晴遊雨読・暢呑夢酔の戯れごと

絶景かな!!浅間山、空気と水の美味しい町で余命人生エンジョイ中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大型の 液晶テレビも 粗大ゴミ (有料)

2012-10-06 22:00:10 | Weblog

大型の 液晶テレビも 粗大ゴミ (有料)

24年10月6日(土) 曇りで肌寒い一日、夕方から雨に。   15度

これで何百年の木曽ヒノキ

 

ここは馬籠の浮世絵か

 

 昨夜のNHKテレビ・知るしんで"人間と山知られざる木曽”を見る。

28日にSPCで1泊研修に行くので、予備知識として木曽のヒノキを学びたいからである。

 最高級ヒノキの秘密は、岩盤のわずかな土地の上にお互いに根を張りながら育っているからのようだ。

こんな細い木でも、何百年もたっているそうだ。ヒノキは木曽とつくだけで値段が飛躍的に高いとか。

 そして馬籠の浮世絵など、木曽の歴史を学んだのだが思い出すか?

お日様は雲の中

 

樹間の上にお日様のぞき

 

 今朝も曇りの空模様であり、気温は低い。お日様は雲の中である。

新聞を取りに行き、斜面の書き取りである。松本市奈川の白樺峠を飛ぶタカの「ミサゴ」。英語では「オスプレイ」というのだそうだ。

 その同じ空の北アルプスを南北に、無粋なオスプレイが飛ぶのは似つかわしくない。と結んでいる。

超大型テレビも不用品でお別れ 

 

 敬妻がテレビを見ていたら{ぼん!」と音がして、テレビが見えなくなったという。専門家に見てもらったら、雷にやられたようでもう見られない由。

 当時はシャープの最高大型テレビで、楽しんだものだがいよいよお別れであるが、不用品の粗大ゴミとしてお金を払って持ちに来てもらう始末である。

 遠赤外線の炬燵を出したら、木製部分があるので500円と合計で5000円ばかりであるが部屋はすっきりとする。

不用品の回収へ持ち込み

 

 2Fの物置に引っ越してきたまま、積み込まれてある品が沢山ある。

娘を助っ人に頼んでの整理である。燃えるゴミ、プラと袋がいくつも出来る。

 扇風機、魔法瓶、鍋など場所を取るだけの品物である。

これは無料で置いてくるが、布団などは有料であるようだ。

 くたくたになってへばっているところに、M氏がお助けに来てくれる。

お腹を3回ばかりなぜてもらうと、気分的に疲れが薄らいだようだ。

今にも雨が降りそうな夕空

 

 夕焼を見に外に出るが、空は黒く今にも雨が降りだしそうな気配である。

そして少ししたら、音を立てて降り出してくる。鉢花への水くれはパスできる。

疲れを癒してくれるコスモスの花

 

 庭のコスモスは、台風で少し倒れたのもあるが、まだ花を満開につけている。何となく疲れた心を癒してくれる。

 わが町の山に熊が出ても驚かないが、長野駅に出てきたら驚きである。

生息域が人里に近づいてきたのは、山里の環境の変化が原因とも言われる。射殺されては可哀想である。

 明るいニュースあり。川上の油井さんが15年に、半年間宇宙に滞在という。信州のこども達と交信したいといっている。

コメント