普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

米韓FTAとTPP参加・日本は自国の立場を貫けるか

2011-10-29 12:21:57 | 経済・財政
人気ブログランキングへ
 ダイアモンド・オンラインで京都大学大学院工学研究科准教授の中野剛志さんが書いた米国丸儲けの米韓FTAからぜ日本は学ばないのか と言う論文を見ました。
 中野さんはTPP反対で有名な方で、ネット上で彼の意見に賛成、反対の意見が良くでています。
 私はTPP全体のことが判らないので、中立の立場でその概要を纏め勉強させて貰いました。 黒字は私の意見です。)
・米韓FTAが参考になるのはTPPが実質的には日米FTAだから 
 米韓FTAもTPPと同じように、関税の完全撤廃に加えて、金融、投資、政府調達、労働、環境など、広くカバーしている。 (私も米国政府さえまともにコントロール出来ない金融、投資は原則反対、政府調達、労働、環境など日本の政策に関するものは日本の意志は反映させるべきだと書いてきました。)
・韓国は無意味な関税撤廃の代償に環境基準など米国製品への適用緩和を飲まされた
 韓国が輸出できそうな工業製品についての米国の関税は、既に自動車は2.5%、テレビは5%程度しかない。しかも米国の2.5%の自動車関税の撤廃は、もし米国製自動車の販売や流通に深刻な影響を及ぼすと米国の企業が判断した場合は、無効になるという条件が付いている。 (日本は米国の条件を受け入れるのなら、日本も米国からの農産品の輸入についても同様の取り扱いをするとすべきと思います。)
 韓国は、排出量基準設定について米国の方式を導入するとともに、韓国に輸入される米国産自動車に対して課せられる排出ガス診断装置の装着義務や安全基準認証などについて、一定の義務を免除することになった。 (前述のように環境意識の強い日本では、そのような米国の要求を受け入れたら、国内で猛烈な反発が起きるでしょう。)
・コメの自由化は一時的に逃れても今後こじ開けられる可能性大 (日本としては当然予想すべきだし、それを恐れて農業団体が反対しています。後は日本政府の決断です。)
 農業協同組合や水産業協同組合、郵便局、信用金庫の提供する保険サービスは、米国の要求通り、協定の発効後、3年以内に一般の民間保険と同じ扱いになることが決まった。(私は金融、投資と同様にそれとよく似た性格をもつ保険サービスの米国化には反対です。)
・米韓FTAに忍ばされた、ラチェット規定やISD条項の怖さ  さらに米韓FTAには、いくつか恐ろしい仕掛けがある。
 その一つが、「ラチェット規定」だ。
 ラチェットとは、一方にしか動かない爪歯車を指す。ラチェット規定はすなわち、現状の自由化よりも後退を許さないという規定である。
 締約国が、後で何らかの事情により、市場開放をし過ぎたと思っても、規制を強化することが許されない規定なのだ。このラチェット規定が入っている分野をみると、例えば銀行、保険、法務、特許、会計、電力・ガス、宅配、電気通信、建設サービス、流通、高等教育、医療機器、航空輸送など多岐にわたる。どれも米国企業に有利な分野ばかりである。加えて、今後、韓国が他の国とFTAを締結した場合、その条件が米国に対する条件よりも有利な場合は、米国にも同じ条件を適用しなければならないという規定まで入れられた。 (前記のように金融、投資、保険などは対象に入れるのは反対、その他も日本はギブ・アンド・テイクの立場を堅守すべきだと思います。)
 もう一つ特筆すべきは、韓国が、ISD(「国家と投資家の間の紛争解決手続き」)条項を飲まされていることである。
 このISDとは、ある国家が自国の公共の利益のために制定した政策によって、海外の投資家が不利益を被った場合には、世界銀行傘下の「国際投資紛争解決センター」という第三者機関に訴えることができる制度である。
 しかし、このISD条項には次のような問題点が指摘されている。
a.審理の関心は、あくまで「政府の政策が投資家にどれくらいの被害を与えたか」という点だけに向けられ、「その政策が公共の利益のために必要なものかどうか」は考慮されない。
b.審査の結果に不服があっても上訴できない。
c.米韓FTAの場合には、このISD条項は韓国にだけ適用される
・ISD条項は米国とカナダとメキシコの自由貿易協定で導入され、国家主権が犯される事態がつぎつぎと引き起こされている。
 要するに、ISD条項とは、各国が自国民の安全、健康、福祉、環境を、自分たちの国の基準で決められなくする「治外法権」規定なのである。気の毒に、韓国はこの条項を受け入れさせられたのだ。
(ISDは国の主権を冒すこと、著者が後記するように訴訟のテクニックに長けた米国企業や政府相手にする、法廷闘争に弱い日本の現状を考えると反対するしかありません。)
・ISD条項は毒まんじゅうと知らず、進んで入れようとする日本政府の愚
 米国はTPP交渉に参加した際に、新たに投資の作業部会を設けさせた。米国の狙いは、このISD条項をねじ込み、自国企業がその投資と訴訟のテクニックを駆使して儲けることなのだ。日本はISD条項を断固として拒否しなければならない。 (前記のように投資に関しては絶対反対です。)
 その理由は、日本企業がTPP参加国に進出した場合に、進出先の国の政策によって不利益を被った際の問題解決として使えるからだという。しかし、グローバル企業の利益のために、他国の主権(民主国家なら国民主権)を侵害するなどということは、許されるべきではない。(前記のように日本が自国の主権を護る以上相手国の主権も尊重するのが当然です。)

