普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

辺野古基地建設を反対する沖縄県知事と野党へ

2019-03-30 15:01:14 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 3月25日夜のテレ朝で辺野古基地が軟弱地盤のため工事が遅れいることで、沖縄県知事が県民の総意が辺野古反対を訴えているのにそれに従わないのは民主主義に反するとの言葉を取り上げて政府を批判していました。
 県知事の玉城さんの民主主義の解釈は間違っています。玉城さんが県民投票の結果県民の多くが辺野古反対を表明したのでその線に添って動くのは当然です。然し日本全国から見れば沖縄県民の意見は一億数千万の一部の意見にしか過ぎません。その意見が通らないと言って民主主義に反するとは言えません。
 そう言う私は、確か玉城さんも言っていたと思いますが、米軍基地の一部を沖縄県以外に移すことには賛成です。
 問題は与党の自民党も辺野古基地反対の野党もそれに向けて動こうとする気配は全く有りません。
 私は2月16日に「辺野古基地建設を反対する立憲民主党」の投稿で次のように書きました。
 辺野古基地推進をしたい自民党が県民投票で静観を決めたのも、沖縄県のグループの人達が反対するのも、何ががでも反対の共産、社民が反対するのも判る。
 然し枝野さんが公言したように、次期政権を狙う立憲民主党は当然は地域でなくて国民政党であるべき。国民政党として反対なら下記のような対策を出して辺野古反対を訴えるべきだ。
・辺野古反対で取り残される普天間基地をどうするのか?
・鳩山さんが言う「少なくとも県外」なら県外の何処が良いか。予想される地域の反対の声をどのように説得するのか?
・普天間も辺野古も要らないのならどのようにして国を護るのか?
・沖縄基地の前提となる日米同盟をどうするのか?
 そのような疑問に応える立憲民主の声が初めから出てないのか、少なくとも全く報道されていない。
 枝野さんさんの言う政権を狙う立憲民主党と、その可能性も意欲もない共産党と共闘しようとしている立憲民主党。党員の誰もが可笑しいと思わないのか。

 野党が自民党批判ばかりで、上記の問題で動かないのなら玉城さんのやるべきことは上記の具体案を辺野古反対の野党と協議すべきだと思います。国民民主、維新の会(希望的観測ですが)は乗ってくる可能性大。国民から総スカンの日教組、官公労の支持を得ている立憲民主は?然し他の党が動き出したらじってしてはおられない?結論は多分米軍基地の一部を沖縄県以外に移すことになりそうですが、これが動き出したらマスコミも自民党も安倍さんも動き出す可能性も大きいような気がしますが。。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人口減の影響と対策 | トップ | 川柳「定年がない家事と言い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政策、社会情勢」カテゴリの最新記事