普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

学校現場の負担増と教育委員会

2007-12-22 12:09:47 | 教育改革、ゆとり教育

 予算要求シーズンとなって、改めて公立中小学校のあり方が問題になっている。

 文科省は中小学校の教師の負担増加解消の為に来年度から3年間で約2万1000人の教員定数増を要求しているが、財務省は財政難を理由に難色を示している。
 財務省は「教職員の勤務時間が、授業よりも会議などの事務的な業務に多く割かれている」と増員の前に事務の合理化や簡素化を進めるべきだと指摘するなど両者の間でバトルが始まっているそうだ。

 この動きに対して、文部省は産経新聞が教員の負担減を検討 週内にも事務削減PT発足-文科省  
で報じているように、
 学校現場の負担を軽減するため、文部科学省は13日、事務作業の削減を検討するプロジェクトチーム(PT)を週内にも発足させると発表した。教員が子供と接する時間をつくるとともに教員定数増に向けて自己努力をアピールするのがねらい。
 PTは、全国連合小学校長会や全国都道府県教育長協議会など6団体から推薦されたメンバーで構成。文科省が行う調査・統計や照会事務、地方教委と重複する調査などについて縮減、精選できるものを検討する。月内にも具体策を提言する予定。
そうだ。

[忙しい教師]
 教師の多忙化に関して、NHKは昨日のニュース解説のスタジオパーク「“先生の多忙化”解消は…」
で概略次のように説明している。
・教師の1か月あたりの残業時間が40年前の8時間から34時間へと4倍以上に増えている。
 その忙しい理由は次のような理由で教師が時間を取られている為だそうだ。
事務的な業務で、月に22時間
生徒指導で21時間
 (グラフによると40年前は生徒指導の時間は殆どゼロ近くだ。
 つまり昔は問題を起こす生徒が殆どいなかったのに、家庭の躾け不足や、誤った個性尊重の教育など数々の影響で、月平均21時間も生徒指導に当たらねばならぬ程学級の劣化が進んでいるのだ。)

授業準備で12時
 (これは昔のように集中力や忍耐力が減った児童へ如何に、面白可笑しく教えねばなくなったかを示している。
 その一方で、教師は教室での授業時間中教えっぱなしで、生徒の自学自習の習慣を奪っているのではないかと心配になる。
 詰まり学習のヒントを与えるだけで、読書や算数などの問題の解答とうの自習させる時間を取れば、それだけ教師の負担が取れることを意味するのだが、こんなことを言えば、時代遅れと言うことになるのかな。)

・今、問題の理不尽な保護者への対応の時間は、月に1時間増えただけだ
 (これは学校や学級によってのバラツキはあるが平均ではまだこれに取られる時間数は少ないのだろう。)
その一方では教師は
自主的な研修の時間で13時間
・休憩時間も8時間減った
そうだ。

[文科省の考えている事務作業の軽減]
・生徒指導などこどもたちと関わるところは削れない
・事務作業のうち国や教育委員会からの調査報告の依頼が多いことが指摘されてきした。 東京の民間人校長の一人が400枚に及ぶ書類の山を持ち込み、こんなに大量の文書が2~3か月の間に学校に送りつけられ、対応に振り回されていると指摘した。
・ある公立小学校に4月と5月の2か月間に届いた文書を書き出したものですが、2か月で321件。
1年間に届いた文書は最も多い学校は2000件の文書が届いた。
その内、国から70件、県の教育委員会から200件、市の教育委員会から800件、残りは校長会などの公的な団体や学会などからの文書だった。

[今後の課題]
・全国調査件数を減らす。
・調査の年間スケジュールを決めておき、時間に余裕を見込んで調査を依頼、夏休みなど仕事に余裕のある時期を選ぶ。
・文部科学省だけでなく、国のほかの役所から同じような調査が教育委員会とは別の窓口を通じて学校に届けられるのを防ぐ。
・現場に近い教育委員会や自治体からの調査を減らす。
・コンピューターを利用して紙のやりとりをを止める。
・教師の仕事をコンピューターを使って効率化する。