 著者はその後、TPPの交渉で日本が得られるものなど、たかが知れているのに対し、守らなければならないものは数多くある。そのような防戦一方の交渉がどんな結末になるかは、TPP推進論者が羨望する米韓FTAの結果をみれば明らかだ。と持論を展開しています。
 私は中野さんの論文をみてもまだTPP参加の良し悪しは判りませんが、唯一はっきりしているのは、もしTPP交渉に参加するのなら、千軍万馬の米国の交渉役に対して、日本の利益のために一歩も退かないタフ・ネゴシエイターを宛てるべきだと思います。
 なにしろ米国は行き詰まり状態の普天間基地問題と搦めて、日本に対しTPPへの参加を迫ってきているのですから。
 それにしても野田さんはこの厄介な問題を引き起こした鳩山さん、民主党政権を崖っぷちまで追い込んだ菅さんをを顧問に据えているのですから、何を考えているのでしょうね。
 私は前にも書いたように、ネゴシエイターには道路公団民営化で多くの委員が辞めるなかで孤軍奮闘して一応の目途つけた猪瀬直樹さんのような人が出て来ないかなと思っているのですが、誰か良い人はいないものですかね。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

FC2政治ブログへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 報道機関のプライドを忘れた... | トップ | 法律が死んだ国・アメリカ?... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-10-29 13:57:38
まだ「TPP参加の良し悪しがわかりません」か?どこがわからないのでしょうか?わからないところを具体的に申してくださればお教えしますけど?
Unknown (22)
2011-10-29 14:26:14
NHK11/3(木)午前10時5分~11時54分

「双方向解説 そこが知りたい激論TPP」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu/souhoukou/index.html

ご意見HP内で募集中。
タフな日本人?何それ (yaegaki-hime)
2011-10-29 17:05:45
私のブログにトラックバックされたので来ました。
前の方の質問と同じ疑問を持ちました。中野さんのご意見をつぶさに見て まだTPPが悪いかいいか分からないなんてことが ありますか? ちょっと驚きました。こんなブログを立ち上げていらっしゃるのに噛んで含めるようにして説明されて 分からないって....

あとですね 在日に食い荒らされるままにされ、拉致された自国民を30年しても取り返せない、法律を完全に犯してビザ無しの地域を出したりしている こんな日本という国のどこをどう探したら
「唯一はっきりしているのは、もしTPP交渉に参加するのなら、千軍万馬の米国の交渉役に対して、日本の利益のために一歩も退かないタフ・ネゴシエイターを宛てるべきだと思います。」
↑こういう人物を出して来れるんですか?
日本いつ、当然の主権を守って来れた歴史を作りましたか? 無いんですよ ただの一度も。
日本人は譲歩しかしないのです。相手に何か飲ませたことがない。そういうことが出来ない性質の民族なんです。自虐史観で育てた子供のどこにタフなマッカーサーも負かすようなネゴシエーターを輩出できると言うんですか?
最近はめんどくさいから海外留学もしたくない子ばかりなんですよ。夢物語でタフネゴシエーターなんて言わないでくださいよ あなた自身がおっさんのくせに TPPもわかんないんだから。
Unknown (Unknown)
2011-10-29 19:29:11
そんな外交上手なキーパーソンがいるんだったら、普天間の問題は、とっくに目処がついていることでしょう。
ろくに自国の原発事故の処理も出来ず、基地問題の解決もできず、尖閣ではビビッて船長を放免し、メドベージェフが北方領土に入っても何もできず・・・
その日本が、米国相手に目覚しい外交成果を上げることができるとお考えで!!
なんてお目出度いんでしょう。
このレベル(やればできる)で政府が考えているとしたら、恐ろしいことです。
no philosophy (noga)
2011-10-29 20:32:43
永遠に待ちの政治では、迅速な対応はできない。どこまでも停滞気味である。

