音楽中心日記blog
Andy@音楽観察者が綴る音楽日記
 



 ビートルズリマスター、ぼちぼちと聴いてはいるのですが、まだ道半ばです。

 最初9/9にモノボックスが届いたので、まずそちらをと1,2枚聴いてみたものの、翌日ステレオボックスが届いた時点で「やっぱステレオから聴くべきかな。今後はこれがデフォルトになるわけだし」と思い直して、ステレオ盤のほうを順番に聴き始めたら、時間がかかるかかる。だって楽しすぎるから。それでつい何度も繰り返し聴いてしまったり。
 その結果、入手してから二週間とちょっとでやっとステレオ盤は聴きおわったけど、モノボックスの方はまだ少ししか聴けていないという状況。

 これだけ集中してビートルズのアルバムを聴いたのはほんと久しぶりです。だいたいここ10年くらいは、CDかけてても、スピーカーから出てる音より心の中で鳴らしてる音を聴いているようなものでしたから。

 で、感想ですが。
 「部屋が広くなったような感じ」とでもいえばいいのでしょうか。
 今まで四畳半の部屋ぎりぎりいっぱいに鳴っていた音が、今度は八畳くらいの部屋でゆったり余裕を持って鳴っているように聞こえます。そして部屋の窓からは、気持ちのいい風がおだやかに吹いている、と。(ものすごく印象批評的な表現で申し訳ない)

 ビートルズのアルバムって、初期・中期・後期それぞれに音の表情が違うので、ひとまとめにしてしまうのは少々無理もあるのですが、総体的感想としてはそんな感じです。

 しかし、ネットで今回のリマスターの感想をあれこれ読んでみると、実に賛否両論さまざまですね。手放しで絶賛している人、絶賛まではいかないものの好意的にとらえている人、それとは逆に従来音源とほとんど違いは感じられないという人、従来音源の方がすぐれているという人、やっぱアナログ聴かなきゃいかんだろという人…エトセトラエトセトラ。
 
 前述したように、僕は今回のリマスターを好意的に評価しているわけですが、それとはまったく逆の感想を読むと、あっという間に自分の評価に自信がなくなります。うちのオーディオ環境がプアなのもさることながら、そもそも自分の「耳」が十全に機能しているのかどうか自信がもてないので。

 僕は今四十代半ばなのですが、器官としての「耳」の能力を自分が十代だった頃の能力と比べたら、間違いなく衰えてると思うんですよね。高音域を聴くにしろ中音域を聴くにしろ低音域を聴くにしろ。音楽を意識的に聴き始めて以来三十数年、さんざんデカい音でドカドカうるさい音楽を聴き続けてきたわけだし。
 そんな「耳」を通じて「高音の伸びが素晴らしい」とか「音像がクリアに」とか「ベースやバスドラの音がくっきり」などと感じたとしても、ただの勘違いに過ぎない可能性だってあるのです。

 同じ夕陽を見ていても、僕の見ている「赤色」は、あなたの見ている「赤色」とはたぶん違うのです。あなたの「赤色」の方が、くっきりすっきり鮮やかに美しいのでしょう。

 まあでも、自分にはこの「耳」しかないわけですしね。いまさら失った能力を取り戻すことも、他人の「耳」をもらうこともできないですし。認識不足だろうと能力不足だろうと勘違いだろうと、自分の「耳」で今回のリマスターを楽しめただけ幸福だったと思うことにします。

 ああなんかジジイの繰り言めいてしまったぞ。ここまで読んでくださった方に申し訳ないので、罪滅ぼしに以下の情報をご紹介して終わります。んなのもうとっくに知ってるよ、という方はごめんなさい。

◆ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖! ****【衝撃度】付き****(CDJournal.com)
 藤本国彦氏(CDジャーナル編集長)による、従来盤と新リマスター盤(ステレオ)との全曲比較。自分の感想と比べてみるとおもしろいです。あなたの見ている夕陽は、藤本さんと同じ色ですか?

◆The Beatles:『The Beatles In Mono』& 『The Beatles Box』(WebVANDA)
 ソフトロック研究で有名な音楽誌「VANDA」の佐野邦彦氏による記事。ステレオ盤とモノ盤のヴァージョン違いがアルバム毎にコンパクトにまとめられていて便利です。これを見ながら、モノボックスを楽しむことにします。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


« ビートルズ あ... 収納・オカル... »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (col)
2009-09-26 20:41:35
衝撃度付きレビューって面白いですね
でもなかなか客観的に書けてる気がします
リマスター効果は特定のアルバムに偏っているわけではなく、曲のタイプにも影響されてないところが個人的な感想でもあったので、このレビューを読んで妙に納得してしまいました
 
 
 
こんにちは (taka)
2009-09-26 21:03:11
いつも記事楽しませてもらっています。
私も同年代なので、共感するところとかがほんと多いのです。
今回のリマスターは、なぜか話題に乗り遅れて、モノはアマゾンの輸入盤を注文したものの、いわゆるkonozama状態になったので、あわてて、EMIのオンラインショップに注文し直し、大失敗です。いまだに入手できておりません。
ステレオの方は輸入盤で聴いています。中学生のとき聴いていたしょぼいステレオよりは良い機器で聴いているのもあって、新しい音とか、いろいろ新しい発見があって、楽しいです。
それにしても、歌詞とか覚えちゃってるんで、聴き出すと、一日中、頭の中でビートルズが鳴っているという状態が続いております。それが、すごい幸福感なのですよね。みんなそうでしょ、おじさんたち?!
 
