比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
記事のリンク、写真の転用はご自由に。読者登録歓迎、ただし相互通信で。

伊豆大島への旅③・・・伊豆大島・・・三原山の風景

2018-11-21 | 道をゆく 東京ぶらぶら散歩

信州上田の・・・六文銭の写真帳

伊豆大島へツアー旅行・・・静岡県熱海市から海を渡り東京都大島支庁大島町へ・・・三原山(764m)です。

三原山砂漠・・・火砕流に覆われた砂漠です。噴火ガスの影響で植生がほとんどありません。

黒く見えるのは溶岩流かな・・・スコリア(火山粒)かな?



椿の花です。
※撮影日は2017年3月5日、


※コメント欄閉じています。
コメント

11月の猫ビタイ園芸・・・サルビア、マリーゴールドの冬支度

2018-11-20 | 趣味の園芸

サルビアの花とマリゴールドの花の冬支度です。
花の部分を切って適当に土の上に散らしておきます。春になったら適当にならしておけば発芽するので定植してやります。





※コメント欄閉じています。
コメント

伊豆大島への旅②・・・熱海温泉の風景

2018-11-20 | 道をゆく 東海・中日本

信州上田の・・・六文銭の写真帳

伊豆大島へツアー旅行・・・富士吉田から峠を越えて沼津へ・・・そして熱海の海岸の風景








ジェット船で行く熱海~伊豆大島航路・・・1日3便、約45分。
※撮影日は2017年3月5日、


※コメント欄閉じています。
コメント

伊豆大島への旅①・・・冠雪の富士山を見ながら・・・沼津港へ

2018-11-19 | 道をゆく 東海・中日本

信州上田の・・・六文銭の写真帳

伊豆大島へツアー旅行・・・富士吉田から峠を越えて沼津へ・・・

途中、富士山が良く見えました。

沼津港です。





沼津港・・・お魚の水揚げ風景・・・岩壁の漁船からホッパーへ・・・ホッパーからベルトコンベアーで加工所へ・・・
カモメが飛んでいます。
※撮影日は2017年3月5日、


※コメント欄閉じています。
コメント

信州林檎三兄弟・・・シナノゴールドのジャム・・・つくりました

2018-11-19 | 美味しいブログ

秋は林檎の季節・・先日は紅玉のジャムをつくりましたが・・今回はシナノゴールドのジャム作りました。
皮つきで細かく切って・・・

レンジでチン・・・10分を3回ぐらい・・・砂糖は好みの量で・・・

好みの状態で・・・ジャム作り完了・・・瓶詰にして・・・完成!


※コメント欄オープン。
コメント

11月の猫ビタイ園芸・・・ネギ三兄弟・・・分葱、九条葱、ニラ・・・が育ってきました

2018-11-18 | 趣味の園芸

ネギ兄弟です。切っては食べ、切っては食べで・・・春の終りごろまで使えます。使い方は納豆、味噌汁、ラーメンなどのトッピングです。

10月のはじめに今年春に彫り上げて乾燥させておいたワケギの球根を埋め魂んで置いたのが伸びてきました・・・鍋物の薬味に・・・

九条葱・・・です。苗を買いました。

ニラ・・・です。これも植え替えたものです・・・定番は餃子、ニラ入りチジミ、ニラ炒飯、ニラ玉など・・・


※コメント欄オープン。
コメント

信州佐久の・・・南牧村・・・野辺山高原・・・コスモスの花盛り

2018-11-18 | 信濃の国は

信州上田の・・・六文銭の写真帳

長野県南佐久郡南牧村・・・八ヶ岳山麓・・・標高1300~1500mの野辺山高原‥・亜寒帯気候・・・高原野菜の村。
野辺山高原・・・大規模農法による高原野菜、散村集落・・・目を見張るような風景です。それは太平洋戦争敗戦後の1946年、政府の「緊急開拓実施要領」により、復員兵、引揚者の入植から始まりました。当初の入植者170世帯、数年足らずして50世帯になったそうです。年間平均6.7℃、無降霜日124日、厳しい地を開発した先達の苦労から今の野辺山があります。

南牧村というとピント来ませんがJR最高標高の駅というと思い出す人もいるかも。

高原レタス生産・・・日本2番目の村。

9月中旬ですがコスモスの花が咲いてました。平地より1ヶ月早いようです。


※撮影日は9月19日。

八ヶ岳への道・・・むかし八ヶ岳連峰の主峰赤岳(2899m)に登ったのが、この野辺山から。駅から野辺山高原を歩きました。その当時は畑もなくレンゲツツジ咲く野原の棒道をひたすら歩くだけ。登山道としての標識はあったようです。やがて山の麓に、いまのJA長野八ヶ岳牧場のあたりから山にとりつき山梨・長野の県境尾根に。赤岳小屋で1泊の予定が早く登りすぎて茅野側に降りて日帰り登山に。思い出です。いまは清里側の清里スキー場(1670m)まで車道があるようです。     ※写真は2012年5月、野辺山駅前で。画像クリックで拡大。


※コメント欄オープン。
コメント (2)

信州佐久の・・・日本のど真ん中の野辺山で・・・国立天文台・ミリ波干渉計

2018-11-17 | 信濃の国は

信州上田の・・・六文銭の写真帳

長野県南佐久郡南牧村・・・八ヶ岳山麓・・・標高1300~1500mの野辺山高原‥・高原野菜の村。宇宙観測の村。日本列島の中央、大平洋側の都会地にも日本海側の都会地にも遠く、寡雨地帯でもあり空気中のノイズが少なく宇宙観測に適した土地です。

