Musiker Geist ~音楽家魂~

Makkyのギター教室&音楽魂、ゆるいライフ

吟遊詩人のこと

2009-05-30 20:40:42 | 楽器の世界
美術展に行くと、様々な音楽家や楽器の絵画に出逢えるのが、一つの
楽しみであります。昨日もいくつか絵画中の楽器を見たところで・・

今日はリュートで吟遊詩人を気取ってみました。レッスンの後なので、
少し疲れた顔に写っております。この楽器は日本製で「バロック
リュート」という種類。(気になるお値段は・・100万円以上!)

吟遊詩人は英語ではミンストレル、仏語ではトルバドゥール、ドイツ語
ではミンネゼンガーと言うそうです。(日本ではさしずめ「琵琶法師」
にあたるのかな。)

Walther Von Der Vogelweide (ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ)
など今に名を残す人もいます。「菩提樹の下で」という曲がとくに有名で、現代の
歌手・演奏家による録音も多数あります。甘い恋愛歌ですが、聴くとリラックス効果
満点で、時を忘れます。

ワグナーの音楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」でも、このミンネ
ゼンガーの名前が出て来ますね。

フォーゲルワイデは、「神を崇拝するという意味において、キリスト教徒も
ユダヤ人も異教徒も皆同じだ。」と信教の自由の美徳を説いた方でもある
そうです。

中世で最も名高い吟遊詩人は、ずいぶん進歩的な考えを持っていたんです
ね。ロマンチックなだけでなく、きっと骨のある、熱い人物だったのでは
と想像します。

年始は神社にお参り、法事はお寺さん、バレンタインもクリスマスも祝って
しまう無節操な私もその思想を引き継ぐひとりとして、ワルターさんを支持
したいと思います。
(いや・・全然違うから。)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ルーヴル美術館展に行ってきました

2009-05-29 22:10:17 | 日常雑記
休みを取って、妻と2人で上野の国立美術館まで行って参りました。
駅のチケット売り場で前売りを買おうと思ったら、すでに「現在50分待ちです」
の手書きの張り紙が(笑。
平日から混み過ぎ!みんな暇だよなあ~(お前らもな、笑)。

けっきょく雨の中、40分ほど並んで老若男女の混雑の中、無事入場。
今回の展覧会は17世紀のヨーロッパ絵画ということで、フランスに行ったこと
の無い私も、しばしパリの気分を堪能いたしました。

ヨーロッパ絵画は聖書を主題にしたものが多いですよね。妻はキリスト教徒
なので、こういうときは助かります。

ー「聖ペトロの涙」ー
「このオジさん、なんで泣いてるの?」
「聖ペトロが泣いたのは聖書の中で一回だけなんだよ、それはね、イエス様を
裏切ったのを後悔した時。」

ありがとう!役に立つなあ・・(こんな時だけ感謝かい?)。
アーメン。 

17世紀欧州では、科学やデカルト哲学等、近代以降の礎となる文明が勃興
してきた一方、錬金術等の中世以来の暗黒面も依然として影響力を保ち、
混沌とした、ある意味興味深い時代だったそうです。

そういう時代背景ゆえか、画家たちは個性豊かで面白いです。ファン・アイクの肖像画、
ラトゥ-ルの静謐な人物画、ブリューゲル等フランドルの農民の風俗画、オランダ
の風景画。ギリシャ神話に題材を取った古典的な作品や、写実的な作品。
まさに百花繚乱て感じです。

酒場で酔いどれる男達の絵画で、一人が不思議なマンドリンぐらいの大きさの楽器
を持っていたのが印象に残りました。リュートや琵琶のようなボディで、ヘッド部
はバイオリンのような渦巻きがあるんですよ。弦は6弦×2の12弦、しかも男の親指
と人差し指の間には白く光る、明らかにピックらしきものが。・・ここまで見ておい
て、タイトルも画家の名も失念してしまいましたが、なかなか強力な、ハイブリッド
楽器のようにお見受けしました。

どなたか絵のタイトル知りませんか? 
誰も教えてくれなければ・・もう一回観に行くしかないな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おかげさまで

2009-05-25 08:59:34 | その他
本サイトを開設してから、3ヶ月。
周囲の様々な方のご協力により、続けてくることが出来ました。

まだヒットも少なく、ウェブ検索でもなかなか探し難いサイトかと
思いますが、すでに本サイトを縁にMAKKY GUITAR SCHOOLに
問い合わせや体験レッスン申し込みが少しづつ増え、新たに入学して
頂いた方々もすでに数名おられます。本当に嬉しく、ありがたく
思っています。

今後、新入学の方のためのレッスン時間の確保が課題になってくると
思いますが、少しずつスケジュールも調整して、解決していけると
考えています。

まだまだ未熟ではありますが、生徒の皆様、当サイト運営を応援して
下さる方々、読んで下さる方々のために今後も頑張っていきたいと
思います。本当にありがとうございます。

ブログも、スクール関連を中心に、面白ネタ/動物ネタもまたアップして
行きますよ!

今後も宜しくお願いいたします。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加