう。議員層が薄いので、大変だと思います。育成をする余裕も無いだろうし、経済界、官僚との冷え切った関係、元自民組と当選中堅クラスは、死ぬような思いをする事になるでしょう。野党の自民党は、国民にとってプラスでしょう。与党より知ってるんだから。
お邪魔します (作務)
2008-11-21 20:46:17
「テロとの戦い」の本質は何でしょう? 罪の無いイラクやアフガニスタンの民衆が、毎日アメリカ軍の攻撃で亡くなっているんですよ。戦災孤児が生まれているんですよ。そして、アメリカはなぜ、戦争を起こすか知っていますか?

因みに、産経と読売新聞は、特に情報操作をするメディアです。 ご忠告させてもらいます。

http://blog.goo.ne.jp/samu_one

宜しければ、私のブログのリンク 格差階級社会をなくそう をお読み下さい。
アメリカはなぜ戦争をするのか、詳しくお分かり頂けます。
少しの想像力があれば (一般市民)
2008-11-22 20:21:30
>作務殿

『大麻取締法』に反対するのは「テロリスト」でしょう。

あなたが「テロの本質」云々言うのは大爆笑ものです。

自分のblogに『大麻取締法』反対と堂々と記載するとは…

自分は反社会的人間だと宣言するようなものです。

コメントを投稿

民主党」カテゴリの最新記事