国立野辺山天文台・太陽電波観測所・宇宙電波観測所。
南牧村丸山・・・このあたり一帯は1942年、大日本帝国陸軍が軍用土地に3000㌶を接収、鉄砲・大砲の演習地、グライダー訓練所でした。

直径45mの電波望遠鏡(パラポラアンテナ)をはじめ大小6基のミリ波干渉計があります。





84台の小型パラポラアンテナ・・・ヘリオグラフ・・・


※撮影日は9月19日。


※コメント欄オープン。
コメント

11月の庭・・・肥後菊が咲きました

2018-11-17 | 趣味の園芸

ヒゴギク・・・です。むかし熊本城の城郭の中で見たものです。人に貰ったものを放任して育てています。
肥後椿、肥後山茶花、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後朝顔・・・それに肥後菊で・・・肥後六花・・・というのだそうです。



※株が大きくなって混み合ってきた。株をほぐしてやらなければ。


※コメント欄オープン。
コメント

11月の庭・・・アメジストセージが咲いている

2018-11-16 | 趣味の園芸

アメジストセージが咲いいます。アメジストとは紫水晶のことだそうです。


※コメント欄オープン。
コメント

千曲川源流の里・・・高原野菜の村・・・川上村の・・・イシナシ

2018-11-16 | 信濃の国は

信州上田の・・・六文銭の写真帳

甲武信岳に発する信濃川(千曲川)源流の地、村は千曲川に沿った小さな谷の沖積地、村役場の標高1185m、耕作地は1000~1300mに広がる、冷涼、火山灰土の痩せ地で農業に向かない土壌。1950年朝鮮戦争勃発により米軍に新鮮野菜を供給する基地に。やがてレタスが一般家庭の食卓に普及してレタス生産日本一に。

川上村指定天然記念物・・・イシナシ・・・です。

イシナシ‥・別名ヤマナシ、直径2~3㎝の果実をつける。固くて渋くて美味くはないらしい。和梨の原種ではないかといわれる。
分布は本州中部以南、朝鮮半島南部、中国南部、日本へは古代に渡来し野生化したという説が。山梨県の県名由来の説がある。
※撮影日は9月19日。


※コメント欄オープン。
コメント

昨晩の献立・・・久しぶりの・・・酢豚

2018-11-15 | 美味しいブログ

久しぶりの酢豚・・・レシピはネットで見て適当に。

ゴチソウ様でした

酢豚・・・中華やさんで食べたことのない料理です。贅沢で憧れでした。ネットレシピをテキトにアレンジ。
最小限の油で豚肉の唐揚げ、その油の中に野菜を入れて油通し。醤油、オイスターソース、砂糖、酢、ケチャップなどで味付け・・・
写真で見ればプロの出来栄え


※コメント欄オープン。
コメント (2)

千曲川源流の里・・・高原野菜レタス生産量日本一の・・・川上村の風景

2018-11-15 | 信濃の国は

信州上田の・・・六文銭の写真帳

千曲川源流の里・・・高原野菜レタス生産日本一・・・信州南佐久・・・川上村(人口4727人)・・・です。
1889年千曲川源流の6ヶ村が合併して川上村に。千曲川のいちばん上流の村だから川上村・・・ワカリがイイ。
甲武信岳に発する信濃川(千曲川)源流の地、村は千曲川に沿った小さな谷の沖積地、村役場の標高1185m、耕作地は1000~1300mに広がる、年間平均気温7.7℃の冷涼地、年間降雨量929㎜の寡雨地帯、火山灰土の堆積した痩せ地で普通の農業に向かない土壌。カラマツ苗の生産地でした。1950年朝鮮戦争勃発により米軍に新鮮野菜を供給する基地に。やがてレタスが一般家庭の食卓に普及、中央高速道の開通で流通が容易になりレタス生産日本一に。

高原野菜発祥の地・・・という看板が・・・正しくは高原レタス・・・です。

村の北に聳える・・・男山(1851m)・・・






※撮影日は9月19日。


※コメント欄オープン。
コメント (5)

千曲川源流の里・・・高原野菜の故郷・・・信州川上村の・・・信濃川上駅

2018-11-14 | 鉄道・駅の風景

信州上田の・・・六文銭の写真帳

千曲川源流の里・・・高原野菜レタス生産日本一・・・信州南佐久・・・川上村御所平・・・JR東日本、小海線信濃川上駅です。
1935年開業。標高1138m(JR駅では日本で4番目の高さ)、1日の乗客数112人。


キハ110系が入線してました。2010年ホーム上屋完成・・・かつてはカラマツ苗の日本一の生産地・・・そのカラマツを柱、梁に使用しています。

二宮金次郎像?・・・開業当時の駅長さんが私費?を投じて建立したものだそうです。ちなみに駅長さんの名前は五十嵐金次郎
※撮影日は9月19日。
1935年から1940年代まで川上村は全国のカラマツ苗の供給源でした。そして1945年朝鮮戦争で米軍御用達のレタス供給源になりカラマツ苗の生産は終わります。
信濃川上駅は高速道路によるトラック運輸に変わる1978年までカラマツ苗、レタスの積出貨物駅として機能しました。
駅舎の写真・・・Wikipediaより


※コメント欄オープン。
コメント (2)

11月の庭・・・ナスタチュームの花が咲いてます

2018-11-14 | 趣味の園芸

ナスタチュームの花が咲います。夏に枯れたナスタチュームのコボレ種から発芽したのです。

和名は金蓮花・・・葉っぱが蓮の葉に似てるから・・・


※コメント欄オープン。
コメント