[私の考え]                                 
 個々の問題については、各項目の所で私の考えを書いたが、事務作業の削減については、私の学校事務の合理化を考えませんか 
を見て頂きたい。

 私が特に取り上げたいのは、学校が処理しなければならない年間2,000件の文書の半数の1,000件が県や市からの文書だと言うことだ。

 この数字から読み取れるのは、教育委員会が国からの指示を学校に配布し、それについての学校から報告を提出させ、それを元にしてまた学校に管理に付いての指示を出していることだ。

 そして事を複雑にしているのは国と考え方の全くことなる日教組が介在していることだ。国と違う考えを持つのは悪いことではないが、公務員としては自分の主張はともかく、国の規則や支持はある程度は従わないければ学校の運営に混乱をきたすのは当然だ。

 つまり今でも、教育委員会と教師たちの関係が必ずしもうまく行っていないか、または当時の対立の激しかったころの慣習が学校の出すレポートの増加と、何となく続いているような気がする。

教育医委員会の人は現場に出ろ
 私の提案は教育委員会が現場である学校に物理的に入って来て、出来るものの調査を自分ですることだ
 そうすれば、教育委員会の人達やその職員が学校の実情を肌で知ることが出来、学校の余分な仕事の一部を分担して学校の荷を減らす事が出来る。
 そして何よりも学校の教師の間に人間関係が生れて来て、従来の管理する側と管理される側の対立関係から、教育への同志との感情が生れて来る。

 これはに大きな障害がある。
 それは戦後から続いてきた、学校の密閉社会的な体質だ。
 然し今ではコミュニティーへの開かれた学校であることが盛んに言われている時代になった。

 そこで一歩進めて、教育委員会の関係者が学校の管理でなくて、学校運営に直接応援することだ。

 私はモンスターペアレンツ(理不尽な父兄)
でも書いたが、教育委員会と学校の協力の例として、理不尽な父兄への対応は教育委員会の人達が最初から対応に当たれば良いと思っている。

 詰まり教師から言わせれば、今までの学校や教師を管理するだけの教育委員会でなくて、教師を守ってくれることが判るだけでも、関係の改善はは大きく進むと思う。

 実は私の娘も小学校の教師だが、一度教育委員会のことについて聞いたことがあるが、鼻であしらわれた感じで、直ぐに話題を逸らされてしまった。
 つまり教育委員会は単に学校を管理する団体としか見られてないのだ。
 学校教育で相談など出来る相手ではないと言う訳だ。

 これからは教育委員会は学校教育改善の同志として、学校と協力して行くべきだと思う。
 その為に先ずその現場である学校にもっと頻繁に行くべきだと思う。


参照:
   カテゴリー → 教育問題

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
人気ブログランキングへ



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 地震の危機管理と地域再生 | トップ | 年金問題と毎日放送とNHK »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝 (今日)
2007-12-22 15:13:46
TB有難うございました。
こちらもTB致します。
TBありがとうございます。 (姫先生)
2007-12-22 21:25:33
こんにちは!すごくわかりやすくてロジカル・・そして、パッションを感じました。

時々、立ち寄らせてください!!
ありがとうございます。
Unknown (無党派A)
2007-12-26 12:24:45
姫先生さん、今後また教育問題に触れることも多いと思いますが、現場からの貴重なご助言とサポートをお願い致します。