 
 
コメント感謝です。 (Andy@音楽観察者)
2009-09-27 03:35:32
>colさん
 はじめまして。
 おっしゃるとおり、1曲ごとの衝撃度が示されているのはなかなかのアイデアだと思います。同じアルバムの中でも曲によって衝撃度がばらばらなのは、それだけ一曲一曲のリマスターを丹念に行った証しなのかもしれませんね。
 それにしても、213曲全部を比較して短いながら1曲ずつのレビューを書くパワーにはちょっと感動しました。

>takaさん
 いつも読んでいてくださるとのこと、ありがとうございます。
 モノボックスは入手に苦労されている方が多いようですね。でも増産の情報もありましたから、もう少しすれば入手できるのではないでしょうか。
 新リマスターで新しい発見があったというのは、まったく同感です。あ、こんな音が入ってたんだ、という驚きは僕も何度もありました。ビートルマニアで知られる杉真理氏も「何十年も聴いてきたはずなのに、いまだに新しい発見がある」というようなことをインタビューで言っておられました。たまらなく楽しいです。
 
 
 
2枚だけ聴きましたが (wms)
2009-09-27 07:30:12
ブログペットが暴走したレビューがうちでは出色の出来です(笑)

自分はステレオでしか出ていない最後の2枚だけ(イエローサブマリンは鬼っ子なのでどうするか思案中…)聴きましたが、やはり何度も繰り返し聴いてきた音だけに、良くも悪くもいろいろと微妙でした。

結局モノボックスは、円高差益を利用して米国Amazonにオーダーしました。10月のどこかで発送予定ということで無事に入手できるのかどうかは不明ですが、日本盤の半額以下の値段なので気長に待つことに…。

それにしても、耳が歳をとってきたというのは痛感しますね。まぁ、折り合いをつけていくしかないですけれど…。
 
 
 
折り合い。 (Andy@音楽観察者)
2009-09-27 08:00:36
ブログペットのレビューは確かにすごすぎて笑いました。あそこまでのものになるとは。

wmsさんのレビューは辛口でしたね。
僕はステレオ盤「アビー・ロード」「レット・イット・ビー」両方とも好印象を持ちましたから、ずいぶん感じ方が違うもんだなあと思いました。もちろんオーディオセットもリスニング環境も違うわけですからあれですけども。

耳の老化も、新リマスターも結局はどこかで折り合いをつけねばならんのでしょうね…。僕は早々に折り合いをつけてしまったのかもしれません。

モノボックスの無事入手を祈っております。
 
 
 
私も最後の2枚だけ (タイコウチ)
2009-09-27 22:27:04
モノボックスは事情により交換してもらうことになったのですが、まだ新しい現物が来ないので、最初に来た箱がまだ封を切らずに居座っています。

というわけで、最後の2枚だけバラで聴いたのですが、Andyさんと同じく、この十数年それほど気合いを入れて分析的にビートルズを聴いたことがあまりないし、オーディオ環境の問題もあるし、耳の老化もたぶんあるし、でもいい音で鳴ってるんじゃないかな、というあいまいな感想です。それ以上に、この機会に再度真剣にビートルズに向き合えた、ということが良かったと思っています。
 
 
 
聴き比べ。 (Andy@音楽観察者)
2009-09-28 01:16:17
タイコウチさん、おひさしぶりです。
タモリ倶楽部でも聴き比べやってたみたいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=Jpc4V6C1qlc

音質判定ってのもどうしても主観が入ってしまいますよね。あとどこまで気づくかという問題も…。
まあそれだからこそ楽しめるのかもしれませんが。

モノボックス、やっと集中して聴き始めましたが、すごい楽しいです。サージェント・ペパーズなんか特に。これはステレオよりはまる。

交換が無事済んで、早く楽しめる状態になることをお祈りしております。
 
 
 
Unknown (kei)
2009-11-01 00:30:43
今回の目玉はモノBOXだったのだが、やはりステレオ盤で育った人間としてはモノは物足りないの一言w
ステレオBOXの方は初期のモノがやっとステレオになった訳だけど、自分的にはそちらの方が興味をソソラレルものでした^^
モノで聴いてナンボと言う「サージェント~」とかも、やはりステレオでしょ~wwって感じになる。
長々とカキコしたけど結論はLP最強だろ~よ派です♪
今回のDVDと、先に登場していたDVDに強烈な変化は皆無。無理してまで買いなおす必要性はない。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。