晴遊雨読・暢呑夢酔の戯れごと

絶景かな!!浅間山、空気と水の美味しい町で余命人生エンジョイ中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緊張の 葬儀終わるも 疲れまだ!

2014-01-17 20:19:34 | Weblog

緊張の 葬儀終わるも 疲れまだ!

26年1月17日 (金)  曇りで雪が降り出すも、すぐに止む寒い日。          -5度

トップニュース「松川村”減反協力せず”  14年産 農家が生産量判断 減反の不公平感 不満表面化」

 

雪舞う曇天に浮かぶ日の出

 

 

降り出してくる淡雪

 

 昨夜はさすがに疲れたのか?夜半には起きないまま朝となる。起床は7時で、朝ドラを見る。

もっと寝ていようかと思うが、もしかしたら母の弔問客が、来てくれるかもしれないのだ。

 昨日と違って曇り空で、淡雪が舞う寒い朝である。良かった!と思うひと時である。

 

厳しくなった銀行での振込み

 

 八十二・望月に頼まれた振り込みに行く。10万円以上は身分証明書と、書類を書かないと手続きをしてくれないのだ。

なんでも振込み詐欺などで、法律が改正されたとのこと。詐欺の防止にはいいが、善良な人には面倒くさい。

 

早くもバレンタインモードのツルヤ

 

 お手伝いをいただいた人たちへの「寸志」の商品券など買いに行くと、早くもツルヤの正面はバレンタインチョコの山である。

 

雪止んだ峠からの浅間眺望

 

 前日に自宅に来ていただいた通夜の人へのお返しに回る。あとは昨夜送ったのでこの関係は一段落なり。

雪がやんだ峠からのお気に入りの浅間山の景観である。

 

夕陽に染まる赤浅間に元気もらい

 

 葬儀後にやることが山ほどあるのだが、今日はお返しだけで休養する。

香典の整理や、町などの対する手続きがたくさんあるのだ。新聞だけで本を読むのは寝る前にする。

 赤く染まった浅間山を見ていると、何かパワーをもらえそうである。

 

晴れて沈みゆく夕陽

 

 夕方には雲が消えて、夕陽が空を染めている。

 

お土産の回文菓子「ごまたまご」

 

 東京では人気のお菓子で、並んで買うほどとか? 新宿の通夜人が持参してくれたものだ。コーヒーで食べると美味である。

 

 歴史研究会の例会があるのだが、失礼させてもらう。ブログの先達者T氏から、母の写真とm励ましのメセージをいただく。

回りの人々のおかげさまで生きている幸せを感じる。ありがとうございました。霊前に飾らせていただきます。

 整体治療19日「日}12時からとの連絡がある。

15日通夜と16日葬儀のブログを書き込んでいたら、疲れが増してきた感じだ。

 疲れたのが原因か? 夕方から血痰がとめどなく出てくる。この血を見ていると余命を感じてしまうが、前向き思考にチェンジして人生をエンジョイしよう! 妻の戯言にも耳と口をつぶって・・・

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ~103歳 天寿全う 母黄泉へ | トップ | ひしひしと 心身迫る 寂寥... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事