コメントを投稿

教育改革、ゆとり教育」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

授業には準備が要る (日本の教育は、これでよいのかな)
「私も、教師と呼ばれ得る立場に立ちなり、大學で地方自治を教えています。授業を行う為には、何より、準備が大切です。1時間半の授業の為に、丸一日、調べものをする準備に費やす事もあります。準備が不十分な授業は、学生が不満を抱くにとどまらず、教える側の私にとっ...
声を上げる (日本の教育は、これでよいのかな)
「・・・今、教師に求められていることは、自分達にとって何が必要なのか具体的な声を上げることなのだと思います。『だまりは』をきめていては、いけません。・・・・」と、言っているのは、片山 善博氏(中央教育審議会臨時委員・慶応大学教授)です。(日本教育新聞・...
教育にもっと金をかけて (日本の教育は、これでよいのかな)
研究会で発達障害の子どもがいるクラスの事をその担任が、時々、話をされます。障害を持つ子・そうではない子にとって、最も、大切な事は、一人一人の子どもの実態をつかみ、その子たちの発達を保障する事です。そのためには、その度ごとに思うのですが、加配教員を入れて...
軍事ジャーナリストの神浦元彰さんの話し「SM3新型ミサイル実験成功は大本営発表で、防衛利権だ」12/20ニュースさかさメガネ。 (携帯版雑談日記(徒然なるままに、))
12/20(木)、TBSラジオのニュースさかさメガネ 『新型ミサイル実験成功で、日本の防衛は万全になったのか?』(約10分、mp3のポドキャスティング・インターネット放送)です。かなり参考になります。 「自Endポスターバナー作戦」遂行中!   代表的な検索エン...
社民党動画ニュース、結局社民のは見なくて、たどり着いたYouTubeネットカフェ難民のコンテンツをいくつかまとめてみました。 (携帯版雑談日記(徒然なるままに、))
 「自民党に続き、社民党が「YouTube日本版」にブランドチャンネル開設」という記事を読み、早速社民党動画ニュースチャンネルに 行ってみました。リンクを見てると要するにYouTubeサーフィンになってしまうのだが、入口が社民なのでそれなりのコンテンツに効率よくたど...
国政選挙で電子投票を導入するための改制案、衆院本会議可決(11日)、参院(12日)は委員会開くも、最後審議もめて一旦散会。 (携帯版雑談日記(徒然なるままに、))
 今日の参議院での審議を見たのだが、議員立法提案者・原田義昭(自由民主党・無所属会)のとぼけまくりと不誠実な答弁を見ていると、やはり自民党は「××」をやるつもりだな、と思いました。  なお、電子投票法の正式名称は「地方公共団体議会議員及び長の選挙電磁的記...
「米軍再編推進法による、札束で頬を叩くような国の自治体いじめを許すな」バナーを制作す。ささやかな連帯の挨拶代わりです。 (携帯版雑談日記(徒然なるままに、))
 米軍再編推進法については7月25日の沖縄タイムズ社説などで読み(ここ)、最近のエントリーでご紹介した中日新聞の記事でもあったので(ここ)、気になってました。  その箇所だけ引用しておきます。まず最初の沖縄タイムズ社説の部分、 西銘候補は沖合移動を主張...
創価「そろそろ決着」か (博士の独り言)
創価「そろそろ決着」か 民団中央団長に表明 創価学会原田会長 「参政権」決着へ支援  鄭進民団中央団長は19日、原田稔創価学会会長を表敬訪問し、在日韓国人の当面する問...
年金テロ、薬害テロ、そして老人テロ 【権力にしがみつく者たち】 (らんきーブログ)
人気ブログランキング ←リンク先のリベラル系ブログにクリック応援お願いいたしま~す。 ネット生活から離れると世の中の事が半分も見えないような気がしますね^^; 今年もあ...
左翼なみんなへ・・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
 クリスマスには毎年、何かお玉な話をすることを決めてますので・・  一つ告白しておくと、クリスチャン家庭で育ってはいますが、お玉は実はクリスマスは嫌いです。この時期に辛...
ザ・プーチン-1「ツァーリ・プーチンの居城へ」 (米流時評)
    ||| 独占会見 ツァーリの居城へ |||タイム誌「今年の人」特集・プーチン独占インタビューを完訳紹介 冷徹なるツァープーチンの私邸で知られざる側面にふれる独占会見 米国時間 12月19日 | アディ・イグナシアス/TIMEモスクワ支局 |『米流時評』ysbe...
税金→予算は、国民生活より米との軍事同盟を大切に→秋山1億受領を認めるなど (日本がアブナイ!)
【昨日は多数のクリックを有難うございました。m(__)m 薬害肝炎の 被害者を、国民の力でどうか後押しして下さい。・・・そして、国民の税金 を、政府が、本当に大切なことでなく、はトンデモない方向&ムダに 使わないように、しっかりウォッチするためにも、当ブログ...