現実の内容は、「世の中は、、、、、」の内容であり、理想の内容は、「あるべき姿」の内容である。これは非現実である。
日本語には時制がなく、日本人は現実 (現在) と非現実 (過去・未来) の世界を独立させて並行して言い表すことが難しい。
非現実 (理想) に向かうための現実対応策が語れない。
現実から理想へと一足飛びに内容が飛ぶ。言霊の効果のようなものか。その過程が明確にされない。

時制を考慮することなく自分の思った内容を述べようとすると、現実肯定主義派と空理空論 (曲学阿世) 派のどちらかに分かれることになる。
これでは政治音痴は止まらない。
両者は話が合わない状態に陥り、議論ができない。そこで、悪い意味での数合わせで、民主的に、物事を決するしかないことを日本人は心得ている。
だから、多数がとにかく足並みをそろえる大連立の構想には意味があると考えられているのであろう。

守旧派の世界は理想的ではないが、過不足なく成り立っている。革新派の世界は穴だらけで成り立たないことが多い。
安心と不信の背比べである。だから、政治家は静観が多く、意思決定には手間を取る。
静観には現在時制を働かせるだけで十分であるが、意思決定に至るには意思(未来時制の内容)の制作が必要になる。
意思の制作に未来時制が必要であるということは、自分が意思を作って示すことも他人から意思を受け取ることも難しいということになる。
つまり、社会全体が意思疎通を欠いた状態のままでとどまっているということである。
それで、勝手な解釈に近い以心伝心が貴重なものと考えられている。

時代に取り残されるのではないかという憂いが常に社会に漂っている。
英米人の政治哲学に基づいて次々と繰り出されてくる条約締結の提案には、ただたじろぐばかりである。
自分たちには、哲学がない。理想もなければ、それに向かって踏み出す力もない。
筋道を明らかにされることのない指導者からの励みの要請に民は閉塞感を持っている。玉砕戦法のようなものか。
だから、我々は耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ必要に迫られることになる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

Unknown (誠に残念ながら)
2011-10-30 06:18:47
ブログ主様は、自分の理想は述べても
それに伴う問題点は軽視または無視する。
ブログ主様の悪い癖です。
タフなネゴシエイターを期待するなら、その
背後を固めてやる必要がありそれは政府のバックアップは勿論必要ですがアメリカからの圧力
やアメリカと距離を置いても国民がやっていける意思を固めることも極めて重要です
(当然、アメリカと手切れか疎遠になるデメリットも存在し、貿易では船舶輸送での保険料は
すぐにでもあがってくるでしょうし、当然
中国、ロシア、韓国などの隣国との緊張も高まるので防衛費の問題も出てくるでしょう
その負担増で自分たちの世代がどう貢献するかも語らねばなりません。)

その公平なる視点を抜きにしては『申し送り』
足りえず。ただの扇動『アジテーター』に過ぎません。
そういう責任無くアジテートすることは戦前懲りませんでしたか?

ちなみに私は、残念ながら今の国民にそこまでの独立志向は無いと判断しています。
誠に残念な事ではありますが・・・

コメントを投稿

経済・財政」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

早く駆除しろ (三四郎の日々)
どうでもいいと言えばどうでもいいが、ルーピー鳩山の外交を批判した現外相の発言にルーピーが怒り、泥鰌が謝るという三文芝居の一幕があったらしい(朝日電子版)。 >米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先をめぐり民主党の鳩山由紀夫元首相が「最低...
これでもTPPへ参加するのか? 中野剛志 (風林火山)
日本政府が明かさないTPPの真意が中野氏により明らかにされた。
小沢の第3回公判、石川の証人尋問始まる+第2回公判の証人尋問 (日本がアブナイ!)
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o 最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。  昨...